お役立ち情報

【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説

【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

今回は五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」について紹介していきます。

これまでに東北各地の観光列車に乗ってきましたが、リゾートしらかみは中でもイチオシの列車です。

なか
なか
青春18きっぷ北海道&東日本パスでの旅行におすすめ!

当ブログ「東北旅びより」では

  • リゾートしらかみがどんな観光列車なのか知りたい
  • リゾートしらかみに乗ろうと思っている
  • リゾートしらかみ、五能線の乗り方が知りたい

という人へ向けて

  • リゾートしらかみの切符の買い方や乗り方、予約方法
  • リゾートしらかみの料金、時刻表、編成表、座席表、おすすめ座席
  • リゾートしらかみに関するよくある質問

などなど、ひとつずつ分かりやすく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

もくじ
  1. リゾートしらかみが走る五能線とは?
  2. 五能線の観光列車 リゾートしらかみとは?
  3. 【車両編成】リゾートしらかみの車両の種類(橅・青池・くまげら)
  4. 【運賃】リゾートしらかみの指定席料金について
  5. リゾートしらかみの運転日・編成表・時刻表・停車駅
  6. 【車内紹介】リゾートしらかみの座席周りは?
  7. 【アクセス方法・乗り方】五能線・リゾートしらかみに乗るには?
  8. 【旅館・ホテル】リゾートしらかみ・五能線沿線の宿泊施設
  9. 【よくある質問】リゾートしらかみ乗車前に知っておきたいこと
  10. 【モデルコース】リゾートしらかみを利用した旅行記と沿線の観光スポット
  11. 【口コミ・評判】リゾートしらかみに実際に乗車した人の感想は?
  12. 【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説|まとめ

リゾートしらかみが走る五能線とは?

深浦駅に停車中の五能線GV-E400系五能線川部駅(青森県)~東能代駅(秋田県)の約147kmを結ぶ路線です。

海沿いを走る路線なので、車窓からは日本海の絶景を眺めることができます。

驫木駅また五能線沿線の驫木(とどろき)は、その景色の良さから青春18きっぷのポスターに選出されたこともあるんです。

ローカル線の旅情を存分に味わえる路線なので、おすすめですよ。

五能線の観光列車 リゾートしらかみとは?

リゾートしらかみ五能線の車窓の景色を楽しむなら「リゾートしらかみ」という観光列車に乗るのがおすすめです。

五能線フリーパスの対象エリア秋田駅~東能代駅~弘前駅~青森駅間を五能線、奥羽本線経由で運行してます。

1日3往復、ほぼ毎日の運転です。

途中駅で数十分停車したり、車内イベントを開催している列車もあるので、五能線沿線の観光にはピッタリですよ。

【車両編成】リゾートしらかみの車両の種類(橅・青池・くまげら)

橅(ぶな)編成

リゾートしらかみ(ぶな)編成はリゾートしらかみの中で最も新しい車両で、デビュー年は2016年。

世界自然遺産である白神山地をモチーフにデザインされました。

リゾートしらかみの3編成の中では唯一、車内販売があるのが特徴ですね。

青池編成

リゾートしらかみ青池編成青池編成はリゾートしらかみの中で2番目に新しい車両です。

沿線の観光名所である青池をモチーフにデザインされました。

環境に優しいハイブリッドシステムを導入した車両でもあります。

くまげら編成

深浦駅出発前のリゾートしらかみくまげら編成は白神山地に生息するクマゲラと、日本海に沈む夕日をモチーフにしてデザインされました。

青や緑を基調とした(ぶな)編成、青池編成と比べると、赤やオレンジの派手なデザインがとても印象的。

くまげら編成の乗車レポートはこちら
深浦駅出発前のリゾートしらかみ
【乗車レポ】リゾートしらかみ5号くまげら編成で行く秋田・青森の旅!車内の様子や見どころを紹介当ブログ「東北旅びより」では、リゾートしらかみくまげら編成の乗車レポートをお届けします。座席表や車内の様子、車窓の見どころなども紹介しているので、今度の旅行の参考にしてみてくださいね。...

【運賃】リゾートしらかみの指定席料金について

指定席料金・運賃

指定席料金530円
(閑散期は330円)
運賃(片道)秋田駅~青森駅・新青森駅:4,510円
秋田駅~弘前駅:4,070円
運賃(往復)秋田駅~青森駅・新青森駅:9,020円
秋田駅~弘前駅:8,140円

秋田駅~青森駅・弘前駅間で通常通り乗車券を買うと、料金は上記のようになります。

青春18きっぷ北海道&東日本パス秋の乗り放題パスのシーズンであれば、これらの切符を使う方がお得になります。

また、三連休中の旅行であれば三連休東日本・函館パスの利用もおすすめです。

指定席料金・指定席券の予約と購入方法

リゾートしらかみは全車指定席で、自由席はありません。

指定席券は530円(閑散期は330円)で販売されています。

購入方法は以下の3パターン。

みどりの窓口で係員にお願いする場合は「リゾートしらかみの指定席券を購入したい」と言えば大丈夫です。

えきねっとを使えば、スマホから指定席券を予約できるので便利ですよ。

リゾートしらかみの運転日・編成表・時刻表・停車駅

運転日と編成表

リゾートしらかみの運転日と編成表は、JR東日本の公式サイトにて発表されています。

どの日にどの編成が走るかが詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

時刻表と停車駅

秋田発 青森・弘前行き

秋田追分八郎潟森岳東能代能代あきた白神岩館十二湖ウェスパ椿山深浦千畳敷鯵ヶ沢陸奥森田木造五所川原陸奥鶴田板柳藤崎川部弘前新青森青森
1号8:20発8:31着
8:31発
8:45着
8:46発
9:01着
9:01発
9:13着
9:20発
9:24着
9:34発
9:57着
9:57発
10:02着
10:06発
10:25着
10:26発
10:37着
10:38発
10:51着
10:57発
通過11:42着
11:44発
11:55着
11:56発
12:01着
12:01発
12:08着
12:09発
12:16着
12:16発
12:23着
12:24発
12:30着
12:31発
12:35着
12:41発
12:48着
12:52発
13:21着
13:23発
13:29着
3号10:50発11:02着
11:03発
11:18着
11:21発
通過11:45着
11:54発
11:59着
12:14発
12:37着
12:37発
12:42着
12:44発
13:03着
13:04発
13:16着
13:17発
13:31着
13:34発
13:59着
14:14発
14:35着
14:37発
14:49着
14:49発
14:54着
14:55発
15:02着
15:09発
15:16着
15:16発
15:24着
15:25発
15:31着
15:31発
15:35着
15:42発
15:49着
(弘前止まり)
5号13:57発14:08着
14:09発
14:22着
14:23発
通過14:51着
14:58発
15:03着
15:04発
15:27着
15:27発
15:32着
15:37発
15:56着
15:57発
16:09着
16:09発
16:23着
16:43発
17:08着
17:23発
17:48着
17:50発
18:01着
18:02発
18:07着
18:08発
18:14着
18:15発
18:22着
18:22発
18:30着
18:31発
18:37着
18:37発
18:41着
18:47発
18:54着
18:58発
19:27着
19:32発
19:38着

青森・弘前発 秋田行き

青森新青森弘前川部藤崎板柳陸奥鶴田五所川原木造陸奥森田鯵ヶ沢千畳敷深浦ウェスパ椿山十二湖岩館あきた白神能代東能代森岳八郎潟追分秋田
2号8:09発8:15着
8:16発
8:44着
8:48発
8:55着
9:01発
9:05着
9:05発
9:11着
9:12発
9:19着
9:20発
9:26着
9:27発
9:34着
9:34発
9:40着
9:40発
9:52着
9:54発
10:15着
10:30発
10:54着
11:00発
11:13着
11:14発
11:24着
11:24発
11:44着
11:45発
11:50着
11:50発
12:13着
12:14発
12:19着
12:25発
12:35着
12:36発
12:57着
12:58発
13:12着
13:13発
13:26着
4号13:51発13:57着
13:58発
14:26着
14:30発
14:37着
14:44発
14:47着
14:48発
14:54着
14:55発
15:02着
15:03発
15:09着
15:10発
15:16着
15:17発
15:22着
15:23発
15:34着
15:36発
15:58着
16:13発
16:37着
16:39発
16:53発着17:03着
17:04発
17:23着
17:25発
17:30発着17:53着
17:54発
17:59着
18:05発
通過18:29発着18:43着
18:44発
18:56着
6号16:06発
(弘前始発)
16:13着
16:20着
16:23着
16:24発
16:30着
16:31発
16:38着
16:39発
16:45着
16:47発
16:54着
16:54発
17:00着
17:00発
17:12着
17:18発
通過18:03着
18:20発
18:33着
18:34発
18:44着
18:44発
19:05着
19:06発
19:10着
19:11発
19:33着
19:36発
19:42着
19:49発
通過20:15着
20:16発
20:29着
20:30発
20:42着

【車内紹介】リゾートしらかみの座席周りは?

リゾートしらかみ青池編成の1号車と2号車の座席表リゾートしらかみ青池編成の3号車と4号車の座席表
  • 1号車:リクライニング席、展望室、イベントスペース
  • 2号車:ボックス席
  • 3号車:リクライニング席、イベントスペース ※橅編成だけ車内販売、売店あり
  • 4号車:リクライニング席、展望室、イベントスペース

リゾートしらかみの車内は上記のようになっています。

順番に詳しく見ていきましょう。

なか
なか
ここでは、青池編成の車内を例として紹介していくよ!

なお、以下の動画もご覧いただくと、よりイメージが湧きやすいかと思います。

合わせて参考にしてみてください。

1・3・4号車はリクライニングシート

リゾートしらかみ青池編成の車内1、3、4号車は、全座席がリクライニングシート。

特急や新幹線のような座席の配置です。

リゾートしらかみは全車指定席なので、席ごとに番号が割り振られています。

リゾートしらかみには、自由席はありません。乗車するには乗車券の他に、指定席券を購入する必要があります。
なか
なか
指定席券の料金は530円だよ!

日本海側からA席、B席、C席となり、山側がD席です。

なので海側に座りたい人は、A席の座席指定券を取るのがおすすめですよ。

リゾートしらかみ青池編成の3号車にあるイベントスペース青池編成・くまげら編成の場合、3号車にはイベントスペースもあります。

こちらのスペースでイベントが開催されることもありますし、イベントがない時間帯はこちらで日本海の景色を楽しむのも良さそうですね。

なか
なか
「海側の指定席券を取れなかった…」って人でも、安心して車窓を楽しめるね!

なお(ぶな)編成の場合は、イベントスペースではなく売店が設置されています。

リゾートしらかみ青池編成の座席座席はこんな感じ。

上品で、落ち着いた色合いの座席です。

なか
なか
座席はクッション性があって、長時間の乗車でも安心!

リゾートしらかみ青池編成のリクライニングシートの操作方法各座席の肘掛けにある黒いボタンを押すことで、座席をリクライニングできます。

リゾートしらかみ青池編成の座席についている大きめのテーブル各座席には飲食用のテーブルがついています。

駅弁などを食べる際に便利ですね。

(ぶな)編成では飲食物の車内販売がありますが、青池編成、くまげら編成には車内販売はありません。

事前に駅で購入しておくことをおすすめします。

リゾートしらかみ青池編成の座席のポケットとペットボトルホルダーテーブルの下には、荷物を入れるポケットに、ペットボトルホルダーも設置されています。

リゾートしらかみ青池編成の座席の足元の広さ座席の足周りには、十分なスペースがあります。

足を組んだりするには余裕の広さでした。

リゾートしらかみ青池編成の3号車から眺める車窓天井には荷物台があるので、スーツケースなどの大きな荷物があっても邪魔にはなりません。

そして注目すべきは窓の大きさ。

観光列車というだけあって、窓がとにかく大きめ。

他の車両と比べてもダントツの大きさで、沿線の風景もかなり見やすかったです。

リゾートしらかみ青池編成の座席についている肘掛けちょっと気付きにくいですが、肘回りにもちょっとした仕掛けがありまして…

リゾートしらかみ青池編成の座席についている肘掛けのミニテーブルこのように、座席の肘掛けからもテーブルを出せるんです。

肘掛けのテーブルは小さめなので、飲み物や軽食を置くのにちょうどいいかと思います。

2号車は半個室のボックスシート

リゾートしらかみ青池編成の2号車にあるボックス座席の通路2号車は1、3、4号車とは違い、半個室のボックス座席になっています。

なか
なか
プライベート感があっていいね!
リゾートしらかみ青池編成の2号車にあるボックス座席
  • 窓側:A席・D席
  • 通路側:C席・D席

座席は4人掛けのボックス座席。

どの席も海側に設置されているのが特徴ですね。

なか
なか
個室みたいですごい…!

リゾートしらかみ青池編成の2号車にあるボックス座席の荷物棚1、3、4号車と同じように、2号車にも荷物棚があります。

大きな荷物があっても安心ですね。

ボックス座席は1人での利用も可能ですが、3人以下の利用だと相席になる可能性もあるのでご注意を!

ちなみにボックス座席の場合も、リクライニング席と同じく指定席料金は530円です。

展望室・イベントスペース

リゾートしらかみ青池編成の1号車、4号車にある展望室1号車、4号車の運転席部分は、展望室、イベントスペースになっています。

なか
なか
海側の座席が取れなくてもここで海を見れるし、前面展望や後面展望も楽しめるよ!

【アクセス方法・乗り方】五能線・リゾートしらかみに乗るには?

  1. 秋田新幹線で秋田駅へ
  2. 北海道新幹線、東北新幹線で新青森駅へ(新青森駅から奥羽本線で青森駅・弘前駅まで行ってもOK)

一番便利なのは、以上のアクセス方法ですね。

ちなみに青森・秋田までのお得なセットプランもあるので、下記も参考にしてみてください。

交通+宿泊のお得なパックはこちら

【JTB】

【近畿日本ツーリスト】

【日本旅行】

【旅館・ホテル】リゾートしらかみ・五能線沿線の宿泊施設

五能線沿線を1日で乗り通すのももちろんいいですが、しっかりと観光するなら最低2日は必要です。

幸いにも五能線フリーパスは2日間乗り放題になる切符なので

といった使い方もできてしまうのがいいですね。

沿線をゆっくり見て回りたい場合は、現地で宿泊するのもアリですよ。

五能線沿線で宿泊地を探す

楽天トラベルのおすすめ宿を見る
青森市 / 弘前・黒石 / 五所川原 / 深浦・鰺ヶ沢 / 能代・男鹿 / 秋田市

じゃらんnetのおすすめ宿を見る
津軽西海岸 / 弘前市 / 青森市 / 秋田市

るるぶトラベルのおすすめ宿を見る
五所川原・北津軽・西津軽 / 弘前・黒石・白神山地 / 青森・東津軽 / 秋田市 / 大館・能代

一休.comのおすすめ宿を見る
青森市内・八戸・弘前

関連情報秋&冬旅セール開催中!楽天トラベルでお得なクーポンを獲得する

関連情報JTBでお得なクーポンを獲得する

【よくある質問】リゾートしらかみ乗車前に知っておきたいこと

リゾートしらかみのおすすめ座席は?

五能線の車窓から見える夕日リゾートしらかみのおすすめ座席はA席です。

これは一番海側の座席になるのがA席のためですね。

2号車のボックス席の場合は、A席とD席が海側になります。

そもそも2号車のボックス座席は、全座席で海を楽しめるように配置されているんですよね。

そのため知らない方と相席になったりしない限り、基本的に車窓で困ることはないかと思います。

運が悪く海側の席を取れなくても、展望室で車窓を見るようにすれば大丈夫なので安心してください。

車内イベントってどういうことをやってるの?

津軽伝統 金多豆蔵(きんたまめじょ)人形芝居

【実施区間】

リゾートしらかみ1号:五所川原駅~弘前駅間

リゾートしらかみ4号:新青森駅~弘前駅間

青森県中泊町の無形民俗文化財に登録されている人形劇を楽しめます。

(ぶな)編成のみの上演なのでご注意を!

津軽弁「語りべ」実演

【実施区間】

リゾートしらかみ3、4号:陸奥鶴田駅~川部駅間

津軽に古くから伝わる昔話を、地元の方言で聞くことができます。

津軽三味線の生演奏

【実施区間】

リゾートしらかみ1、2、3号:鰺ケ沢駅~五所川原駅間

津軽三味線の生演奏を車内で楽しめます。

「津軽じょんから節」など代表的な民謡を披露。

諸事情によりイベントが中止となる場合があります。予めご了承ください。

リゾートしらかみに自由席はあるの?

リゾートしらかみに自由席はありません。

全車指定席での運行なので、乗車の際は指定席券(530円)を購入する必要があります。

リゾートしらかみの乗車におすすめの切符は?

※スマホは横にスクロール可

切符の名前料金発売期間有効期間
五能線フリーパス3,880円通年連続する2日間
青春18きっぷ12,050円春・夏・冬期間内の好きな5日間
北海道&東日本パス11,330円連続する7日間
秋の乗り放題パス7,850円連続する3日間

以下でそれぞれの特徴を詳しく解説していきます。

五能線フリーパス

五能線フリーパスの対象エリア五能線フリーパスとは、五能線沿線と奥羽本線の一部区間が2日間乗り放題になる切符。

平日、休日問わずいつでも使えるのが特徴です。

大人用は3,880円、子ども用は1,940円で販売されています。

リゾートしらかみに乗車する場合も使えるので、かなりおすすめですよ。

青春18きっぷ

青春18きっぷ青春18きっぷとは、JRの普通列車や快速列車、BRTなどが5日間乗り放題になる切符。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム)の略
  • バス専用道などを走ることで、路線バスよりも速達性、定時性を確保できる
  • 現在、JRが運営するBRTは気仙沼線BRT、大船渡線BRTの2つ
BRTの乗車記はこちら
柳津駅に停車中の気仙沼線BRT
【気仙沼線BRT 旅行記ブログ】震災から10年、現在の様子は?沿線を観光しつつ当時を振り返る当ブログ「東北旅びより」では気仙沼線、気仙沼線BRTの乗車レポートをお届けします。震災から間もなく10年、沿線はどう変化したのでしょうか?周辺を観光しながら全線乗車してみることにしました。...
大船渡丸森駅を過ぎた後の車窓
【大船渡線BRT 旅行記】震災から10年、津波で被災したバス区間の現在は?当ブログ「東北旅びより」では、大船渡線BRTの旅行記をお届けします。東日本大震災から10年、津波で壊滅的な被害を受けた沿線はどう変化したのでしょうか?沿線を観光しながら、当時の様子を振り返ります。...

青春18きっぷといえばフリー切符の王道ですね。

JRの路線なら日本中どこでも行けるので、鉄道を乗り継いで北海道から九州へ行くことだってもちろん可能。

12,050円で発売されているので、1日あたり2,410円分使えば元を取れる計算です。

詳細はこちらから
青春18きっぷ完全攻略ガイド|使い方から裏技まで徹底解説
【初心者向け】青春18きっぷ攻略ガイド|使い方から裏ワザまで徹底解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷの発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記など、基礎から裏ワザまで解説します。...

