地域情報

会津若松市の魅力や特徴とは?|モダンな街並みと絶品グルメの数々

会津若松市の特徴や魅力

どうも、筆者のなか(@lbxxx3535)です!

今回は福島県会津若松市の魅力や特徴を徹底解説していきます。

東北で観光といえばここ、会津若松。

果たしてどんな魅力が隠された街なのでしょうか?

会津若松市ってどこ?

会津若松市の位置会津若松市は福島県の西部に位置する町であり、古くから城下町として栄えてきました。

そのためか歴史に関わる観光地が多いです。野口英世の出身地としても有名ですね。

福島の地方引用:福島TRIP

ちなみに福島県は浜通り、中通り、会津地方の3つの地方に分けられています。

3つの地方の特徴
  • 浜通り:太平洋に近く、温暖な気候
  • 中通り:商業や交通が発達している中心地
  • 会津地方:観光に最適な歴史、文化の地域

会津若松市は会津地方にあたります。

さて、そんな会津若松市は一体どんなところなのでしょうか?

さっそくその特徴や魅力に迫っていきましょう。

会津若松市の魅力や特徴とは?

盆地に広がる街

会津若松市は山に囲まれた盆地。

そのため夏はとても暑く、冬はとても寒い日が続きます。

アッツアツの夏が過ぎたかと思えば、今度は大雪…

実は以前、僕は会津若松市に住んでいたことがありまして…

屋根から巨大な柱のような雪のかたまりが落ちてきたときはかなりびっくりしました。

しかしいいところも沢山ある街なので、僕は今でも年に何度か会津若松へ行きます。

歴史・文化の町

会津若松といえば、歴史の町。会津藩、白虎隊、戊辰戦争などなど…

武士の町としての歴史があるため、現在でも街中ではその風景を楽しむことができます。

代表的な観光地である、飯森山や鶴ヶ城では特にその名残を感じることができますよ。

豊富な観光地

そんな文化と歴史の町、会津若松市ですが、観光地がとにかく豊富。

先ほど紹介した鶴ヶ城や飯森山に加え、国の重要文化財であるさざえ堂、会津藩の学校であった日新館などなど…

町の至る所に観光地が溢れています。そのため、観光地や旅行に大人気のスポットでもあるんです。

市内には東山温泉という温泉地もあるので、思う存分に旅行を楽しむことができますよ。

レトロな街並み

観光地だけでなく、街をぶらぶら散歩するだけでも楽しめてしまうのが、会津若松の魅力ですね。

七日町(なぬかまち)通りでは、まるで大正時代にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

ハイカラさんという街中観光バスも走っているので、そちらをご利用になると便利ですよ。

ハイカラさんの詳細はこちら:まちなか周遊バス ハイカラさん

絶品グルメの宝庫

会津若松は観光だけの町ではありません。

なんとグルメも豊富で、そのどれもが一級品ばかりなのです。

切り分けたまんじゅう天有名なものだとソースカツ丼や会津蕎麦などがありますが、中でも僕がおすすめしたいのはこちらのまんじゅう天です。

その名前の通りまんじゅうを天ぷらにしたものなのですが、これが本当に美味しいんです。

サックサクの衣に甘~いこしあんが絶妙にマッチする、あの感じ…

思い出しただけでもたまりません…

切り分けたまんじゅう天
まんじゅうの天ぷらとは?福島県会津地方のご当地グルメについて解説まんじゅうの天ぷら(天ぷらまんじゅう)の特徴や魅力を紹介していきます。揚げまんじゅうとも言われるこのグルメ。会津生まれの筆者イチオシの食べ物です。おすすめのお店も合わせて紹介していきます。...
ソースカツ丼のカツ
【会津田島 ヴォーノ】ランチにおすすめ!名物ソースカツ丼を堪能会津田島駅内にあるレストランヴォーノで、ご当地グルメのソースカツ丼を食べてきました。ここではヴォーノの営業時間や定休日、アクセス方法、会津田島駅近辺のおすすめ観光スポット、温泉街などを紹介していきます。...

会津若松市(会津若松駅)を走る鉄道

磐越西線

郡山駅に停車中の磐越西線磐越西線は、福島県の郡山駅から会津若松駅を経由し、新潟県の新津駅までの区間を結ぶ路線です。

会津若松市民の足として大活躍している路線でもあります。

磐梯山車窓からは、会津地方のシンボルでもある磐梯山を眺めることができますよ。

新津駅に停車中の磐越西線キハ40
【磐越西線キハ40乗車記】引退が決まった国鉄車両で新津から会津若松へGV-E400系へ置き換えとなる磐越西線のキハ40系で新津駅から会津若松駅まで行くことに。当ブログ「東北旅びより」では乗車記に加え、GV-E400系の簡単な紹介もしていきます。...

只見線

只見線只見線は会津若松駅から新潟県の小出駅を結ぶ路線であり、そして東北が誇る最高の絶景路線でもあります。

只見線の車窓車窓からの景色は超絶景なので、ぜひ一度乗っていただきたいローカル線ですね。

会津若松駅に停車中の只見線
只見線 復旧は2022年度!開通に合わせてキハ40がキハE120に置き換えへ絶景の秘境路線、只見線の特徴や魅力を紹介していきます。東北各地を鉄道旅する筆者が中でもおすすめしたいのが、このローカル線。2011年の豪雨被害の復旧状況や全線開通について、車両の置き換えについても解説します。...
只見線
【只見線キハ40旅行記】引退間近の車両に乗って冬の沿線を観光!青春18きっぷで只見線キハ40系に乗り、小出駅から会津若松駅まで行きました。東北のローカル線の中で特にイチオシしたいのがこの鉄道。春夏秋冬違った景色を見れるので観光におすすめです。...

会津鉄道

会津鉄道会津線会津鉄道は、旧国鉄の会津線を引き継いだ第三セクター路線です。

第三セクター路線とは?

国や自治体(第一セクター)と民間企業(第二セクター)が共同で運営する鉄道のこと

湯野上温泉や、観光地で有名な塔のへつりへのアクセスには、こちらの路線がオススメですよ。

塔のへつり
【会津鉄道 旅行記】会津線で冬の沿線と塔のへつりを観光!週末パスで会津鉄道に乗車し、塔のへつりで観光してきました。ここでは会津鉄道の車両や沿線の観光地、塔のへつりのアクセス方法や駐車場の有無、周辺の食事処などを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。...

会津若松市へのアクセス【新幹線・在来線・バス】

新幹線、在来線でのアクセス

  1. 東北新幹線で郡山駅(約1時間半)→磐越西線で会津若松駅(約1時間半)
  2. 上越新幹線で新潟駅(約2時間)信越本線で新津駅(約20分)→磐越西線で会津若松駅(約2時間半)

新幹線と在来線を利用すると、ルートはこの2つが一般的です。

関東方面、北海道方面から新幹線を利用する場合は、このアクセス方法がおすすめですね。

在来線のみでのアクセス

青春18きっぷ北海道&東日本パスのシーズンの場合、普通列車を利用して会津若松駅まで行くのもいいですね。

青春18きっぷを使えば、実質1日2,410円。

北海道&東日本パスを使えば、実質1日約1,620円で移動できますよ。

なお、それぞれの切符の詳しい買い方や使い方は「青春18きっぷについて」「北海道&東日本パスについて」にて解説しています。

こちらも合わせてご覧ください。

初めての青春18きっぷ【旅行記あり】|基礎から裏技まで徹底解説
【2020】青春18きっぷの使い方|基礎から裏技まで徹底解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷの発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記など、基礎から裏ワザまで解説します。...
【初心者向け】北海道&東日本パス|使い方・買い方を解説
【初心者向け】北海道&東日本パス 2020年冬|使い方・買い方を解説北海道&東日本パスの2020年版の詳細が発表されました。当ブログ「東北旅びより」では、切符の対象範囲・エリア、発売期間や利用期間、モデルコース、おすすめ路線などを解説していきます。...

バスでのアクセス

東京からですと、会津若松駅行きの高速バスが出ています。

高速バスですと、昼行便と夜行便ともに6~7時間でアクセスが可能です。

【まとめ】会津若松市の魅力や特徴とは?|モダンな街並みと絶品グルメの数々

以上、今回は会津若松市の魅力や特徴をお届けしました。

東北を訪れるのであればぜひ一度は行っておきたい街、会津若松市。

これを機に、あなたも会津若松へ旅行へお出かけしてみては?

関連記事はこちら
東北地方の特徴や魅力
【随時更新】東北地方の特徴や魅力を一挙解説!|地域紹介記事まとめこれまでに書いてきた東北の各地域の記事を、まとめてみました。これを見れば東北の街がどんな特徴や魅力をもった場所なのか、一目でわかります。ぜひ旅行や観光にお役立てください。...
【会津・新潟 鉄道旅行記】週末パスで行く!グルメと絶景を堪能する旅
【会津・新潟 鉄道旅行記】週末パスで行く!グルメと絶景を堪能する旅仙台から週末パスを利用して、新潟と会津に行ってきました。当ブログ「東北旅びより」では筆者の実際の週末パス旅行記を紹介していくので、日帰り旅行や宿泊旅行する際の参考にしてみてください。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー