東北ひとりっぷ

福島生まれ、宮城育ち。そんな生粋の東北人であるなかが、一人旅をしながら東北の魅力を発信していくブログ。

東北ひとりっぷ



【地元民が解説】亘理町の特徴や魅力とは?|東北の湘南と言われる理由に迫る


亘理町の特徴や魅力


みなさんどーも!

東北アンバサダーのなか(@lbxxx3535)です!

 

今回は東北の湘南といわれる街、宮城県亘理郡亘理町の特徴や魅力を紹介していきます!

 

ちなみに「亘理町」と書いて「わたりちょう」と読むのですが…

他県の方からすれば、あまり馴染みのない街なのではないでしょうか?

 

実はこの街には、知られざる魅力がたっぷりと詰まっているんです!

今回はその魅力の数々を、地元民目線で紹介していきます!

 

実は僕、元亘理町民なんです!

 

とてもいい街ですので、みなさんにも魅力を知っていただきたいです!

それでは早速いってみよ~!

 

1.亘理町ってどこ?

亘理町

亘理町は宮城県の南部に位置する町であり、太平洋に面しています。

 

そのため冬は比較的暖かく、夏は海風が吹いて涼しいので年間を通してとても暮らしやすいです。

 

その暮らしやすい気候を利用して、様々な種類の果物を栽培しているのも特徴ですね。

では、そんな亘理町の魅力をさらに深く掘り下げていきましょう!

 

2.【地元民が解説】亘理町の特徴や魅力とは?|東北の湘南と言われる理由に迫る

①東北の湘南と言われている

f:id:lbxxx3535:20180810184627j:plain

実は、亘理町は東北の湘南と言われている町なんです。

 

先ほども書いたように、その地形から夏は涼しく、冬は暖かいという気候。

降雪量も比較的少なく、年間の平均気温もどちらかというと温暖で、海が近い。

 

まさに、東北の湘南にふさわしい場所と言えますね。

 

②駅の隣にお城が建っている

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/3/30/%E4%BA%98%E7%90%86%E9%A7%85%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%89.jpg/1024px-%E4%BA%98%E7%90%86%E9%A7%85%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%89.jpg

 (引用:Wikipedia

 

亘理町の玄関口、亘理駅の隣にはなんとお城が建っているのです。

他県から来た人は、間違いなくこの建物を二度見することでしょう…

 

実はこれ、中身はまったくお城ではありません。

これは悠里館という建物で、郷土資料館や図書館が併設されている場所なんです。

 

ちなみに屋上からは町内を一望できてしまうので、とてもおすすめですよ。

 

③壮大な自然の風景

https://miyagi.uminohi.jp/wp-content/uploads/sites/23/2016/09/2b5ea1140a823b808875414fdad8244a-1024x768.jpg

(引用:海と日本PROJECT in みやぎ

 

太平洋と蔵王連峰に囲まれた亘理町。

その自然の素晴らしい景色を360度、楽しむことができます。

 

特に太平洋沿いにある鳥の海温泉からの景色は最高ですね…

天気がいいと、大浴場からは石巻の有名な観光地である牡鹿半島や金華山を眺めることもできます。

 

山と海を同時に堪能できてしまうよさが、亘理にはあるのです。

 

④フルーツ栽培が盛んに行われている

https://miyagidmo.jp/wp/wp-content/themes/dp-clarity-business/image/area/watari/mv03.png

(引用:Miyagi Explorer

 

亘理町ではその温暖な気候があってか、様々な果物が栽培されています。

イチゴ、リンゴ、アセロラなどを始め、種類がとても豊富です。

 

また種類が豊富なだけでなく、イチゴは東北一、リンゴは県内一の生産量を誇ります。

しかも美味しいだけでなく、味も超一級品ですよ。

 

特にリンゴに関してはあま~い蜜がたっぷりと入っているので、一度食べたらやめられないです…

 

ちなみにアセロラですが、本州では亘理町でしか栽培を行っていません。

年間を通して温暖だからこそ、栽培できるということですね。

フルーツ狩りもよくやっているので、ぜひその味を堪能しに行ってみてください。

 

⑤超絶品なグルメの数々

https://news.walkerplus.com/article/115642/637167_615.jpg

(引用:NewsWalker

 

亘理町の美味しい食べ物は、フルーツだけにはとどまりません。

中でもはらこめしというグルメは、宮城県を代表する超絶品グルメとして親しまれています。

 

もちろん仙台でも食べることはできますが、本場で食べるはらこめしは格別ですね。

はらこめしをマズいと言っている人を見たことは、僕が生きてきた中では一度もないので、自信を持っておすすめできます。

 

なお、はらこめしについては「はらこめしとは?」にて詳しく解説しています。

 

3.宮城県亘理郡亘理町、亘理駅へのアクセス(飛行機・新幹線・普通列車)

①飛行機でのアクセス

飛行機でのアクセス

  • 料金:約5,730円~(大阪、札幌から)

  • 所要時間:約2時間~(大阪、札幌から)

大阪、札幌からの場合、格安航空のpeachが運行されています。

うまくいけば片道5,000円程度で、仙台空港まで行くことができますね。

 

仙台空港からのアクセス 仙台空港駅(仙台空港アクセス線に乗車)→名取駅(常磐線に乗車)→亘理駅

仙台空港駅から亘理駅までは、片道730円です。

 

またその他の各地域から飛行機を利用する場合、時間帯や曜日によって料金に差があります。

エアトリなどの航空券予約サイトで、一度詳しい時間や料金をお調べしてみるといいですね。

 

詳しくはこちらから:エアトリで詳しい時間や料金を調べる

 

②新幹線でのアクセス 

東北新幹線

新幹線でのアクセス
  • 料金:10,870円~(東京から)
  • 所要時間:約2時間~(東京から)

東京からですと、東北新幹線で最短1時間半ほどで仙台駅まで行くことができます。

注意点としては、はやぶさ、やまびこなどの列車によって料金が違ってくるところですね。

 

ちなみにやまびこの自由席に乗車する場合ですと、料金は10,370円で行くことができます。

指定席の場合は10,690円です。

はやぶさの場合、全車指定席で料金が11,000円ですね。

 

仙台駅からは常磐線に乗り換え、約30分ほどで亘理駅に着きます。

なお仙台駅から亘理駅までの料金は、片道500円です。

 

ちなみにえきねっとトクだ値お先にトクだ値のようなサービスを使えば、さらに10%~35%OFFの料金で乗車することも可能ですよ。

 

③普通列車でのアクセス

f:id:lbxxx3535:20180512171612j:plain

普通列車でのアクセス

  • 料金:1,550円~(東京から)

  • 所要時間:約8時間~(東京から)

青春18きっぷ北海道&東日本パスのシーズンの場合、普通列車を利用して亘理駅まで行くのもいいですね。

 

青春18きっぷを使えば、実質1日2,370円

北海道&東日本パスを使えば、実質1日1,550円で移動できますよ。

 

東京からですと常磐線を乗り継いで来ることになりますが、ひとつ注意点があります。

 

常磐線は東日本大震災の影響で、代行バス輸送となっている区間があります。

代行バスは本数が少ないので、時刻表を確認して行った方がいいですね。

 

時刻表はこちら:常磐線 代行バス時刻表

 

なお、それぞれの切符の詳しい買い方や使い方は「青春18きっぷについて解説」「北海道&東日本パスについて解説」にて解説しています。

こちらも合わせてご覧ください。

 

4.宮城県亘理郡亘理町(亘理駅周辺)で宿泊できる場所

亘理駅から徒歩10分ほどの場所に、中正旅館というところがあります。

なお太平洋を一望できるわたり温泉鳥の海に行く場合は、亘理駅からタクシーを使うことをおすすめします。

 

歩くと1時間はかかるよ!

 

もし亘理町で宿泊する場合は、このあたりがおすすめですね。

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

5.【まとめ】亘理町の特徴や魅力とは?|東北の湘南と言われる理由に迫る

f:id:lbxxx3535:20180812142715j:plain

以上、今回は亘理町の紹介をさせていただきました!

 

食、気候、自然。

亘理町は様々なものに恵まれた、とても魅力のあるところです!

ぜひ一度、お越しになってみてくださいね!

 

よろしければ下のシェアボタンで、記事をシェアしていただけるととても嬉しいです!

それではまた!