ローカル線・バス乗車記

【津軽鉄道ストーブ列車 旅行ブログ】冬の風物詩!身も心も温まる昭和の汽車旅

津軽鉄道の普通列車

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

青森県を走る日本最北の私鉄、津軽鉄道のストーブ列車の乗車レポートをお届けします。

津軽鉄道は、津軽五所川原駅と津軽中里駅の約20kmを結ぶローカル線。

夏や秋には風鈴列車、鈴虫列車が走ることで知られる路線ですが、中でも特に人気なのが冬のストーブ列車

なか
なか
毎年冬になると、観光客でいっぱいになるくらい大人気なんだって…!
ストーブ列車の車内
ストーブ列車のストーブ

昔懐かしい客車に乗って、駅員さんや販売員さんと他愛のない会話をしたり、のんびり車窓を眺めたり…

そんな旅情を感じられるローカル線って、全国を見てもそう多くはありません。

鉄道ファンはもちろん、旅行者にもかなりおすすめできる路線です。

なか
なか
青春18きっぷ旅行のついでに乗る人も意外といるし、ぜひぜひ!

当ブログ「東北旅びより」では、以下の内容を紹介していきます。

  • 津軽鉄道 ストーブ列車の運転期間・時刻表・停車駅・料金について
  • 津軽鉄道の乗り方、最寄り駅までの行き方
  • 津軽鉄道沿線の宿泊情報

ぜひ参考にしてみてくださいね。

津軽鉄道・ストーブ列車とは?

津軽鉄道の普通列車津軽鉄道は、津軽五所川原駅と津軽中里駅の20.7kmを結ぶ鉄道路線。

日本最北の私鉄としても有名です。

なか
なか
地元では津鉄(つてつ)の愛称で親しまれてるよ!


津軽鉄道は、田園風景など基本的にのどかな車窓が続くローカル線。

朝の通学時間帯や、芦野公園で毎年春に開催される「金木桜まつり」の時期を除いて、大半は津軽21形気動車1両によるワンマン運転を実施しています。

ストーブ列車の車両夏の風鈴列車や、秋の鈴虫列車はもちろんですが、中でも特に人気なのが冬のストーブ列車です。

1930年12月に運行開始したストーブ列車は、一時は戦時中の物資不足により休止したものの、1947年に運行再開。

それ以来、70年以上沿線で活躍しています。

なか
なか
毎年冬は観光客ですごくいっぱいになるんだって…!

冬以外にも「金木桜まつり」の時期に合わせてストーブ列車を運行したり、真夏のストーブ列車として夏に運行することもあるのだそう。

ストーブ列車の車内
ストーブ列車のストーブ

レトロな車内、津軽弁のアテンダントさんの沿線案内など、ここでしかできない体験が盛り沢山。

「これぞ昭和の汽車旅!」と思わせてくれるような旅情が、ここにはあります。

津軽鉄道 ストーブ列車の運転期間・時刻表・停車駅・料金

運転期間

運転期間12月1日~翌年3月31日

津軽鉄道のストーブ列車は、1日3往復の運転。

該当の時間帯以外は、すべて通常列車での運行となっています。

12月中のみ、ストーブ列車の運転日は平日2往復、土日3往復となります。

※12月1日は、土日の場合でも2往復の運転です。

※12月30日~3月末までは、毎日3往復の運転となります。

時刻表・停車駅

津軽五所川原駅発

津軽五所川原十川五農校前津軽飯詰毘沙門嘉瀬金木芦野公園川倉大沢内深郷田津軽中里
9:359:389:439:469:5610:01着
10:05発
10:0810:1410:20
11:5011:5311:5812:0112:1112:16着
12:20発
12:2312:2912:35
14:4814:5114:5614:5915:0915:14着
15:17発
15:2115:2715:33

津軽中里駅発

津軽中里深郷田大沢内川倉芦野公園金木嘉瀬毘沙門津軽飯詰五農校前十川津軽五所川原
10:4810:5310:5911:02着
11:06発
11:1111:2011:2311:2811:32
13:3713:4313:4913:52着
13:56発
14:0114:1014:1314:1814:22
15:5416:0016:0616:09着
16:12発
16:1716:2616:2916:3416:38

料金

乗車券津軽五所川原~金木:560円
津軽五所川原~津軽中里:870円
ストーブ列車券500円

※ストーブ列車は全車自由席の列車なので、予約はできません。

※ストーブ列車は、津軽フリーパスでは乗車できません。別途、普通乗車券+ストーブ列車券が必要となります。

【行き方・乗り方】津軽五所川原駅までのアクセス方法

東京駅から

東京駅~(東北新幹線)~新青森駅~(奥羽本線)~弘前駅~(五能線)~五所川原駅~(徒歩)~津軽五所川原駅

札幌駅から

札幌駅~(特急)~新函館北斗駅~(北海道新幹線)~新青森駅~(奥羽本線)~弘前駅~(五能線)~五所川原駅~(徒歩)~津軽五所川原駅

期間限定のお先にトクだ値スペシャルを使えば、東北新幹線や北海道新幹線に50%OFFで乗れます。

青春18きっぷ北海道&東日本パスと組み合わせて使うのもおすすめです。

お先にトクだ値スペシャルの買い方・使い方
お先にトクだ値スペシャルで東北の全新幹線・特急が半額!?
お先にトクだ値スペシャルで東北の新幹線・特急が半額に!予約方法や注意点を解説お先にトクだ値スペシャルの2020・2021年版の情報が発表されました。東北新幹線、山形・秋田新幹線や特急に半額で乗れるチャンスです。ここでは対象列車や発売期間、利用期間、買い方、注意点など解説します。...

【ホテル・旅館】津軽鉄道沿線の宿泊情報

津軽鉄道沿線だと、津軽五所川原駅周辺が宿泊地として一番便利な印象です。

なか
なか
津軽五所川原駅周辺にはホテル、コンビニもちゃんとあるよ!

ちなみに津軽五所川原駅から一番近いホテルは、ホテルサンルート五所川原

その他の沿線の宿泊情報も以下にまとめたので、合わせて参考にしてみてください。

周辺の宿泊情報はこちらから

楽天トラベルで探す
青森・浅虫温泉 / 弘前・黒石 / 津軽半島・五所川原

じゃらんnetで探す
青森 / 弘前 / 津軽半島

【津軽鉄道ストーブ列車 旅行ブログ】冬の風物詩!身も心も温まる昭和の汽車旅

弘前駅から五能線に乗車して五所川原駅へ

弘前駅の駅舎前日に天然温泉 岩木桜の湯 ドーミーイン弘前で宿泊し、弘前駅へとやってきた筆者。

津軽鉄道に乗車するため、まずは五能線に乗車して五所川原駅へと向かいます。

弘前駅から五所川原駅までは、約40分の道のりです。

弘前駅に到着した五能線
弘前駅に停車中の五能線GV-E400系

弘前駅に停車する新旧五能線。

2021年3月13日からは、国鉄車両キハ40系に代わり、新型車両のGV-E400系が運用につくことになりました。

なか
なか
新型車両もカッコいいね!

五能線は、一度は乗りたいローカル線として全国的に有名な路線。

津軽鉄道での旅行とセットで楽しむのもいいかと思います。

五能線の旅行記はこちら
東能代駅に停車中の五能線
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光五能線キハ40系に乗車して、東能代駅から途中下車しながら弘前駅まで行きました。東北屈指の絶景路線なだけあり、車窓の景色が抜群で見どころ満載。観光地も多く、一人旅にうってつけのローカル線です。...

五所川原駅弘前駅から約40分、列車は五所川原駅に到着。

国鉄時代を彷彿とさせるような、横長の駅舎が特徴的です。

なか
なか
レンガ調のオシャレな駅舎!いいね!

2013年に開催された秋田デスティネーションキャンペーンに合わせて、五所川原駅は外観がリニューアルされました。

津軽五所川原駅からストーブ列車に乗車

津軽五所川原駅津軽五所川原駅があるのは、JR五所川原駅のすぐ隣。

JRの五所川原駅に対し、津軽鉄道の五所川原駅はコンパクトでかわいらしい印象です。

津軽五所川原駅の待合室
ストーブ列車の時刻表

昭和の雰囲気が漂う、津軽五所川原駅の待合室。

なか
なか
いい味出てる~~最高~~~!

JRと共同使用しているのは跨線橋くらいで、ホームと駅舎は別々で使っているようです。

津軽五所川原駅の売店待合室内には売店も。

列車のストーブで焼く用のスルメを始め、ご当地のお菓子やジュース、津軽鉄道関連のグッズなども販売されていました。

なか
なか
スルメはストーブ列車の中でも買えるよ!
硬券の乗車券とストーブ券
乗車券(津軽五所川原駅~津軽中里) 870円
ストーブ列車券 500円

窓口で乗車券とストーブ列車券を購入。

なか
なか
切符がまさかの硬券!?!?

そうです。あのパッチンってするやつです。

まさか令和の時代になっても、これを見れるとは。

全国を見ても、硬券が現役な場所ってなかなか無いんじゃないでしょうか?

ストーブ列車に乗車する場合、津軽フリーパスは使えません。

別途、乗車券とストーブ列車券を購入する必要があります。

ストーブ列車の車内

津軽鉄道の普通列車ストーブ列車の客車を牽引(けんいん)するのは、津軽21形気動車という車両。

津軽鉄道の普通列車として使われている車両です。

元々はDD350形というディーゼル機関車が牽引(けんいん)していたんですが、現在は故障により運休しているそう。

なか
なか
走れメロスって書いてある!

「走れメロス」の作者である太宰治は、津軽鉄道沿線出身の作家。

それにちなんで、列車にも「走れメロス」の愛称がつけられています。

ストーブ列車の車両こちらがストーブ列車の客車。

ダルマストーブのヘッドマークが特徴的です。

ストーブ列車の車内
ストーブ列車の座席

ストーブ列車の車内は、昔ながらの4人掛けボックスシート。

ストーブ列車のストーブ車両端部の対角線上にダルマストーブが2台。

ストーブ列車のアテンダントさんが、このストーブでスルメを焼いてくれます。

なか
なか
ダルマストーブなんてすっっっごい久々に見たよ…!

これが逆に旅情をそそりますね。昭和初期って感じがして。

車両上部の網棚がその文字の通り「網を使った棚」になっているのも最高です。

昔は当たり前だったんでしょうけど、今じゃほとんど見れないですからね。

なか
なか
これぞ汽車旅って感じ…!テンション上がる~~!

本来なら観光客でいっぱいになるそうなんですが、乗客は筆者を合わせて10人ちょっと。

このご時世ですし仕方ないとは分かってるものの、やっぱり寂しいです。

ストーブ列車のサイドボード今回乗車したストーブ列車の車両は、オハ46形というもの。

1954年~1955年に製造された車両で、かつては国鉄の客車として使用されていました。

1983年に津軽鉄道に譲渡されたオハ46形は、ストーブ列車の客車としては4代目になるのだそう。

なか
なか
もう70年近く使われてる客車ってすごくない!?

その他の客車として、同じく1983年に国鉄から譲渡されたオハフ33形というものあります。

オハフ33形は1948年に製造された車両なので、つまりもう70年以上走り続けているわけですね。

すごいですよ、ほんとに。まさに走る奇跡。

栓抜きの案内
なか
なか
栓抜き!?!?すげえ!!!

今じゃすっかり列車内で見れなくなった、栓抜きのプレートも。

「昔の人は駅で飲み物を買って、この栓抜きを使ってたんだろうなあ~」とか、そんな想像を膨らませながら車両を見て回るのも楽しいです。すごく。

なか
なか
乗ってるだけでもめちゃくちゃ楽しい!!

1930年11月に全線開業し、同年の12月から運行開始した津軽鉄道のストーブ列車。

1944年~1946年の間は戦時中の物資不足により運休となったものの、1947年からは運行再開。

2020年11月13日には、全線開業90周年を迎えました。

しかし100周年を前に、この状況…冬は観光客でいっぱいになるはずのストーブ列車も、乗客が少ない状態が続いているそう。

なか
なか
ただでさえ経営状況が厳しいだろうに…正直キツいだろうな…

この古き良き文化が残る路線がどうか、後世まで残ってほしい…そう願うばかりです。

津軽五所川原駅を出発

津軽五所川原駅を出発したストーブ列車の車窓内心興奮しっぱなしの筆者を乗せ、定刻通りにストーブ列車は津軽五所川原駅を発車。

五所川原市の市街地を後にし、雪景色が広がる平野の中を進みます。

ストーブ列車で購入したスルメ
スルメ 500円

車内販売のワゴンが回ってきたので、スルメを購入。

なか
なか
ストーブ列車といったら、やっぱりこれだよね~!

ストーブで焼いてもらったスルメアテンダントさんにストーブで焼いていただきました。

旅情溢れる車内で津軽平野の雪景色を眺めながら、ストーブで焼いたスルメを食べる…なんて贅沢な時間。

これぞストーブ列車って感じですね。最高です。

なか
なか
ストーブで焼いたスルメはやっぱりうまいねえ~!

香取慎吾さんがペイントした嘉瀬駅の列車津軽五所川原駅から約15分、ストーブ列車は嘉瀬駅に到着。

嘉瀬駅には、元SMAPの香取慎吾さんが「SMAP×SMAP」の番組企画「夢のキャンバス鉄道」にてペインティングした車両があります。

夢のキャンバス号は、2000年の運行終了後も屋外に展示されていたものの、雨や雪の影響で次第に劣化…絵は色褪せ、車体には錆びが目立つように。

そんな中、津軽鉄道のアテンダントさんが番組宛てに

アテンダントさん
アテンダントさん
なんとかキャンバス列車を直していただきたい!そして皆のシンボルを甦らせてほしい!

という旨の手紙を送ったのだそう。

その思いに応えようと、20年後の2017年に「おじゃMAP!!」のロケで再び香取慎吾さんらが来訪。

夢のキャンバス号は修復され、現在に至ります。

なか
なか
20年ぶりの復刻ロケとか超感動…!!

余談ですが、嘉瀬駅周辺は吉幾三さんの地元でもあるんだそう。

金木駅嘉瀬駅の隣駅、金木駅に到着。

金木駅は、沿線では数少ない有人駅のひとつ。

太宰治の生家「斜陽館」の最寄り駅でもあります。

なか
なか
観光で途中下車する人もけっこういるよ!

津軽森林鉄道の廃線跡を活用した用水路川倉駅を過ぎると、車窓からは用水路が見えてきました。

アテンダントさんの話によると、元々は津軽森林鉄道が走っていた場所なんだそう。

現在は廃線跡を用水路に整備して活用しているようです。

なか
なか
廃線跡を用水路にするってすごいな!

津軽中里駅から折り返しのストーブ列車で芦野公園駅へ

津軽中里駅津軽五所川原駅から45分、ストーブ列車は終点の津軽中里駅に到着。

日本最北の私鉄の案内日本最北の私鉄、津軽鉄道。

津軽中里駅は津軽鉄道の終着駅なので、日本最北の私鉄駅というわけです。

なか
なか
確かによくよく考えれば、北海道ってJRばかりだったかも…?

道南いさりび鉄道はJRではないですけど、第三セクターの鉄道路線ですし。

首都圏ならまだしも、青森の津軽半島でこの時代まで私鉄が残ってるって…ある意味すごいことなんじゃないかと思います。

津軽中里駅の待合室
津軽中里駅内の食事スペース

津軽中里駅内には、待合室と食事スペースがありました。

駅内で待つ分には特に困らなさそうです。

津軽鉄道の普通列車当駅からはまた折り返しのストーブ列車に乗車し、途中の芦野公園駅にて下車したいと思います。

ストーブ列車石炭クッキー
ストーブ列車石炭クッキー 400円

出発まで時間があったので、車内販売で石炭クッキーを購入。

マジな石炭かと思ってしまうくらい真っ黒ですが、その正体はブラックココア。

ほんのりビターな味わいで美味しいです。

なか
なか
スルメとセットで買ってほしい!これはおすすめ!

ストーブ列車石炭クッキーは、五所川原駅前のコミュニティカフェ「でる・そーれ」のスタッフの手作りなんだそうです。

芦野公園駅の旧駅舎を使ったカフェ 喫茶店駅舎

芦野公園駅の駅名標津軽中里駅から約10分、ストーブ列車は芦野公園駅に到着。

芦野公園駅のホームにある喫茶店駅舎の看板と入口芦野公園駅で途中下車して立ち寄ったのは、ここ喫茶店駅舎

なか
なか
メディアにも取り上げられるくらい、有名なお店なんだよ!

喫茶店駅舎の入口赤い屋根が特徴的な喫茶店駅舎

旧芦野公園の駅舎をリニューアルして使っているんだそう。

なか
なか
昔の駅舎を使ったカフェ!?ロマンチック~!!

次の列車まで1時間以上ありますし、喫茶店駅舎でランチをとることにします。

喫茶店駅舎のレポートはこちら
【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!
【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!青森県五所川原市「喫茶店駅舎」に行ってきました。旧芦野公園駅の駅舎を使ったノスタルジックなカフェ。現在の芦野公園駅に隣接したお店なので、津軽鉄道での観光におすすめのお店です。...

芦野公園駅から普通列車で津軽五所川原駅へ

芦野公園駅喫茶店駅舎を後にし、芦野公園駅に戻ってきた筆者。

ここからは津軽鉄道の普通列車に乗車し、津軽五所川原駅まで戻りたいと思います。

大人の休日俱楽部のポスター芦野公園駅は、JR東日本の「大人の休日倶楽部」のポスター撮影で吉永小百合さんが立った場所でもあります。

芦野公園は桜の名所。春になったら再訪したいです。

津軽鉄道の普通列車の車内津軽鉄道の普通列車の車内。

どことなく秋田内陸線の車内と似ているような気がします。

津軽五所川原駅の駅名標芦野公園駅から約30分、終点の津軽五所川原駅に到着。

なか
なか
津軽鉄道、最高のローカル線だった…

昔は沿線住民の足として使われていたストーブ列車も、今ではすっかり観光列車に。

時代は変わっても、貴重な車両が今も走り続けていてくれるというのがとても嬉しいです。

津軽鉄道は、昔懐かしい汽車旅を体験できる数少ないローカル線。

五能線での観光とセットで楽しむのもアリかと思います。

【津軽鉄道ストーブ列車 旅行ブログ】冬の風物詩!身も心も温まる昭和の汽車旅|まとめ

以上、今回は「【津軽鉄道ストーブ列車 旅行ブログ】冬の風物詩!身も心も温まる昭和の汽車旅」という内容でお届けしました。

昔ながらの客車に乗って、駅員さんや販売員さんと他愛のない会話をしたり、のんびり車窓を眺めたり…

そんな旅情を感じられるローカル線って、全国を見てもそう多くはありません。

なか
なか
こりゃ毎年人気な理由がよく分かるわ…

鉄道ファンはもちろん、旅行者にもかなりおすすめできる路線です。

レトロでノスタルジックな汽車旅を体験できる津軽鉄道、機会があればぜひ一度乗車されてみては?

近隣のおすすめローカル線
東能代駅に停車中の五能線
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光五能線キハ40系に乗車して、東能代駅から途中下車しながら弘前駅まで行きました。東北屈指の絶景路線なだけあり、車窓の景色が抜群で見どころ満載。観光地も多く、一人旅にうってつけのローカル線です。...
三厩駅に停車中の津軽線
【津軽線キハ40旅行記】置き換え間近の車両に乗って沿線を観光秋の乗り放題パスで、東北の秘境ローカル線「津軽線」のキハ40系に乗ってきました。新海誠作品「雲のむこう、約束の場所」の舞台になった鉄道。当ブログ「東北旅びより」では、乗車記、車窓の見どころを紹介していきます。...
八戸線キハE130系
【八戸線 旅行記】海が見えるローカル線に乗って沿線を観光どうも、筆者のなか(@naka_travel)です! 三連休東日本・函館パスを利用して、八戸線に乗車して沿線を観光してきました。 ...
近隣のおすすめグルメ
【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!
【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!青森県五所川原市「喫茶店駅舎」に行ってきました。旧芦野公園駅の駅舎を使ったノスタルジックなカフェ。現在の芦野公園駅に隣接したお店なので、津軽鉄道での観光におすすめのお店です。...
【長尾中華そば 青森駅前店】煮干しラーメンを食べるならここ!こく煮干しを実食
【長尾中華そば 青森駅前店】煮干しラーメンを食べるならここ!こく煮干しを実食長尾中華そば青森駅前店で「こく煮干しラーメン」を食べてきました。SNSでも好評のラーメン屋で、味も超一級品なのでおすすめです。ここでは営業時間や定休日、アクセス、メニューなども紹介していきます。...
【青森市 味の札幌大西】名物の味噌カレー牛乳ラーメンが食べれる人気店
【青森市 味の札幌大西】名物の味噌カレー牛乳ラーメンが食べれる人気店青森県青森市「味の札幌大西」を訪問。ご当地グルメの味噌カレー牛乳ラーメンの人気店です。当ブログ「東北旅びより」では食レポの他、口コミや営業時間、定休日、アクセス、駐車場情報なども紹介します。...
【陸奥湊駅前朝市】八戸市営魚菜小売市場で朝ご飯!激安で海鮮を堪能
【陸奥湊駅前朝市】八戸市営魚菜小売市場で朝ご飯!激安で海鮮を堪能当ブログ「東北旅びより」では、八戸市営魚菜小売市場の陸奥湊駅前朝市のレポートをお届けします。JR八戸線の陸奥湊駅から徒歩圏内ですし、青森・八戸で海鮮を食べるならおすすめです。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー