一人旅の始め方

【男性向け】旅好き直伝!国内一人旅のメンズの服装を春夏秋冬ごとに紹介

【男性向け】国内一人旅におすすめの服装を春夏秋冬ごとに紹介

どうも、一人旅をこよなく愛する筆者なか(@naka_travel)です!

ここでは「【男性向け】旅好き直伝!国内一人旅のメンズの服装を春夏秋冬ごとに紹介」という内容でお届けしていきます。

  • 旅行に持って行く服って、いつも悩むんだよなあ…
  • 初めての一人旅、どんな服を持っていけばいいんだろ?
  • かさばるのは嫌だし、かといって現地調達するのも荷物が増えて嫌だし…
  • 服が少ないと組み合わせが分からないし、どうすれば…?

特に初めての一人旅だと、どんな服装が適しているのか迷うところですよね…

ましてや1週間~2週間の長旅にもなると、悩むのはなおさら。

なか
なか
でもご安心を!あまり難しく考えなくても大丈夫ですので!

旅だからといって、特別変わった服装をしなければいけないわけではありません。

むしろシンプルでOKですし、ユニクロやGU、無印良品などですぐに揃うものばかりです。

なか
なか
ポイントさえ押さえてしまえば、コーディネートするのはとっても簡単!

どうせ一人旅に出るなら、カッコいい服で街歩きも楽しんじゃいましょう!

そんなわけで当ブログ「東北旅びより」では、国内各地で一人旅をしてきた筆者が、以下の内容を紹介していきます。

  • 旅行時の服装の選び方、最低限気を付けておきたいポイント
  • 旅行時におすすめしたい、春夏秋冬ごとのメンズの服装(大学生~20代後半向け)

服装の好みは人によって違うとは思いますが、ひとつの意見として参考にしていただければ幸いです。

2020年4月25日 公開
2021年4月14日 追記

【注意点】国内一人旅のメンズの服装の選び方は?最低限気を付けたいポイント4選

ここでは、国内一人旅の服装を決める際に

なか
なか
最低限、これだけは気を付けておいた方がいいよ!!

というポイントを4つ紹介していきます。

まず簡単に要点だけまとめると、以下の通り。

最低限気を付けたいポイント
  1. 着まわしができるかどうか?
  2. 動きやすい服装かどうか?
  3. 寒い地域での旅行の場合、夏でも羽織ものは必須
  4. 圧縮袋などを使って収納スペース節約

それぞれ詳しく紹介していきます。

服の選び方は「着回しができるかどうか」がポイント

ハンガーにかかった服
旅行者
旅行者
せっかくの旅行だし、あれもこれも着たい…!

そう思う気持ちも分かります。すっっっごく分かります。

なか
なか
どうせなら、オシャレしてお出かけしたいもんね…

しかし残念ながら、持っていける荷物には限りがあります。

お土産の購入なども考えると、なるべくスペースは空けておきたいもの。

そのため着回しの利くものや、ボリュームが少ないものを優先的に選ぶのがポイントです。

  • 柄が派手ではないもの(派手だと着まわしづらいため)
  • 白・黒・グレーを基調としたもの
  • ワンポイントのデザインのもの

以上のようなシンプルな服だと、着まわしがしやすく、荷物も減るのでおすすめです。

なか
なか
ユニクロ、GUでも揃うものばかりだし、お財布にも優しい!

ちなみに僕の場合、シンプルな服を最低限だけ持って行って、あとは現地で洗濯するようにしてます。

なか
なか
その方が荷物が少なくなるしね!

ただ宿泊先にコインランドリーがあればいいですが、無ければ近隣で探さなければいけません。

その場合、場所によっては洗剤がないこともあります。

そのため使い切りタイプの小さな洗剤を持っておくと、いざという時に便利。

値段もかなりリーズナブルですし、余裕があれば1つくらいは常備しておきたいところです。

動きやすい服装かどうかも考慮(スニーカーなど)

スニーカーある時はバス、またある時は鉄道、徒歩…

旅にはどうしても移動が付き物。

ちょっとでも負担を減らせるよう、なるべく動きやすい服装にするのがおすすめです。

スニーカーや伸縮性のある服だと、かなり楽に過ごせます。

ちなみに僕が昔よく履いていたスニーカーは、CONVERSEのALL STAR

どんな服装にも合わせやすいので、旅行用と普段用に重宝してました。

現在は、アシックスのGel-Kumo Lyteを履いています。

コンバースのオールスターよりもクッション性が高く、長時間歩いていても疲れないのが魅力。

なか
なか
しかも超絶カッコいい。最高。

アシックスの靴は日本人の足に合ったものが多いので、一度は試してみる価値アリです。

寒い地域での旅行は、夏でもアウター必須!

ライトダウンジャケット特に北東北(青森県、岩手県、秋田県)や北海道に向かう場合、薄手のアウターは必須。

日中でも羽織ものがあってちょうどいい日がありますし、夜は冷え込むこともあります。

パーカー、トレーナーなどの薄手アウターを1枚だけ持っておくと便利ですよ。

なか
なか
1枚くらいは絶対あった方がいい!まじで風邪ひくから!!

北東北の中でも特に、青森県にはよく行くことが多い筆者。

夏でも五分袖の服やパーカーを着てちょうどいい時がよくありました。

旅程が決まった段階で、現地の天気予報や気温をチェックしておくのもおすすめですね。

服の詰め方もポイント!圧縮袋などを使って収納スペース節約

鉄道旅行・一人旅におすすめの服装スペースを意外にも多くとってしまうのが、衣類。

普通にバッグに入れようとすると、どうしてもかさばってしまうので困りものなんです…

量を減らそうにも、必需品であるだけに難しい…

そんな時に便利なのが、圧縮袋

圧縮袋を使えば、バッグの収納スペースにかなり空きができるので

旅行者
旅行者
服が邪魔で他の荷物が入らないよ~!

なんてことにもなりません。

ちなみに僕は圧縮袋のおかげで、1週間の一人旅でもバックパック1つで旅ができています。

なか
なか
現地で買ったお土産も入れられるし、超便利!

【組み合わせ実例】国内一人旅におすすめのメンズの服装を春夏秋冬ごとに紹介!

春・秋のメンズの服装コーディネート一例

春・秋シーズンの服装一例として、実際に僕が旅行の際に着ていた春・秋の服を出してみました。

着回しがしやすいように、基本的にシンプルなもので統一しています。

GUのコーチジャケットGUのコーチジャケットは、リーズナブルな上に耐久性もそこそこあります。

撥水性(はっすいせい)もあり、突然の雨でも大丈夫。

アウトドアに最適です。

なか
なか
普段用にも大活躍!

ノースフェイスやパタゴニアなど、旅行に適した服のブランドは様々。ですが特にこだわりが無いのであれば、ユニクロやGUなどでも十分です。

GUのコーチジャケットとUNIQLOのTシャツユニクロのTシャツと合わせると、こんな感じ。

黒なので、基本的にどんなアイテムとも合わせやすいです。

春や秋は天気が変わりやすく、旅先で突然雨が降ってくることもしばしば…

そのため撥水性(はっすいせい)のあるマウンテンパーカーやジャケット、コートなどを一着持っておくと、いざという時にかなり役立ちますよ。

夏のメンズの服装コーディネート一例

夏シーズンの服装夏は半袖に黒スキニー、ショートパンツなど。

めちゃめちゃシンプルです。

現地の気温を確認して

なか
なか
うわっ、めっちゃ暑いやん…

となった時は、リネン生地の服なども持つようにしてます。

リネン生地だと通気性がいいので、夏でも涼しいのが魅力。

一着あると便利です。

CHAMPIONのTシャツは、旅行中によく着ていました。

生地がそこそこ頑丈ですし、シンプルなワンポイントのデザインなので着まわしやすいです。

こちらのNEW ERAのバケットハットもよく使ってましたね。

日差しが強い炎天下の中を歩くのはしんどいですが、帽子があるとかなりマシになるのでおすすめです。

なか
なか
しかも軽いし折り畳める!荷物にならない!

冬のメンズの服装コーディネート一例

冬シーズンの服装これも一例ですが、大体こんな感じ。

冬はどうしても荷物がかさばるので、リュックは大きめのものを使ってます。

なか
なか
最近はColemanのWalker33っていうバックパックを使ってるよ!

GIORDANOのダウンジャケット冬アウターとして使っているのは、GIORDANOのダウンジャケット。

かなり暖かい上に着ぶくれしません。

しかも雨や雪も全て弾いてくれますし、雪国での旅も安心。

個人的には機能性、ファッション性ともに大満足のアイテムですね。

GIORDANOのダウンジャケットとユニクロのTシャツユニクロのTシャツと合わせると、こんな感じ。

Tシャツの上から着てもけっこう暖かいです。

冬シーズンこそ大活躍するのが、圧縮袋

冬服は厚みがある分、どうしてもかさばりがち…

そのままバッグに入れようとすると、すぐにパンパンになってしまいます。

なか
なか
ひとつあるだけでも大分違うよ!

【男性向け】旅好き直伝!国内一人旅のメンズの服装を春夏秋冬ごとに紹介|まとめ

以上、今回は「【男性向け】旅好き直伝!国内一人旅のメンズの服装を春夏秋冬ごとに紹介」という内容でお届けしました。

まとめ
  • 荷物を減らすために、服装はシンプル&着回しがきくものを!
  • 悪天候対策にアウターは撥水性のあるものを!
  • 夏でも薄手の羽織ものが1枚あると便利!
  • 冬服は圧縮袋を活用して荷物スペースを節約!

旅だからといってオシャレを楽しめないのかと言うと、決してそうではありません。

  • 色合いをシンプルに統一させること
  • 着まわしがきくこと

この2つを意識するだけで、十分にオシャレを楽しむことはできます。

服装を考えるのも、旅の楽しみのひとつ。

服装の好みは人によって違うとは思いますが、ひとつの意見として参考にしていただければ幸いです。

一人旅を始める方におすすめのページ
【初心者向け】電車旅で使うバックパック(リュック)の選び方「電車旅におすすめのカバンって?」「列車旅におすすめのリュックって?」という方へ。当ブログ「東北旅びより」では鉄道旅行好きの筆者の体験を踏まえて、バックパックの失敗しない選び方を紹介します。...
【一人旅ブロガー直伝】鉄道旅行におすすめの持ち物・荷物5選
【旅好き直伝】あると便利!電車旅・鉄道旅行におすすめの持ち物7選この記事では、鉄道旅をこよなく愛する僕がおすすめしたい持ち物、荷物を厳選して7つ、紹介していこうと思います。鉄道旅をしたことがない方、鉄道旅初心者の方は必見ですよ。...
【旅ブロガー直伝】ホテルのキャンセル料はいつから?支払い方法や対処法を解説
【旅ブロガー直伝】ホテルのキャンセル料はいつから?支払い方法や対処法を解説ホテルや旅館の予約をキャンセルしなければいけなくなった。そんな時に気になるのが、キャンセル料。ここではキャンセル料を支払い方法、キャンセル料が発生した場合の対処法などをメインに紹介していきます。...
一人旅は寂しい?メリットとデメリットを旅ブロガーが徹底解説!
一人旅は寂しい?メリットとデメリットを旅ブロガーが徹底解説!「一人旅って本当に楽しいの?」「寂しくないの?」一人旅をしたことがない人や、一人旅をしてみたいけど不安という人向けに、一人旅をこよなく愛する筆者が一人旅のメリットとデメリットを徹底解説していきます。...
旅先に迷ってる方はこちら
【のんびり男一人旅】行きたい場所が見つかる!東北のおすすめスポットまとめ
【のんびり男一人旅】行きたい場所が見つかる!東北のおすすめスポットまとめ東北は温泉、グルメ、絶景ローカル線の宝庫。一人旅には最適の場所なんです。ここでは東北各地で一人旅をしてきた筆者が、実際に行って良かったおすすめスポットを紹介していきます。...
ABOUT ME
なか
鉄道一人旅をこよなく愛する20代。学生時代の東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報やお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー