旅行記

【打当温泉マタギの湯】体の芯からぽかぽかに!日帰り入浴しながら雪景色を堪能

打当温泉マタギの湯

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

秋田県北秋田市に所在する「打当温泉マタギの湯」で日帰り入浴をしてきました。

ちなみに打当温泉と書いて「うっとうおんせん」と読みます。

なか
なか
珍しい読み方!

打当温泉マタギの湯の泉質は、ナトリウム、カルシウム塩化物泉。

湯冷めしにくく、体の芯まで温まるのが特徴の温泉です。

なか
なか
湯上がり後は超ぽっかぽか…!外でも上着を着ると暑いくらい!

阿仁マタギ駅の駅名標打当温泉マタギの湯の最寄り駅は、秋田内陸縦貫鉄道の阿仁マタギ駅。

駅からは少し距離がありますが、事前に連絡すれば送迎をお願いできます。

もちろん日帰りでも送迎の利用は可能です。

なか
なか
秋田内陸線での旅行がてら立ち寄るのもおすすめ!

当ブログ「東北旅びより」では、以下の内容を紹介していきます。

  • 打当温泉マタギの湯の営業時間・料金・アクセス・アメニティ情報など
  • 打当温泉マタギの湯の日帰り入浴レポート
  • 打当温泉マタギの湯の口コミ・評判

ぜひ参考にしてみてくださいね。

打当温泉マタギの湯の営業時間・定休日・アクセス情報など

営業時間【日帰り】
4月~10月:09:00~22:00(最終入館21:30)
11月~3月:09:00~21:00(最終入館20:30)
送迎バス最終お迎え…阿仁マタギ駅17:42着の便まで
送迎バス最終お送り…角館行き18:01発、鷹巣行き18:33発の便まで
【宿泊】
チェックイン:15:00~22:00
チェックアウト:~10:00
日帰り料金大人:600円
北秋田市民:450円
子ども:200円(未就学児は無料)
アメニティドライヤー
ティッシュ
駐車場50台
アクセス秋田内陸縦貫鉄道 秋田内陸線 阿仁マタギ駅から送迎バスで約3分
住所〒018-4731
秋田県北秋田市阿仁打当字仙北渡道上ミ 67
電話番号0186-84-2612
公式サイト打当温泉 秘境の宿 マタギの湯【公式サイト】
宿泊情報はこちらから

【打当温泉マタギの湯】体の芯からぽかぽかに!日帰り入浴しながら雪景色を堪能

打当温泉マタギの湯の最寄り駅は秋田内陸縦貫鉄道 阿仁マタギ駅

阿仁マタギ駅の駅名標鷹巣駅から秋田内陸線に乗車し、阿仁マタギ駅までやってきました。

打当温泉マタギの湯の最寄り駅は、阿仁マタギ駅。

当駅から送迎バスに乗り換え、打当温泉マタギの湯まで送っていただきます。

なか
なか
宿泊利用者だけじゃなく、日帰り利用者も送迎バスをお願いできるよ!

駅前に停まっているマイクロバスに乗車し、打当温泉マタギの湯を目指します。

送迎バスを利用するには、事前に宿へ連絡を入れておく必要があります。

参考までに僕の場合ですが、前日に電話で連絡を入れたところ、名前と人数だけ聞かれました。

駅からは徒歩で行けなくはない距離ですが、たぶん危険です。というか、かなり危険だと思います。熊が出そうですし…特に冬は雪の中、山道を歩くことになるので。無理せず、送迎バスを利用することを強くおすすめします。

阿仁マタギ駅のホームにあるマタギの像駅のホームにはマタギの像がありました。

マタギとは、古来より山でクマなどの狩猟を生業にしていた人たちのことです。要するに狩人ですね。

特に秋田県北秋田市の阿仁地方と呼ばれる地域は、古くから本家「マタギの里」として知られています。

打当温泉マタギの湯が位置する地域も、かつてはマタギの集落があった場所。

事前予約をすれば、宿でマタギの体験をすることも可能です。

打当温泉マタギの湯送迎バスに乗車すること約3分、打当温泉マタギの湯に到着しました。

なか
なか
徒歩だと30分はかかるからね…送迎していただけるなんてありがたい!

送迎があると、鉄道旅行者でも気軽に立ち寄れるのでいいですね。

打当温泉マタギの湯の館内

入館方法
  1. 館内入口で靴を脱ぎ、下駄箱に靴を入れる
  2. 入口の右手側にある受付で、日帰り入浴の旨を伝える
  3. 入館料を支払う(大人は600円、子どもは200円)
  4. 帰りの列車の時間を聞かれるので、乗車する予定の時間を伝える(乗車時間に合わせて送迎してくれる)
  5. 受付が終わったら、受付の右手にある通路を通って温泉へ

打当温泉マタギの湯の館内案内図同じ棟には大浴場の他、売店や家族風呂もあります。

では、さっそく大浴場の方へ行ってみましょう。

打当温泉マタギの湯の大浴場

打当温泉マタギの湯の脱衣所にある有料ロッカー脱衣所の入口にコインロッカーがあります。

なか
なか
大きな荷物があっても安心だね!

なお、脱衣室にあるアメニティは以下の通り。

  • ドライヤー
  • ティッシュ

化粧水や整髪料などは置いてないので、必要な方は持参して行った方が良さそうです。

  • 内湯:手前がぬるめの湯、奥が熱めの湯
  • 露天風呂:屋根付きの半露天風呂
  • サウナ:男女1室ずつ完備

当温泉の源泉名は打当温泉で、泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉。

湯冷めしにくく、体の芯まで温まるのが特徴の温泉です。

なか
なか
外に出ても、暑くてしばらくコート着れなかった…

露天風呂の温度は少し熱め。

冬だと外の寒さが合わさって、かなりいい湯加減に感じます。

また屋根付きになっているので、雨や雪が降っていてものんびり浸かっていられるのが嬉しいですね。

なか
なか
雪の降る景色を見ながら露天風呂に入れるなんて!最高すぎる!

湯口が熊になっているのも、マタギの地域ならではの遊び心を感じます。

なか
なか
すごくいいお湯だった…次は泊まりで利用したい!

【口コミ・評判】打当温泉マタギの湯で日帰り入浴・宿泊した人の感想は?

温泉はもちろんですが、熊肉を使った郷土料理や、どぶろくなどの地酒を味わえるのも魅力のひとつ。

日帰り利用だけでなく、宿泊にもおすすめの施設です。

【打当温泉マタギの湯】体の芯からぽかぽかに!日帰り入浴しながら雪景色を堪能|まとめ

以上、今回は「【打当温泉マタギの湯】体の芯からぽかぽかに!日帰り入浴しながら雪景色を堪能」という内容でお届けしました。

体の芯までぽっかぽかになる打当温泉マタギの湯。

最寄り駅の阿仁マタギ駅からは送迎もお願いできるので、鉄道旅行者でも気軽に立ち寄れるのが嬉しいポイントですね。

なか
なか
秋田内陸線での旅のお供に、ぜひぜひ!
関連記事はこちら
鷹巣駅に停車中の秋田内陸線
【秋田内陸線 旅行記】冬の絶景車窓に温泉!雪景色を堪能しつつ沿線を観光秋田内陸線に乗車し、雪景色と温泉を堪能しながら全線乗車してきました。特に冬の車窓はとても魅力的。当ブログ「東北旅びより」では旅行記の他、車両の詳細やおすすめのフリーきっぷ、沿線の宿泊情報などもお届けします。...
ハタハタ館の入口
【八森いさりび温泉ハタハタ館】秋田の海が見える温泉で日帰り入浴秋田県山本郡八峰町の「八森いさりび温泉ハタハタ館」で日帰り入浴をしてきました。五能線のあきた白神駅から徒歩3分ですし、リゾートしらかみも停車するので、鉄道旅がてら立ち寄るのもおすすめです。...
ワニカムの外観
【鰐come(ワニカム)】大鰐温泉駅から徒歩2分の日帰り入浴施設を訪問青森県の大鰐温泉駅近くの日帰り温泉施設「鰐come(ワニカム)」で日帰り入浴してきました。露天風呂・サウナ・休憩コーナー完備の快適な施設。当ブログ「東北旅びより」では、施設の感想や詳細などを紹介していきます。...
高畠町太陽館
【体験レポ】高畠駅の温泉施設「高畠町太陽館」が最高だった山形県の高畠駅に併設する温泉「高畠町太陽館」に行ってみたので、ここではその感想をお届けします。駅に直結した天然の温泉施設は、全国的に見てもかなり珍しいですね。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー