旅行記

【乗車レポ】リゾートしらかみ5号くまげら編成で行く秋田・青森の旅!車内の様子や見どころを紹介

深浦駅出発前のリゾートしらかみ

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

青春18きっぷを利用し、五能線の観光列車リゾートしらかみのくまげら編成に乗って秋田駅から青森駅まで向かいました。

リゾートしらかみリゾートしらかみは、秋田駅~青森駅間を五能線経由で結ぶ観光列車。

約80kmに渡り、日本海の絶景を楽しめるのが魅力の列車です。

これまでに様々な東北の観光列車に乗ってきた筆者ですが、中でも特におすすめしたいのがリゾートしらかみ。

なか
なか
東北に来るなら、一度は乗っておきたい列車!超おすすめ!
リゾートしらかみの編成
  • 橅(ぶな)編成
  • 青池編成
  • くまげら編成

中でもくまげら編成は、以上の3種類のリゾートしらかみの中で最も古い列車。

唯一、キハ40系をベースに作られている車両です。

会津若松駅に停車中の磐越西線こちらがキハ40系。

今もなお、絶大な人気を誇る国鉄時代の車両のひとつです。

なか
なか
キハ40系に乗れる路線は少なくなってるから、貴重だね!

キハ40系は各地で置き換えラッシュが続いているので、乗車するなら今がチャンスかもしれません。

五能線の車窓から見える夕日
夕方の千畳敷海岸

これまでに東北各地のローカル線で旅をしてきましたが、中でも五能線の車窓は必見。

なか
なか
秋田、青森での観光のお供にぜひ!

当ブログ「東北旅びより」では、以下の内容を紹介していきます。

  • 五能線とはどんなローカル線?
  • リゾートしらかみくまげら編成の車内、座席表
  • 五能線沿線の見どころ
  • リゾートしらかみくまげら編成の乗車レポート

ぜひ参考にしてみてくださいね。

五能線・リゾートしらかみとは?

東能代駅に停車中の五能線五能線は川部駅(青森県)~東能代駅(秋田県)の約147kmを結ぶ路線。

海沿いを走る路線なので、車窓からは日本海の絶景を眺めることができます。

また五能線沿線の驫木(とどろき)は、その景色の良さから青春18きっぷのポスターに選出されたこともあるんです。

ローカル線の旅情を存分に味わえる路線なので、おすすめですよ。

五能線 普通列車の旅行記はこちら
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光五能線キハ40系に乗車して、東能代駅から途中下車しながら弘前駅まで行きました。東北屈指の絶景路線なだけあり、車窓の景色が抜群で見どころ満載。観光地も多く、一人旅にうってつけのローカル線です。...

リゾートしらかみ五能線の車窓の景色を楽しむなら「リゾートしらかみ」という観光列車に乗るのがおすすめです。

秋田駅~弘前駅~青森駅間を五能線、奥羽本線経由で運行しており、1日3往復、ほぼ毎日の運転。

途中駅で数十分停車したり、車内イベントを開催している列車もあります。

五能線沿線の観光にはピッタリの列車ですよ。

リゾートしらかみの料金や乗り方はこちら
【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説
【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説当ブログ「東北旅びより」では、秋田~青森を走る観光列車「リゾートしらかみ」について、これから乗る人向けに運転日や時刻、料金などの基礎情報から旅行記など詳しくお届けします。...

【乗車レポ】リゾートしらかみ5号くまげら編成で行く秋田・青森の旅!車内の様子や見どころを紹介

秋田駅からリゾートしらかみ5号くまげら編成に乗車

秋田駅の外観出発地は秋田駅。

秋田県秋田市の代表駅で、秋田新幹線、奥羽本線、男鹿線、羽越本線が乗り入れています。

ここからリゾートしらかみ5号に乗車していきます。

リゾートしらかみ出発の20分前でしたが、すでにホームに入線していました。

リゾートしらかみのくまげら編成今回乗るのは、リゾートしらかみのくまげら編成というタイプの車両。

  • 橅(ぶな)編成
  • 青池編成
  • くまげら編成

リゾートしらかみには、上記の3つの編成があります。

くまげら編成は3編成の中で最も古い車両。

唯一、国鉄車両キハ40系を元に作られた車両でもあります。

なか
なか
キハ40系は置き換えラッシュが続いてるし、貴重だね!

リゾートしらかみ くまげら編成の車内

  • 1号車:リクライニング席、展望室、イベントスペース
  • 2号車:ボックス席
  • 3号車:リクライニング席 ※橅(ぶな)編成だけ車内販売あり
  • 4号車:リクライニング席、展望室、イベントスペース

リゾートしらかみの車内は以上のようになっています。

順番に詳しく見ていきましょう。

1・3・4号車:普通車指定席

リゾートしらかみの車内1、3、4号車はこんな感じ。

特急や新幹線のような座席の配置で、全座席がリクライニングシート。

リゾートしらかみは全車指定席なので、席ごとに番号が割り振られています。

なか
なか
指定席券の料金は530円だよ!

日本海側からA席、B席、C席となり、山側がD席です。

海側に座りたい人はA席を取るのがおすすめですよ。

リゾートしらかみのリクライニング席各座席に飲食用のテーブルがついています。

駅弁などを食べる際に便利ですね。

(ぶな)編成では飲食物の車内販売がありますが、青池編成、くまげら編成には車内販売はありません。

事前に駅で購入しておくことをおすすめします。

座席の足回り座席の足周りには十分なスペースがあります。

足を組んだりしても余裕の広さでした。

窓の大きさ荷物台があるので、スーツケースなどの大きな荷物があっても邪魔にはなりません。

そして注目すべきは窓の大きさ。

観光列車というだけあって、窓がとにかく大きめ。

他の車両と比べてもダントツの大きさで、沿線の風景もかなり見やすいです。

座席の肘回り
肘回りのテーブル

肘掛けからはミニテーブルを出すことも可能です。

2号車:ボックス座席

リゾートしらかみのボックス座席2号車はこんな感じ。

1、3、4号車のリクライニング席とは違い、4人掛けのボックス座席になっています。

どの席も海側に配置されているのが特徴ですね。

なか
なか
個室みたいですごい…!

ボックス座席は、フルフラットにして利用することも可能。

非日常を味わえるので、とてもおすすめです。

ちなみにボックス座席の場合も、リクライニング席と同じく指定席料金は530円となります。

1人での利用も可能ですが、3人以下の利用だと相席になる可能性もあるのでご注意を!

1・4号車端部:展望室・イベントスペース

リゾートしらかみの展望室展望室、イベントスペースはこんな感じ。

車両の両端がこのようになっており、イベントが開催されるときはここで開催されます。

秋田駅~東能代駅は奥羽本線を走行

秋田駅出発後のリゾートしらかみの車窓リゾートしらかみ5号は青森駅へ向けて定刻通り出発。

東能代駅までは奥羽本線を走行します。

奥羽本線は内陸部を走る路線なので、まだ海は見えません。

ひたすら住宅街と平野が広がっています。

東能代駅の駅名標そして秋田駅出発から約1時間、東能代駅に到着しました。

東能代駅からは列車の進行方向が変わるので、座席を回転させる必要があります。

7分ほど停車時間があるので、発車までの間に座席を回転させてしまいましょう。

なか
なか
東能代駅からはいよいよ五能線区間だよ!

東能代駅から五能線の区間へ

東能代駅を出発した五能線の車窓定刻通りに東能代駅を発車したリゾートしらかみ5号。

エンジンをうならせながら軽快に走っていきます。

あきた白神駅東能代駅から約40分、列車はあきた白神駅に到着しました。

ハタハタ館の入口あきた白神駅から道路を挟んで向かい側には、八森いさりび温泉ハタハタ館という温泉施設があります。

なか
なか
日帰り利用はなんと500円!リーズナブル~!

あきた白神駅は、リゾートしらかみも停車する駅。

観光がてら立ち寄るのもおすすめですし、こちらに宿泊して旅行を楽しむのもアリかと思います。

八森いさりび温泉ハタハタ館のレポートはこちら
ハタハタ館の入口
【八森いさりび温泉ハタハタ館】秋田の海が見える温泉で日帰り入浴秋田県山本郡八峰町の「八森いさりび温泉ハタハタ館」で日帰り入浴をしてきました。五能線のあきた白神駅から徒歩3分ですし、リゾートしらかみも停車するので、鉄道旅がてら立ち寄るのもおすすめです。...

岩館駅を過ぎると日本海の絶景区間へ

岩舘駅を過ぎたあたりの車窓東能代駅から岩館駅付近に差し掛かると、いよいよ絶景区間に突入です。

ここから約80kmの区間は、日本海の景色を楽しめる区間。

なか
なか
こりゃいい写真が撮れそうだ~!!

ウェスパ椿山駅秋田駅から約2時間、リゾートしらかみはウェスパ椿山駅に到着。

ウェスパ椿山駅からは、海辺の露天風呂で有名な黄金崎不老ふ死温泉への送迎バスが出ています。

リゾートしらかみ利用者は予約不要で乗れるので、とてもおすすめです。

なか
なか
すっごくいい温泉だから、一度は行ってみてほしい!!
黄金崎不老ふ死温泉のレポートはこちら
黄金崎不老ふ死温泉の撮影スポット
【日帰りブログ】黄金崎不老ふ死温泉|海辺の露天風呂は一度は入るべき名湯!青森県の深浦町にある黄金崎不老ふ死温泉で、日帰り入浴をしてきました。海辺の露天風呂は特にイチオシ。当ブログ「東北旅びより」では感想に加え、日帰り温泉の営業時間やアクセス・評判などをお届けします。...

深浦駅の駅名標秋田駅出発から約2時間…深浦駅に到着しました。

この駅では20分ほどの停車時間があるので、少し駅周辺を散歩してみることにしましょう。

深浦駅前の海岸深浦駅を出ると目の前には海岸がありました。

本来なら夕日がいい感じに見れる時刻なんですが、この日は運悪く天候に恵まれず…残念。

深浦の夕日ちなみに晴れていると、こんな感じ。

深浦町は、夕日のきれいな街としても有名な場所。

中でも深浦町から鯵ヶ沢町にかけての海岸線は「夕陽海岸」と名付けられており、景色のいいドライブコースとしても知られています。

深浦駅前のスーパーちなみに深浦駅前にはスーパーがあります。

リゾートしらかみ(ぶな)編成以外は車内販売がないので、食料や飲み物を買うならここがおすすめですね。

逆に出発の時点で飲食物がないと、深浦駅までの2時間はひたすら耐えなければいけません…ご注意を…

なお深浦駅以降はコンビニやスーパーなどの施設はしばらくないので、不安な時はここで買っておくことをおすすめします。

千畳敷駅の駅名標深浦駅から約30分、千畳敷駅に到着です。

ここでも途中下車できるようなので、少し外へ出てみることにしましょう。

千畳敷駅では15分間停車し、出発の3分前には汽笛でお知らせしてくれます。

千畳敷海岸千畳敷駅の目の前には、千畳敷海岸という観光名所があります。

実は地面に見える岩のようなもの、すべて火山活動や地震によって隆起した断面なんだそうです。

なか
なか
おそるべし、自然の力。

それを見て珍しがった殿様が、千畳の畳を敷いて宴会を開いたことから「千畳敷」と名付けたのだとか。

リゾートしらかみの2号と5号のみが、千畳敷駅に停車します。

鯵ヶ沢駅を過ぎると内陸部へ

白神山地を抜けたリゾートしらかみ鯵ヶ沢(あじがさわ)駅を出発してしばらくすると、車窓には白神山地が見えてきます。

抜けるのに3時間もかかるとは…

さすが世界自然遺産にも指定されているだけありますね…

ここで長かった日本海の風景ともお別れ。列車は津軽平野を突き進んでいきます。

五所川原駅鯵ヶ沢駅から約30分、五所川原駅に到着。

五所川原駅からは、日本最北の私鉄として知られる津軽鉄道が発着しています。

青春18きっぷ旅行がてら乗車していく観光客も意外といますし、機会があれば乗車してみるのもいいですね。

なか
なか
津軽鉄道はまじで一度乗ってみてほしい!超おすすめ!
津軽鉄道の旅行記はこちら
津軽鉄道の普通列車
【津軽鉄道ストーブ列車 旅行ブログ】冬の風物詩!身も心も温まる昭和の汽車旅青森県を走る日本最北の私鉄、津軽鉄道のストーブ列車に乗車してきました。昔懐かしい汽車旅ができるおすすめの路線。当ブログ「東北旅びより」では、ストーブ列車の運行期間・時刻表・料金も合わせて紹介します。...

