一人旅の始め方

キャンセル料がかかる宿泊予約はCansell(キャンセル)で売買しよう

Cansell(キャンセル)の使い方・メリット・デメリット
  • ホテルを予約したけど、急用で行けなくなった
  • やむを得ない事情で、予約をキャンセルしなければいけなくなった

そんな時に気になるのが、キャンセル料

キャンセル料が発生してしまうのは制度上、仕方ないことですが…

やっぱり少しでも出費は抑えたいところですよね…

その出費をもし少しでも安くできるのだとしたら…

実は、それを実現できるサービスがあるのをご存知ですか?

そのサービスの名前は、Cansell(キャンセル)

Cansell(キャンセル)は、キャンセルしなければいけない宿泊予約を誰でも簡単に売買できるサービス

聞き慣れない名前かもしれませんが、ヤフオクやメルカリのように手軽に利用できますよ。

本来払うはずのキャンセル料を少しでも安くできるなら、やはりそれに越したことはないですよね。

宿泊代が高額であればあるほどキャンセル料も高くなりますから、Cansell(キャンセル)を使えば1万円以上安くなることだってあります。

しかも今月に限り、手数料無料で売買できてしまうんです。

始めるなら今がチャンスですよ。

まずは一度、Cansell(キャンセル)の公式サイトをご覧になってみてください。

\公式サイトはこちら/

Cansell(キャンセル)とは?

Cansell(キャンセル)は、キャンセルしなければいけない宿泊予約を誰でも簡単に売買できるサービス

簡単に言えば、オークションサイトの宿泊予約バージョンのようなものですね。

キャンセル料がかかる予約をCansell(キャンセル)で販売することで

  • 売る人:キャンセル料を削減できる
  • 買う人:通常よりもお得に宿泊できる
  • ホテル:本来は空くはずだった部屋に人が入る

と、三者にメリットが生まれるのが一番の特徴。

  • 出品は全て審査制
  • 高額転売NG
  • 面倒な手続きは全て運営側が対応

と管理体制もバッチリなので、安心して利用できます。

Cansell(キャンセル)のメリット

出品が無料

Cansell(キャンセル)は、会員登録さえすれば誰でも無料で出品可能

購入者との連絡なども全て運営側がやってくれるので、オークションなどで出品するような感じで気軽に使えます。

とにかく楽チン

予約内容の確認や名義変更、購入者やホテルとのやり取り…

などなど、面倒な作業は全て運営がやってくれます。

「他人が予約したものを自分が使って大丈夫なのかな?」

と不安になる方もいるかと思いますが、その心配はいりません。

運営側は、トラブル防止には特に気を配ってサービスを作ってきてます。

そのおかげか2016年のサービス開始以来、大きな問題なく運営を続けているとのこと。

出品者は売りに出すだけでOKなので楽チンですし、安心して利用できます。

高級ホテルに安く泊まれるかも

実際にサイトを見てみると、掘り出し物が沢山あるんです。

特に日程が迫っているものだと、高級ホテルでも70%~80%OFFの料金で泊まれることも…

Cansell(キャンセル)のデメリット

落札時に手数料がかかる

ホテルが買い取られた際に、手数料が15%発生します。

  • ホテルを1万円で出品した場合
  • 1万円で出品→購入者が現れる→15%引かれた分の料金が指定の口座に入金される
  • 1万円ー1500円=8,500円
  • 8,500円が口座に入金される

ですが2020年4月中に限り、手数料がなんと無料になってるんです。

このご時世なので、キャンセルせざるを得ないという方は多いと思いますし…

これを機にぜひ活用してみてください。

\今だけ手数料無料/

元を取ることはできない

Cansell(キャンセル)では、元値よりも安い価格で出品しなければいけません。

しかし少しでも安ければ好きな値段を設定できるので、そこまでデメリットではないかと思います。

大手サイトよりもホテル数が少ない

楽天トラベルじゃらんnetに比べると、ホテルの取り扱い数はどうしても劣ってしまいます。

これはホテルを出品する場合ではなく、買い取る場合のデメリットですね。

ですがその分掘り出し物が多いことを考えると、どっちもどっちといったところでしょうか?

Cansell(キャンセル)楽天トラベルじゃらんnetそれぞれのサイトで料金を見比べて宿泊先を決めるというのもアリかと思います。

公式サイトはこちらから
楽天トラベル / じゃらんnet

Cansell(キャンセル)へのよくある質問

買取・出品にお金はかかる?

予約の申請、買取は全て無料です。

売買成約時のみ手数料(出品金額の15%)が発生します。

売れなかった場合は費用は掛かりませんのでご安心ください。

2020年4月の間に限り、手数料が無料になっています。

チェックイン当日の予約も申請できる?

宿泊当日の予約は、正午(午後12時)まで申請を受け付けています。

海外ホテルはチェックイン3日前までの掲載のため、チェックイン当日の申請は受け付けていません。

予約した値段以上でも出品できる?

予約時の値段よりも金額を高く設定して出品することはできません。

Cansell(キャンセル)は、あくまでもキャンセル料を安くするためのサービスです。

キャンセル料のかからない予約は売れる?

キャンセル料の掛からない予約は販売することができません。

売ることができないホテルはある?

2020年4月現在、日本国内を含む20ヵ国以外のホテルは販売できません。

また宿泊施設が名義変更や本人以外の宿泊を受け付けていない場合は、買取・出品ができない場合があります。

対応している国はこちら:申請いただく前に|Cansell

Cansell(キャンセル)の使い方

【出品から買取まで】

  1. Cansell(キャンセル)に会員登録
  2. キャンセル料が発生している予約を出品申請
  3. スタッフが内容を確認(最短1時間、最長24時間以内)
  4. 審査が通ればサイトに掲載開始
  5. 出品内容をみたユーザーが購入
  6. 売買成立
  7. 後日、指定の銀行口座に売上が振り込みされる(手数料無料)

出品者がやればいいことは

  • ホテルの申請
  • 銀行口座の登録

の2つのみ。

面倒な手続きは全て運営がやってくれるので、売れるのを待つだけでOK。

とても楽チンなのでおすすめです。

\公式サイトはこちら/

【口コミ・評判】Cansell(キャンセル)を利用した人の感想は?

女性の口コミ
女性の口コミ
急用が入りキャンセル料を全額取られるところでしたが、Cansellで売ることができて助かりました!
女性の口コミ
女性の口コミ
キャンセルできないことを知らずに予約してしまい困ってましたが、こちらで売ることができました。少しですがお金が返ってきたので良かったです。
男性の口コミ
男性の口コミ
急用でキャンセルしなければならなかったものの、キャンセル不可の予約だと知らずに予約していたため困ってました。ですがこちらのサイトでなんとか売りに出し、半分もお金が返ってきたので助かりました。

【まとめ】キャンセル料がかかる宿泊予約はCansell(キャンセル)で売買しよう

以上、今回は「キャンセル料がかかる宿泊予約はCansell(キャンセル)で売買しよう」という内容でお届けしました。

Cansell(キャンセル)は、キャンセルしなければいけない宿泊予約を誰でも簡単に売買できるサービス。

オークションサイトのように手軽に利用できます。

本来払うはずのキャンセル料を少しでも安くできるなら、やはりそれに越したことはないですよね。

宿泊代が高額であればあるほどキャンセル料も高くなりますから、Cansell(キャンセル)を使えば1万円以上安くなることだってあります。

手数料無料で売買できるのも今月中のみなので、始めるなら今がチャンスですよ。

これを機にぜひ、Cansell(キャンセル)を利用してみては?

\公式サイトはこちら/

\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー