東北ひとりっぷ

福島生まれ、宮城育ち。そんな生粋の東北人であるなかが、一人旅をしながら東北の魅力を発信していくブログ。

東北ひとりっぷ



【必見】フルーティアふくしま、とれいゆつばさがより楽しく|運転区間延長、車内リニューアル


みなさんどーも!

東北アンバサダーのなか(@lbxxx3535)です!

 

今回は、東北を走るジョイフルトレイン「フルーティアふくしま」「とれいゆつばさ」の変更点についてお届けしていきます!

 

東北のジョイフルトレインではなかなかの人気を誇るこれらの列車。

果たしてどんな変更点があるのでしょうか?

 

それでは早速いってみよ~!

 

1.フルーティアふくしまとは?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6a/719-700_Fruitea_20150425.jpg/1024px-719-700_Fruitea_20150425.jpg

(引用:Wikipedia

 

フルーティアふくしまは、福島県内を走るジョイフルトレインです。 

 

ジョイフルトレインとは?

お座敷列車やヨーロッパ風列車など、斬新なスタイルや豪華設備をもつJR各社の列車の総称。コトバンク

 

別名「走るカフェ」ともいわれており、とても人気のある列車のうちのひとつです。

通常は磐越西線の郡山駅~喜多方駅間を走りますが、期間限定で東北本線の郡山駅~仙台駅走る場合もあります。

 

2.とれいゆつばさとは?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fb/E3-700_R18_Toreiyu_Yamagata_20161009.jpg/1024px-E3-700_R18_Toreiyu_Yamagata_20161009.jpg

(引用:Wikipedia

 

とれいゆつばさも、同じく福島県内を走るジョイフルトレインです。

こちらは別名「走る足湯」と言われており、奥羽本線の福島駅~新庄駅間を結びます。 

 

新幹線の車両に揺られながら足湯を満喫するという体験は、ここでしかできません。

そんな2つのジョイフルトレインですが、ある大きな変更が2019年4月6日から実施されます。

一体どんな変更があるのでしょうか?

 

3.【必見】フルーティアふくしま、とれいゆつばさがより楽しく|運転区間延長、車内リニューアル

①フルーティアふくしまの運転区間延長

喜多方駅

これまでは磐越西線の郡山駅~会津若松駅間での運転だったフルーティアふくしま。

2019年4月6日から、会津若松駅からさらに先の喜多方駅まで区間が延長されます。

 

そのため、運転時刻が以下のように変更となります。 

 

運転時刻
  • 郡山駅発:郡山駅(9:52発)→喜多方駅(11:52着)
  • 喜多方駅発:喜多方(15:30発)→郡山(17:07着)

喜多方市といえば喜多方ラーメンの街として全国的に有名で、メディアにもよく取り上げられているほどです。

これを機に喜多方まで足を運んでみるのもいいですね。

 

②フルーティアふくしまのスイーツメニューの変更

喜多方市のスイーツ店舗の協力により、車内で提供されるメニューが変更となります。

 

郡山駅発の車内では「fruits peaks(郡山市)」、喜多方駅発の車内では偶数月が「Cocco tree(喜多方市)」、奇数月が「Cache Cache(喜多方市)」のスイーツを提供するようになります。

 

なおここで紹介しているお店の詳細は下記から見ることができるので、ぜひご覧ください。

 

fruits peaks(郡山市)はこちら:フルーツピークス エスパル郡山店

Cocco tree(喜多方市)はこちら:コッコツリー (Coccotree)

Cache Cache(喜多方市)はこちら:カシュ カシュ (Cache Cache)

 

③とれいゆつばさに多言語対応の案内ディスプレイを追加

車内の7か所に、多言語対応の案内ディスプレイが新たに設置されます。

日本語、英語、中国語簡体字の3か国語での発信です。

 

④とれいゆつばさの車内リニューアル

16号車の足湯スペースには、沿線の伝統工芸品である「天童木工」を使ったソファーが設置されます。

また12~14号車のお座敷席の座布団を、天童将棋駒などの沿線をイメージしたデザインに変更となります。

 

さらに15号車にはスマホの充電などに使える電源コーナーを新たに設置するとのこと。

合わせて2019年度中をめどに、全車内に無線LANが設置されるようです。

 

これによりさらに快適に、さらに楽しく旅ができることとなるでしょう。

 

4.【参考】フルーティアふくしまで行く、会津若松観光

①会津若松市ってどんな街?

会津若松駅

会津若松市の特徴や魅力を徹底解説しています。

ぜひ沿線の観光にお役立てください。

 

 

②会津の絶品グルメ「まんじゅう天」とは?

まんじゅう天

会津の郷土料理「まんじゅう天」について紹介しています。

とても美味しいので、会津に行ったらぜひ一度は食べていただきたいですね。

 

 

③日本屈指の絶景路線「只見線」でローカル線の旅

只見線

世界に誇る絶景ローカル線「只見線」についての紹介と、実際の乗車記をお届けしています。

これまでに数々の鉄道に乗車してきましたが、只見線の沿線風景は本当に素晴らしいです。

 

ぜひ一度、乗車していただきたい路線ですね。

 

 

5.【参考②】とれいゆつばさで行く、山形・福島観光

①福島市ってどんな街?

福島駅

福島市の特徴や魅力を徹底解説しています。

フルーツや温泉が盛り沢山の街なので、とても観光に最適ですよ。

 

 

②山形市ってどんな街?

山形駅

山形市の特徴や魅力を徹底解説しています。

駅前にはオシャレでモダンな通りがずらりと並んでいたり、食べ物がかなり美味しかったりと、観光には外せない街です。

 

 

6.【まとめ】フルーティアふくしま、とれいゆつばさがより楽しく|運転区間延長、車内リニューアル

以上、今回はフルーティアふくしまととれいゆつばさの変更点についてお届けしました!

 

どちらもおすすめしたいジョイフルトレインですし、もちろん沿線にも数多くの魅力が詰まっています!

これを機にぜひ、フルーティアふくしまやとれいゆつばさに乗車されてみてはいかがでしょうか?

 

よろしければ下のシェアボタンで、記事をシェアしていただけると嬉しいです!

それではまた!