川部駅秋田駅出発から約5時間、五能線の終点でもある川部駅に到着です。

ここからは進行方向を変えて、奥羽本線内を走行します。

なか
なか
川部駅では5、6分停車するよ!

弘前駅の駅名標川部駅から約10分、弘前駅に到着です。

ここではまたもや進行方向が変わります。

弘前駅を出発すると、終点の青森駅はすぐそこですね。

青森駅に到着

青森駅の外観そして秋田駅出発から約5時間半、ついに終点の青森駅に到着しました。

秋田駅を出た時はあんなに明るかったのに…

すっかり暗くなってしまいました。

5時間半もひとつの列車に乗っている体験は新鮮でしたし、車窓の眺めも終始良くて最高でしたね…

また乗りに来ようと思います。

【乗車レポ】リゾートしらかみ5号くまげら編成で行く秋田・青森の旅!車内の様子や見どころを紹介|まとめ

以上、今回は「【乗車レポ】リゾートしらかみ5号くまげら編成で行く秋田・青森の旅!車内の様子や見どころを紹介」という内容でお届けしました。

これまでに様々な東北の観光列車に乗車してきましたが、リゾートしらかみは本当におすすめですね。

東北で鉄道旅をするなら一度は乗っておきたい列車です。

なか
なか
東北で鉄道旅行するなら、一度は乗ってほしい!ぜひぜひ!
五能線 普通列車の旅行記はこちら
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光五能線キハ40系に乗車して、東能代駅から途中下車しながら弘前駅まで行きました。東北屈指の絶景路線なだけあり、車窓の景色が抜群で見どころ満載。観光地も多く、一人旅にうってつけのローカル線です。...
リゾートしらかみの料金や乗り方はこちら
【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説
【初心者向け】リゾートしらかみの料金や時刻表、予約方法など解説当ブログ「東北旅びより」では、秋田~青森を走る観光列車「リゾートしらかみ」について、これから乗る人向けに運転日や時刻、料金などの基礎情報から旅行記など詳しくお届けします。...
周辺のおすすめローカル線
【特急いなほグリーン車 乗車記】驚愕!豪華すぎると噂の快適車両に乗ってきた
【特急いなほグリーン車 乗車記】驚愕!豪華すぎると噂の快適車両に乗ってきた特急いなほ7号のグリーン車に乗車し、新潟駅から秋田駅へ。充電コンセント付き・広々とした座席・海が見える車窓という豪華設備の車内。特に最前列はおすすめです。酒田・鶴岡や秋田での観光のお供にぜひ!...
【特急つがるグリーン車 乗車レポ】これは快適!奥羽本線秋田~青森を結ぶローカルトレイン
【特急つがるグリーン車 乗車レポ】これは快適!奥羽本線秋田~青森を結ぶローカルトレイン奥羽本線の秋田駅~青森駅間で運行する特急列車、つがる号のグリーン車に乗車。寂しい特急と言われてますが、実際に乗るととても快適。ここでは乗車レポートの他、座席表、料金、停車駅、時刻表も紹介します。...
八戸線キハE130系
【八戸線 旅行記】海が見えるローカル線に乗って沿線を観光どうも、筆者のなか(@naka_travel)です! ここでは八戸線 八戸駅~久慈駅の乗車レポートをお届けしていきます。 八...
津軽鉄道の普通列車
【津軽鉄道ストーブ列車 旅行ブログ】冬の風物詩!身も心も温まる昭和の汽車旅青森県を走る日本最北の私鉄、津軽鉄道のストーブ列車に乗車してきました。昔懐かしい汽車旅ができるおすすめの路線。当ブログ「東北旅びより」では、ストーブ列車の運行期間・時刻表・料金も合わせて紹介します。...
ABOUT ME
なか
鉄道一人旅をこよなく愛する20代。学生時代の東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報やお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー