カフェ

【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!

【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

青森県五所川原市「喫茶店 駅舎」に行ってきました。

喫茶店 駅舎は、津軽鉄道の芦野公園に隣接するカフェ。

旧芦野公園駅の駅舎を使った、ノスタルジックな雰囲気が漂うお店です。

なか
なか
昔の駅舎を使ったカフェ!ロマンチックすぎる~!

最寄り駅から徒歩圏内ですし、鉄道旅行がてら立ち寄るのもおすすめです。

そんなわけで当ブログ「東北旅びより」では、以下の内容を紹介していきます。

  • 喫茶店駅舎の名物「激馬かなぎカレー」と「駅舎珈琲」のレポート
  • 喫茶店駅舎の営業時間、定休日、アクセス、メニュー情報など

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!

津軽鉄道 旧芦野公園を再利用した喫茶店 駅舎

芦野公園駅の駅名標今回やってきたのは、芦野公園駅。

日本最北の私鉄、津軽鉄道が乗り入れている駅です。

なか
なか
芦野公園は桜の名所として有名なんだよ!

やがて金木を過ぎ、芦野公園という踏切り番の小屋くらいの小さい駅に着いて、金木の町長が東京からの帰りに上野で芦野公園の切符を求め、 そんな駅は無いと言われ憤然として、津軽鉄道の芦野公園を知らんかと言い、駅員に三十分も調べさせ、 とうとう芦野公園の切符をせしめたという昔の逸事を思い出し…

引用:太宰治『津軽』

太宰治の小説「津軽」にも登場する芦野公園駅。

芦野公園は太宰治がよく遊んだ場所としても知られており、園内には文学碑や像もあります。

喫茶店駅舎の入口今回訪問した喫茶店 駅舎があるのは、芦野公園駅の隣。

なか
なか
めっちゃくちゃ好立地!!

赤い屋根の建物がかなり特徴的です。

芦野公園駅旧駅舎を示す看板喫茶店 駅舎は、旧芦野公園駅の駅舎を使用したカフェ

一時は空き家となってしまったものの「この駅舎の存在をもっと知ってほしい!」という思いから、建物をリニューアルし、喫茶店として復活させたのだそう。

なか
なか
昔の駅舎とか超ロマンチック~~!!

芦野公園駅のホームにある喫茶店駅舎の看板と入口現芦野公園駅のホーム内から直接行くことも可能みたいです。

元は普通の駅舎として使ってた建物ですもんね。これは超便利。

店内の様子

喫茶店駅舎の店内
喫茶店駅舎の座席

どこかノスタルジックな雰囲気が漂う店内。

まるで自分の周りだけ時間が止まっているかのような感覚になります。

芸能人のサイン芸能人のサインも沢山。

なか
なか
こんなに色んな人が来てるのか~!すご!

旧芦野公園駅で使っていた電話すごい。昔の電話機ですよこれ。

生で見たのは初めてかもしれません。

なか
なか
かっけえええええええ

旧芦野公園駅の面影かつての切符売り場。

この仕切りの奥側が、駅員さんが使う事務室になっていたのだとか。

現在は雑誌や書籍などのコーナーになっています。

旧芦野公園駅の当時の案内駅として利用されていた時代の面影を感じられるものも所々に。

芦野公園駅の旧駅舎は、津軽鉄道が開業した1930年から1976年までの46年間使われていました。

しばらくは喫茶店として使われていましたが、その後閉鎖へ…一時は空き家となってしまったものの

  • この駅舎の存在をもっと多くの人に知ってほしい!
  • 地元の文化を残していきたい!

そんな思いから、建物をリニューアルして復活に至ったのだそう。

そして2016年12月には、有形文化財に登録されました。

メニュー

喫茶店駅舎のフードメニュー
喫茶店駅舎のドリンクメニュー
フードメニュー(一部抜粋)
  • 激馬かなぎカレー(スープ・サラダ付き)
  • スリスリりんごカレー(スープ付き)
  • 鴨ハンバーグ(ライス・スープ・サラダ付き)
  • 馬肉味噌丼(スープ付き)
  • オムライス(スープ・サラダ付き)
  • ナポリタン(スープ・サラダ付き)
  • 馬まん(みそ味・しょうゆ味)
  • 日替わりケーキ
  • ケーキセット(駅舎珈琲またはアイスコーヒー)
  • 雪どけアイス
  • りんごゼリー
  • コーヒーゼリー
  • りんご焼きどーなつ
ドリンクメニュー(一部抜粋)
  • 駅舎珈琲
  • 昭和の珈琲
  • りんごジャムーン珈琲
  • カフェオレ
  • ウィンナーコーヒー
  • チョコドリンク
  • 紅茶
  • ミルク
  • アイスコーヒー
  • りんご酢カッシュ
  • りんごジュース
  • アイスティー

【ランチサービス】11:00~14:00

食事メニューに+250円でコーヒーが付けられます。

名物「激馬かなぎカレー」と駅舎珈琲を注文

かなぎカレー
激馬かなぎカレー

名物の激馬かなぎカレーを注文。

金木地区では、古くから馬肉を食べる文化があったことから、馬肉を使った料理が名物なのだとか。

時間をかけて煮込んだ馬肉はとても柔らかく、口当たりがいいです。

なか
なか
まろやかですっごく美味しい!!

激馬かなぎカレー用のクリーム「お好みでかけてくださいね~」と店員さんからいただいたクリーム。

クリームを加えるとよりマイルドになります。

+50円で半熟卵を追加可能

+100円でご飯大盛り可能

駅舎珈琲
駅舎珈琲

じっくりと焙煎することで、コクを最大限まで引き出したこだわりの駅舎珈琲。

酸味控えめで、かなり深い味わいです。

ブラックで飲むとよく分かりますが、苦味が強く、ケーキとかによく合いそうな感じがします。

なか
なか
個人的にはすっごい好きなコーヒー!!

とても美味しくいただきました。

芦野公園は桜の名所ですし、春になったらまた来てみたいですね。

【口コミ・評判】喫茶店 駅舎を訪問した人の感想は?

喫茶店 駅舎の店舗情報

営業時間10:00~17:00
※ラストオーダー16:30
定休日水曜日
アクセス津軽鉄道 芦野公園駅から徒歩1分
住所〒037-0202
青森県五所川原市金木芦野84-171
電話番号0173-52-3398
口コミ・評判赤い屋根の喫茶店 駅舎|食べログ
公式サイト赤い屋根の喫茶店「駅舎」

【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!|まとめ

以上、今回は「【青森 喫茶店駅舎】津軽鉄道の旧芦野公園駅を使ったカフェに行ってきた!」という内容でお届けしました。

  • 津軽鉄道 芦野公園駅から徒歩1分
  • 旧駅舎を使用したノスタルジックな喫茶店
  • 馬肉使用の激馬かなぎカレーは特におすすめ

最寄り駅の隣という超好立地。

鉄道旅行がてら立ち寄るのもおすすめです。

なか
なか
すごく素敵なカフェだよ!ぜひぜひ!
近隣のおすすめグルメ
【長尾中華そば 青森駅前店】煮干しラーメンを食べるならここ!こく煮干しを実食
【長尾中華そば 青森駅前店】煮干しラーメンを食べるならここ!こく煮干しを実食長尾中華そば青森駅前店で「こく煮干しラーメン」を食べてきました。SNSでも好評のラーメン屋で、味も超一級品なのでおすすめです。ここでは営業時間や定休日、アクセス、メニューなども紹介していきます。...
【青森市 味の札幌大西】名物の味噌カレー牛乳ラーメンが食べれる人気店
【青森市 味の札幌大西】名物の味噌カレー牛乳ラーメンが食べれる人気店青森県青森市「味の札幌大西」を訪問。ご当地グルメの味噌カレー牛乳ラーメンの人気店です。当ブログ「東北旅びより」では食レポの他、口コミや営業時間、定休日、アクセス、駐車場情報なども紹介します。...
【陸奥湊駅前朝市】八戸市営魚菜小売市場で朝ご飯!激安で海鮮を堪能
【陸奥湊駅前朝市】八戸市営魚菜小売市場で朝ご飯!激安で海鮮を堪能当ブログ「東北旅びより」では、八戸市営魚菜小売市場の陸奥湊駅前朝市のレポートをお届けします。JR八戸線の陸奥湊駅から徒歩圏内ですし、青森・八戸で海鮮を食べるならおすすめです。...
近隣のおすすめローカル線
津軽鉄道の普通列車
【津軽鉄道ストーブ列車 旅行ブログ】冬の風物詩!身も心も温まる昭和の汽車旅青森県を走る日本最北の私鉄、津軽鉄道のストーブ列車に乗車してきました。昔懐かしい汽車旅ができるおすすめの路線。当ブログ「東北旅びより」では、ストーブ列車の運行期間・時刻表・料金も合わせて紹介します。...
東能代駅に停車中の五能線
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光五能線キハ40系に乗車して、東能代駅から途中下車しながら弘前駅まで行きました。東北屈指の絶景路線なだけあり、車窓の景色が抜群で見どころ満載。観光地も多く、一人旅にうってつけのローカル線です。...
三厩駅に停車中の津軽線
【津軽線キハ40旅行記】置き換え間近の車両に乗って沿線を観光秋の乗り放題パスで、東北の秘境ローカル線「津軽線」のキハ40系に乗ってきました。新海誠作品「雲のむこう、約束の場所」の舞台になった鉄道。当ブログ「東北旅びより」では、乗車記、車窓の見どころを紹介していきます。...
八戸線キハE130系
【八戸線 旅行記】海が見えるローカル線に乗って沿線を観光どうも、筆者のなか(@naka_travel)です! 三連休東日本・函館パスを利用して、八戸線に乗車して沿線を観光してきました。 ...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー