旅行記

【乗車記】常磐線で仙台から東京(上野)へ|北海道&東日本パスの旅

上野駅の駅表
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!

北海道&東日本パスを利用して、常磐線で仙台駅から東京の上野駅まで行ってみたのでその模様をお届けしていきます。

実際の旅程に合わせて所要時間なども解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

今回の内容
  • 北海道&東日本パスってどんな切符?
  • 常磐線で仙台から東京へ行くときの所要時間や、実際の旅程
  • 常磐線沿線のおすすめ、見どころポイント
  • 常磐線以外を使った、仙台~東京間のルート

これらの内容をメインにやっていこうと思います。

ということでまずは、北海道&東日本パスとはどんな切符なのかを解説していくとしましょう。

1.北海道&東日本パスとは?

北海道&東日本パス北海道&東日本パスはJR東日本、JR北海道の普通列車とBRTが、1週間乗り放題になるとてもお得な切符です。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム)の略
  • バス専用道などを走ることで、路線バスよりも速達性、定時性を確保できる
  • 現在、JRが運営するBRTは気仙沼線BRT、大船渡線BRTの2つ

北海道東日本パス、北東パスと略されることも多いこの切符。

最大の特徴はJRの路線に加え、青い森鉄道やIGRいわて銀河鉄道、北越急行といったJR以外の路線に乗れるところですね。

11,330円で発売されているので、1日あたり約1,620円という計算になります。

なお、この切符の買い方や使い方などは「北海道&東日本パスとは?」にて解説しているので、合わせてご覧ください。

2.【旅行記】常磐線で仙台から東京(上野)へ|北海道&東日本パスの旅

①仙台駅から常磐線で原ノ町駅へ

仙台駅の駅名表始まりは仙台駅。ここから目的地の上野駅までは約6時間半…とても長いです。

なか
なか
新幹線なら1時間半なのに!!

仙台発の常磐線まずは原ノ町駅行きの常磐線に乗り、終点を目指します。

原ノ町駅までは1時間半ほどの道のりですね。

亘理駅の駅表出発から約50分ほどで亘理(わたり)駅に到着です。

常磐線沿線では、比較的大きな街のひとつに数えられます。

悠里館駅前にでかでかとお城が建っている、少し変わった駅でもあります。

実はこのお城、名前を悠里館(ゆうりかん)と言いまして、図書館や郷土資料館などが併設されているんです。

とても暮らしやすく、食べ物が美味しい街です。ぜひ一度行かれてみては?

高架橋を走る常磐線浜吉田駅を過ぎると、列車は高架橋を走り始めます。

この先の山下駅~新地駅間は、2011年に発生した東日本大震災での被害が特に大きかった区間です。

現在は震災前のときよりも内陸部に駅が移設され、見事復旧を果たしました。

元常磐線沿線住民の僕としては、高架橋を走る常磐線に未だに慣れなくてですね…

なんだか不思議な気持ちになります。

原ノ町駅の駅表そして出発から約1時間半、終点の原ノ町駅に到着です。

ここまでの所要時間

仙台駅→原ノ町駅:1時間23分 合計:1時間23分

②原ノ町駅から浪江駅行きの常磐線に乗り換え

浪江行きの常磐線原ノ町駅からは浪江行きの常磐線に乗り換えます。

今では東北でほとんど見られなくなった、719系という車両が使われていますね。

なか
なか
719系は廃車が進んでるから貴重だね!!

浪江駅までは20分ほどの道のりです。そこまで長くないですね。

常磐線の車内乗客は僕を含めて4~5人ほど。同じ車両には僕以外に1人しかいません。

なか
なか
少なっ…

常磐線の全線開通は2020年の春頃なので、その時にはこの車両にもいくらか乗客が増えるのではないかと思います。

浪江駅の駅表磐城太田駅、小高駅、桃内駅と進み、終点の浪江駅に到着しました。

浪江駅の構内浪江駅では現在、1番線と2番線は工事中のため使われていません。3番線のみを使っています。

ちなみに仙台方面から鉄路を辿って来れるのはここまでです。

浪江駅からは常磐線の代行バスを使うことになります。

ここまでの所要時間

原ノ町駅→浪江駅:19分 合計:1時間42分

③浪江駅から富岡駅行きの代行バスに乗り換え

浪江駅の外観浪江駅の外に出ました。ここからは代行バスに乗り、富岡駅を目指します。

代行バスは本数がそこまで多くないので、利用するときは注意が必要ですね。

代行バスの時刻表はこちら:常磐線 代行バス時刻表 – JR東日本

常磐線代行バスの乗り場代行バスの乗り場は、駅舎を出てすぐ右側にあります。JRと書かれたバス停が目印です。

常磐線代行バス待つこと10分ほど、代行バスがやってきました。

なか
なか
えっ、バスでっか!!

15人乗りくらいのマイクロバスのような乗り物かと思いきや、観光バス並みのでかでかとしたバスがやってきたので驚きです…

乗客はぼくを含めて10人ちょっと。地元の方が数人で、その他は乗り鉄やブロガーの方かと思います。

一眼レフをぶら下げている方などがとても多かったので…予想ですが。

そして定刻通り発車した常磐線代行バス。

出発から数分後、乗務員さんのアナウンスが入ります。

乗務員さん
乗務員さん
これより先、帰還困難区域に入ります。窓を開けるのはお控えください。

常磐線代行バスの車窓閑散とした街、壊れたままの建物、生い茂った草木。

8年半近く経とうとしているのに、まだ故郷にすら帰れていない方々がいる。

改めて現実を突き付けられたような気がしました。

常磐線代行バスの車窓おびただしい量の除染土…

課題は山積みですが、一歩ずつ着実に進んでいくしかないのかもしれませんね。

きっと近道はないのでしょうから…

富岡駅に到着した代行バスおよそ30分ほどで、富岡駅に到着しました。ここからは再び鉄路に戻ります。

ここまでの所要時間

浪江駅→富岡駅:30分 合計:2時間12分

④富岡駅からいわき駅行きの常磐線に乗り換え

富岡駅の外観富岡駅からは、再び鉄路を辿っていきます。

富岡駅構内こちらは2018年末の富岡駅構内です。まだ1番線、2番線が工事の真っ最中でした。

富岡駅の構内現在の富岡駅構内です。すっかり工事が終了し、あとは全線復旧を待つだけですね。

651系普通列車さて、ここからは一味違った車両に乗って終点のいわき駅を目指します。

これは651系普通列車と言いまして、富岡駅~いわき駅間で特定の時間帯のみ走る、特急型の普通列車なんです。

なか
なか
特急料金を払わずに特急の車両に乗れるなんてお得だね!

651系普通列車の座席フカフカのリクライニングシートに乗って、優雅なひと時を過ごせてしまいます。とてもおすすめですよ。

なおこの車両に乗車した模様は「651系普通列車に乗車」にて詳しく紹介しています。

いわき駅の外観出発から40分ほどで、終点のいわき駅に到着です。

いわき駅の駅ビルには飲食店やカフェがけっこう入ってるので、一息つくには最適な場所ですね。

朝に仙台駅を出る場合は、いわき駅でお昼を食べるようにするとちょうどいいですよ。

ここまでの所要時間

富岡駅→いわき駅:42分 合計:2時間54分

⑤いわき駅から水戸駅行きの常磐線に乗り換え

水戸行きの常磐線いわき駅からは水戸駅行きの常磐線に乗り換えます。

ちなみにこのタイプの車両は席がロングシートになっているので、長時間の乗車は少し大変ですが頑張りましょう…

ロングシート▲これがロングシート

常磐線は定刻通りにいわき駅を出発し、水戸方面へと進んでいきます。

水戸行きの常磐線の車窓この辺りは比較的海の近くを通るので、車窓からは太平洋が見えます。

常磐線は海沿いを走る列車ではありますが、オーシャンビューポイントが意外にもそこまでないんですよね…

そのためこうして海が見える場所はとてもレアです。

水戸駅の駅表出発から約1時間半、終点の水戸駅に到着です。

ここまでの所要時間

いわき駅→水戸駅:1時間30分 合計:4時間24分

⑥水戸駅から上野駅行きの常磐線に乗り換え

いわき駅に停車中の常磐線水戸駅からは、上野駅行きの常磐線に乗り換えます。

いよいよ東京ですね…列車も首都圏で活躍する車両に変わりました。

なか
なか
長かった…

上野行きの常磐線の車窓この区間は、ひたすら緑の中を突き進んでいきます。

とてものどかで落ち着きますね…

終点が近づくにつれ、辺りにはビルやホテルなどの建物が目立ち始めます。

上野駅の駅表そして水戸駅出発から約2時間、ついに上野駅に到着です。

なか
なか
やっと着いた~!

仙台から約6時間半、とても長かったですが楽しい道のりでした。

ここまでの所要時間

水戸駅→上野駅:2時間2分 合計:6時間26分

3.北海道&東日本パスを利用した、仙台~東京間のおすすめルート

  1. 東北本線で南下するルート(福島県の中心部、栃木県経由)
  2. 常磐線で南下するルート(福島県の沿岸部、茨城県経由)

北海道&東日本パスを利用して仙台から東京までアクセスするには、主に2つのルートがあります。

ひとつが、福島県の中心部、栃木県を経由する東北本線ルート。

東北本線そしてもうひとつが、福島県の沿岸部、茨城県を経由する常磐線ルート。

常磐線今回は常磐線ルートを利用しましたが、効率性を考えるとおすすめは東北本線ルートですね。

常磐線ルートは、東日本大震災による不通区間がまだ存在する状態です。

行こうと思えば行けますが、東北本線ルートよりも遅く着いてしまう場合がほとんどなので…

常磐線に乗る理由がない限りは、東北本線ルートを選んだほうがベターですね。

なお東北本線ルートを利用した模様は「北海道&東日本パスで仙台から東京へ」にて紹介しています。

他にも磐越東線(郡山~いわき)や水郡線(郡山~水戸)を利用するルートもありまして…

水郡線の車窓列車の接続時間があまり良くないものの、とてものどかな風景を楽しめる路線です。

のんびり車窓を楽しみたい人には、これらのルートもおすすめですね。

なお水郡線に乗車した際の模様は「北海道&東日本パスで東京から仙台へ」にて紹介しています。

4.【参考】北海道&東日本パス以外での仙台~東京間のアクセス方法(新幹線・バス)

①新幹線でのアクセス

時間:約1時間半~

料金:片道10,370円~

新幹線を利用する場合、仙台駅から東京行きの東北新幹線に乗車することになります。

通常通り窓口などで切符を買えば、安くて片道10,370円になりますが…

えきねっとトクだ値お先にトクだ値を利用すれば、さらに10%~35%OFFで切符を買うこともできますよ。

しかしこのサービスを使う場合、やまびこに乗ることが条件となります。

そのため、はやぶさ、はやてには乗れません!ご注意を!

②バスでのアクセス

時間:約5時間半~

料金:片道約2,000円~

仙台駅から東京駅や新宿までの高速バスが発着しています。

昼行便、夜行便どちらもありますし、本数もかなり充実していて使いやすいです。

ただ、セール期間が重なれば2,000円を切る料金で行くことができますが…

それ以外は2,500円~6,000円と、季節や曜日によってバラつきがあります。

だいたい片道2,500円~4,000円で仙台から東京まで行けると思っておいた方がベターです。

北海道&東日本パスは1日あたり約1,620円なので、実はバスよりも安く済んでしまうんですね。

用途に合わせて、交通機関を選んでいただけたらと思います。

5.【口コミ・評判】北海道&東日本パスで仙台から東京へ行った人の感想は?

ネットで北海道&東日本パスの評判を調べてみましたが、そのコスパの良さに惹かれている人が多い印象でした。

北海道、東北方面での鉄道旅にはうってつけの切符です。

機会があればぜひ、利用してみてください。

6.【まとめ】常磐線で仙台から東京(上野)へ|北海道&東日本パスの旅

以上、今回は「【旅行記】常磐線で仙台から東京(上野)へ|北海道&東日本パスの旅」という内容でお届けしました。

常磐線は未だ不通区間がある状態ですが、列車の接続はそこまで悪いわけではないんですね。

車窓から太平洋が見えたり、普通の切符で特急車両に乗れたりと魅力たっぷりの路線です。

これを機にぜひ、北海道&東日本パスなどの乗り放題切符を利用して常磐線を利用してみては?

なか
なか
下のシェアボタンで記事をシェアしていただけると嬉しいです!ではどうも、なか(@lbxxx3535)でした!
品川駅
【旅行記】青春18きっぷで仙台から東京(品川)へ|所要時間なども解説青春18きっぷを使用して、仙台駅から東京の品川駅まで東北本線を経由して行ってみました。旅行記に合わせておすすめルートや所要時間、新幹線や高速バスでのアクセス方法も解説しています。...
常磐線グリーン車
【乗車記】常磐線グリーン車で品川駅から水戸駅へ|青春18きっぷの旅常磐線グリーン車に青春18きっぷで乗車してきたので、その感想をお届けしていきます。合わせてグリーン券の買い方や料金、運行エリア、乗り方も解説しているので参考にしてみてくださいね。...
北海道&東日本パス
【東北版】鉄道旅好きが厳選!格安フリー切符を体験談付きで紹介鉄道旅をこよなく愛する筆者が、東北で使える格安でお得なフリー切符を紹介していきます。イメージが湧きやすいように、切符を実際に使った旅行記、乗車記もセットで紹介していくので参考にしてみてくださいね。...
只見線
【初心者向け】秋の乗り放題パス 2019年版|使い方・買い方を解説秋の乗り放題パスの2019年版の詳細が発表されました。ここでは料金や買い方、使い方、発売期間や利用期間などの基本情報に加えて、メリットとデメリット、モデルコース、注意点なども解説します。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です