北海道&東日本パス

北海道&東日本パス北海道&東日本パスはJR東日本、JR北海道の普通列車とBRTが、1週間乗り放題になる切符。

北海道東日本パス、北東パスと略されることも多いですね。

11,330円で発売されているので、1日あたり約1,620円という計算になります。

北海道、東北方面で鉄道旅をするときは特におすすめです。

詳細はこちらから
【初心者向け】北海道&東日本パス|普通列車が1週間乗り放題に!使い方・範囲・モデルコースを紹介
【初心者向け】北海道&東日本パス 2021年夏|普通列車が1週間乗り放題に!使い方・範囲・モデルコースを紹介北海道&東日本パスの2021ー22年春・夏・冬の情報が発表されました。当ブログ「東北旅びより」では切符の発売期間や利用期間、対象範囲・エリア、モデルコース・旅行記、おすすめ路線などを紹介していきます。...

秋の乗り放題パス

秋の乗り放題パス秋の乗り放題パスとは、JRの普通列車や快速列車、BRTが3日間乗り放題になるフリー切符。

青春18きっぷの秋バージョンと言ってもいいですね。

JRの路線であれば日本中どこへでも行けてしまうので、とても便利ですよ。

詳細はこちらから
秋の乗り放題パス|買い方・使い方を解説
【初心者向け】秋の乗り放題パス 2021年版|買い方・使い方を解説秋の乗り放題パスの2021年版の詳細を初心者向けにまとめました。ここでは料金や買い方、使い方、発売期間や利用期間などに加えて、メリットとデメリット、モデルコース、注意点なども解説します。...

【モデルコース】リゾートしらかみを利用した旅行記と沿線の観光スポット

リゾートしらかみ くまげら編成の乗車記

リゾートしらかみ実際にリゾートしらかみ5号くまげら編成に乗車して、秋田駅から青森駅まで行ってみました。

乗車してみた感想に加え、車内の詳しい解説やおすすめの絶景ポイントなども紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

リゾートしらかみの乗車記はこちら
深浦駅出発前のリゾートしらかみ
【乗車レポ】リゾートしらかみ5号くまげら編成で行く秋田・青森の旅!車内の様子や見どころを紹介当ブログ「東北旅びより」では、リゾートしらかみくまげら編成の乗車レポートをお届けします。座席表や車内の様子、車窓の見どころなども紹介しているので、今度の旅行の参考にしてみてくださいね。...

五能線沿線の観光スポット

黄金崎不老ふ死温泉

不老不死温泉の入口
アクセスJR五能線 ウェスパ椿山駅から無料送迎バスで約5分
JR五能線 艫作駅から徒歩約15分
レポート【黄金崎不老ふ死温泉】海辺の露天風呂で絶景を眺めながら日帰り入浴を堪能
公式サイト黄金崎不老ふ死温泉

黄金崎不老ふ死温泉は、青森県の深浦町に所在する温泉。

引用:Wikipedia

黄金崎不老ふ死温泉のイチオシポイントは何と言っても、海辺の露天風呂

なか
なか
温泉に浸かりながら間近で海を見れるなんて!贅沢~!

景色はもちろん、泉質も最高なのでとてもおすすめです。

リゾートしらかみ利用者は、予約不要でウェスパ椿山駅から送迎バスに乗れるので便利ですよ。

普通列車ご利用の場合は、ウェスパ椿山駅発の無料送迎バスは電話予約必須です。

電話番号:0173-74-3500

体験レポートはこちら
黄金崎不老ふ死温泉の撮影スポット
【日帰りブログ】黄金崎不老ふ死温泉|海辺の露天風呂は一度は入るべき名湯!青森県の深浦町にある黄金崎不老ふ死温泉で、日帰り入浴をしてきました。海辺の露天風呂は特にイチオシ。当ブログ「東北旅びより」では感想に加え、日帰り温泉の営業時間やアクセス・評判などをお届けします。...

八森いさりび温泉ハタハタ館

ハタハタ館の入口
アクセスJR五能線 あきた白神駅から徒歩3分
レポート【八森いさりび温泉ハタハタ館】秋田の海が見える温泉で日帰り入浴
公式サイト八森いさりび温泉ハタハタ館 | ブナの森と日本海が出会う宿

八森いさりび温泉ハタハタ館は、秋田県の八峰町に所在する温泉施設。

黄金崎不老ふ死温泉と同じく、海の見える温泉です。

宿泊はもちろん、日帰りでの利用もできます。

ハタハタ館に併設のレストラン「れすとらん いさりび」
ハタハタ館の大広間休憩室

レストランや大広間など、沿線のグルメを堪能しながら、ゆったりとくつろげます。

あきた白神駅には、リゾートしらかみの全列車が停車しますし、観光がてら立ち寄るのもおすすめです。

体験レポートはこちら
ハタハタ館の入口
【八森いさりび温泉ハタハタ館】秋田の海が見える温泉で日帰り入浴秋田県山本郡八峰町の「八森いさりび温泉ハタハタ館」で日帰り入浴をしてきました。五能線のあきた白神駅から徒歩3分ですし、リゾートしらかみも停車するので、鉄道旅がてら立ち寄るのもおすすめです。...

深浦まるごと市場

深浦まるごと市場
アクセスJR五能線 深浦駅から徒歩15分
レポート【深浦まるごと市場】ランチに最適!超新鮮な絶品マグロ丼を実食
公式サイト【公式】深浦まるごと市場

深浦まるごと市場は、青森県深浦町に所在する施設。

地元の特産品や食事処などが併設しています。

マグロとネギトロ青森でマグロと言うと大間のイメージが強いですが、実は深浦もマグロの街として有名なんです。

なか
なか
マグロの街なだけあって、すっごい新鮮で美味しいよ!一度食べてみてほしい!

深浦駅にはリゾートしらかみの全列車が停車しますし、駅からも徒歩圏内です。

ランチなどにとてもおすすめですよ。

体験レポートはこちら
深浦まるごと市場
【深浦まるごと市場】ランチに最適!超新鮮な絶品マグロ丼を実食青森県の深浦まるごと市場で、海鮮丼をいただいてきました。マグロの街、深浦町のマグロ丼は超絶品。JR五能線の深浦駅から徒歩15分なので、鉄道旅がてら立ち寄るのもおすすめですよ。...

絶景秘境駅 驫木駅

驫木駅
アクセス東能代駅からJR五能線で約2時間半
弘前駅からJR五能線で約2時間
レポート【五能線キハ40旅行記】海が見える絶景秘境駅「驫木駅」に行ってみた!【旅行Vlog】

驫木駅は、五能線沿線に所在する駅。

絶景秘境駅として有名です。

残念ながら普通列車でしか行けませんが、一度は立ち寄っておいて損はない場所ですよ。

体験レポートはこちら

【口コミ・評判】リゾートしらかみに実際に乗車した人の感想は?

Twitter

YouTube

リゾートしらかみの評判を調べてみたところ、車窓の景色がかなり好評だということがわかりました。

僕自身もリゾートしらかみには何度か乗ってますが、鉄道旅にかなりおすすめの路線ですね。

【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説|まとめ

以上、今回は「【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説」という内容でお届けしました。

東北で鉄道旅をするなら、まずリゾートしらかみに乗ってみるのがおすすめですよ。

これまで東北各地を旅してきた僕ですが、中でも特におすすめしたいのがこの列車です。

車窓から見える日本海の景色が本当に素晴らしく、一度見たら忘れられません…

なか
なか
東北で鉄道旅行をする際は、ぜひぜひ!
リゾートしらかみの旅行記はこちら
深浦駅出発前のリゾートしらかみ
【乗車レポ】リゾートしらかみ5号くまげら編成で行く秋田・青森の旅!車内の様子や見どころを紹介当ブログ「東北旅びより」では、リゾートしらかみくまげら編成の乗車レポートをお届けします。座席表や車内の様子、車窓の見どころなども紹介しているので、今度の旅行の参考にしてみてくださいね。...
五能線の旅行記はこちら
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光五能線キハ40系に乗車して、東能代駅から途中下車しながら弘前駅まで行きました。東北屈指の絶景路線なだけあり、車窓の景色が抜群で見どころ満載。観光地も多く、一人旅にうってつけのローカル線です。...
深浦駅に停車中の五能線GV-E400系
【GV-E400系 車内レポ】五能線で運用中の新型車両に乗ってきたJR東日本の新型気動車「GV-E400系」に乗車しました。現在は新潟と五能線でのみの運行ですが、2021年3月からは秋田・青森のキハ40系の置き換えとして導入される予定。ここでは車内の様子や運用時刻表、評判などお届けします。...
周辺のおすすめローカル線
【特急いなほグリーン車 乗車記】驚愕!豪華すぎると噂の快適車両に乗ってきた
【特急いなほグリーン車 乗車記】驚愕!豪華すぎると噂の快適車両に乗ってきた特急いなほ7号のグリーン車に乗車し、新潟駅から秋田駅へ。充電コンセント付き・広々とした座席・海が見える車窓という豪華設備の車内。特に最前列はおすすめです。酒田・鶴岡や秋田での観光のお供にぜひ!...
【特急つがるグリーン車 乗車レポ】これは快適!奥羽本線秋田~青森を結ぶローカルトレイン
【特急つがるグリーン車 乗車レポ】これは快適!奥羽本線秋田~青森を結ぶローカルトレイン奥羽本線の秋田駅~青森駅間で運行する特急列車、つがる号のグリーン車に乗車。寂しい特急と言われてますが、実際に乗るととても快適。ここでは乗車レポートの他、座席表、料金、停車駅、時刻表も紹介します。...
津軽鉄道の普通列車
【津軽鉄道ストーブ列車 旅行ブログ】冬の風物詩!身も心も温まる昭和の汽車旅青森県を走る日本最北の私鉄、津軽鉄道のストーブ列車に乗車してきました。昔懐かしい汽車旅ができるおすすめの路線。当ブログ「東北旅びより」では、ストーブ列車の運行期間・時刻表・料金も合わせて紹介します。...
八戸線キハE130系
【八戸線 旅行記】海が見えるローカル線に乗って沿線を観光どうも、筆者のなか(@naka_travel)です! ここでは八戸線 八戸駅~久慈駅の乗車レポートをお届けしていきます。 八...
青春18きっぷ旅行の参考に
青春18きっぷ完全攻略ガイド|使い方から裏技まで徹底解説
【初心者向け】青春18きっぷ攻略ガイド|使い方から裏ワザまで徹底解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷの発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記など、基礎から裏ワザまで解説します。...
【東北】青春18きっぷモデルルート!沿線の観光名所・グルメも丸ごと教えちゃいます!
【東北】青春18きっぷモデルルート!沿線の観光名所・グルメも丸ごと教えちゃいます!当ブログ「東北旅びより」では、筆者の体験をもとにした青春18きっぷ東北旅行のおすすめコースを紹介していきます。旅程や費用に加え、各旅行先での注意点なども紹介していくので、参考にしてみてください。...
【東北】青春18きっぷグルメ旅行におすすめ!途中下車して行きたいお店まとめ
【東北】青春18きっぷグルメ旅行におすすめ!途中下車して行きたいお店まとめ当ブログ「東北旅びより」では、東北各地で鉄道一人旅をしてきた筆者が、青春18きっぷ旅行で立ち寄りたいおすすめグルメを紹介していきます。グルメ旅をお考えの際に、ぜひ参考にしていただければと思います。...
【東北】駅近で楽しめる!青春18きっぷで行きたい日帰り温泉まとめ
【東北】駅近で楽しめる!青春18きっぷで行きたい日帰り温泉まとめ当ブログ「東北旅びより」では、青春18きっぷ旅行や一人旅におすすめしたい、駅から近い東北の温泉を9つ紹介していきます。どこも駅から5分以内の好立地。日帰りでの利用におすすめです。...
ABOUT ME
なか
鉄道一人旅をこよなく愛する20代。学生時代の東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報やお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー