旅行記

【旅行記】北海道&東日本パスで仙台から八戸へ|絶景「種差海岸」を散策

種差海岸
なか
なか
東北アンバサダーのなか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら、東北の魅力を発信してます!

今回は、東北と関東を鉄道旅する「東日本ぶらり旅」の1日目の模様をお届けしていきます。

2016年の夏、北海道&東日本パスという切符を利用して東北と関東を鉄道で旅してきました。

国の名勝「種差海岸」の絶景、八戸線の車窓は圧巻です。

では、その旅の模様をお届けしていくとしましょう。

1.北海道&東日本パスとは?

北海道&東日本パス北海道&東日本パスはJR東日本、JR北海道の普通列車とBRTが、1週間乗り放題になるというとてもお得な切符です。

またJRの普通列車とBRTに加え、青い森鉄道やIGRいわて銀河鉄道、北越急行といったJR以外の路線に乗れるのも特徴ですね。

10,850円で発売されているので、1日あたり1,550円という計算になります。

この切符については「北海道&東日本パスについて」にて詳しく説明しているので、こちらも合わせてご覧ください。

さて、僕は今回この切符を利用して東北と関東を鉄道旅する「東日本ぶらり旅」を決行することにしました。

全5日間の工程で、ここでお届けしていくのは1日目の模様です。

仙台駅から鉄道を乗り継ぎ、青森県の八戸駅まで行きました。

では、さっそくその内容にいきましょう。

2.【旅行記】北海道&東日本パスで仙台から八戸へ

①仙台駅から東北本線で一ノ関駅へ

仙台駅さて、始まりは仙台駅。ここからまずは東北本線に乗り、終点の一ノ関駅を目指します。

東北本線の車窓東北本線の車窓です。緑がとても鮮やかでキレイですね。

このような田んぼ道をひたすら駆け抜けていきます。

②一ノ関駅から盛岡行きの東北本線に乗り換え

一ノ関駅
ここまでの所要時間

仙台駅→一ノ関駅:1時間40分 合計:1時間40分

仙台駅から1時間40分、一ノ関駅に到着しました。岩手県に突入です。

ここから盛岡行きの東北本線に乗り換えるとしましょう。

ポケモントレイン隣のホームを見ると、大船渡線で走るイベント列車「ポケモントレイン」が停車していました。

東北ではこのような乗って楽しめる列車が数多くあるので、ぜひ乗っていただきたいですね。

③盛岡駅からIGRいわて銀河鉄道で八戸駅へ

盛岡駅
ここまでの所要時間

一ノ関駅→盛岡駅:1時間31分 合計:3時間11分

一ノ関駅から約1時間半、終点の盛岡駅に到着しました。

盛岡といえば、盛岡冷麺が有名ですよね。

せっかくなので冷麺を食べたいところですが…

乗り換えの時間に間に合わなくなってしまうので、後日食べに来るとしましょう…

さて、ここからはIGRいわて銀河鉄道に乗り換えることになります。

東北新幹線が2002年に盛岡~八戸、2010年に八戸~新青森まで延伸されたことにより、東北本線の盛岡~青森間はJRからIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道に経営が移管されました。

そのためJRから経営が離れてしまったこの区間を利用するにあたって、青春18きっぷ利用者などは少し注意が必要です。

青春18きっぷの場合、IGRいわて銀河鉄道は利用できませんし、青い森鉄道は特定の駅でしか乗り降りができません。

しかし北海道&東日本パスの場合は、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道のどちらも自由に利用することができます。

東北での鉄道旅が非常に便利になるので、これはかなりの強みと言っていいですね。

IGRいわて銀河鉄道さて、それではこちらのIGRいわて銀河鉄道で終点の八戸駅を目指します。

金田一温泉駅途中の金田一温泉駅に到着です。

なんとここ金田一温泉には、あの座敷わらしが現れると噂される宿があるんです。

目撃した者には大変な幸運をもたらす存在として有名な、座敷わらし。

興味があれば一度、金田一温泉まで行かれてみては?

④八戸駅から八戸線で本八戸駅へ

八戸駅
ここまでの所要時間

盛岡駅→八戸駅:1時間50分 合計:5時間01分

盛岡駅から約2時間、八戸駅に到着しました。いよいよ青森県に突入です。

青森県の三大都市のひとつ、八戸市。実はこの街の中心地は八戸駅周辺ではありません。

八戸線中心地へ行くにはこちらの八戸線に乗り、本八戸駅まで向かう必要があります。

八戸駅から2駅先なので、すぐ着いてしまいますね。

それでは中心地の方まで向かうとしましょう。

⑤八戸市の中心地、本八戸駅に到着

本八戸駅
ここまでの所要時間

八戸駅→本八戸駅:8分 合計:5時間09分

八戸駅から約10分、本八戸駅へ到着しました。

仙台から5時間の鉄道旅、本日はこれにて終了です。

今日は八戸で宿泊し、明日は青森市の方へ向かうことにします。

3.北海道&東日本パスで八戸に到着 国の名勝「種差海岸」を散策

実はここ、八戸市に来たのにはある理由があります。

国の名勝として知られる種差海岸という場所を、実は一度この目で見てみたいと思っていまして…

宿へのチェックインも済ませたことですし、さっそく種差海岸の方へ向かいましょう。

再び八戸線に乗り、種差海岸駅を目指します。約30分の道のりです。

八戸線の車窓八戸線は海沿いを走る路線なので、車窓から太平洋を眺めることができます。とても綺麗ですね…

八戸線の車窓その2目的地に到着するまで、太平洋の絶景を楽しむことができます。

種差海岸駅の駅名表本八戸駅からおよそ30分、種差海岸駅に到着しました。

ここから種差海岸までは、徒歩10分ほどで行くことができます。

種差海岸国の名勝の絶景、とても素晴らしい眺めです。

この日は曇りだったのですが、晴れていたらもっと綺麗だったのでしょうね…

種差海岸のウミネコ種差海岸の近くには蕪島というところがあるのですが、そこはウミネコの繫殖地として有名なんです。

そのため、種差海岸でもこうしてウミネコを見ることができます。

本当に大量にいるので、最初に見た時はびっくりしましたが…笑

観光にはとてもうってつけの場所ですし、とても癒されるのでおすすめですよ。

4.【まとめ】北海道&東日本パスで仙台から八戸へ|絶景「種差海岸」を散策

以上、今回は東日本ぶらり旅の1日目の模様をお届けしました。

2日目は八戸市から青森市を経由し、秋田市の方まで一気に向かいます。

ただ、とあることが原因で思わぬ事態に陥ってしまいますのですが…

果たして、何が起こったのでしょうか…?真相はいかに…!

記事が気に入ったらフォローしよう