旅行記

【青春18きっぷ旅行記】仙台から青森まで在来線で行くと?おすすめルートも紹介

【青春18きっぷ旅行記】仙台から青森まで普通列車で行くと?おすすめルートも紹介
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

青春18きっぷを利用し、仙台駅から青森駅まで行ってみました。

北上駅に停車中の北上線
リゾートしらかみ

仙台~青森間の在来線ルートはいくつかありますが、今回は北上線・五能線(リゾートしらかみ)を使って行くことに。

中でも五能線は全国的に有名な絶景路線でもあり、鈍行旅にはうってつけのローカル線。

なか
なか
まじでおすすめ!ぜひ!

ということで当ブログ「東北旅びより」では

  • 仙台から青森まで普通列車で行きたい
  • 仙台から青森までのおすすめルートを知りたい

という人へ向けて、以下の内容を紹介していきます。

  • 青春18きっぷ 仙台駅~青森駅の旅行記
  • 青春18きっぷで仙台から青森へ行く際の注意点
  • 仙台~青森の電車旅におすすめの切符「北海道&東日本パス」

ぜひ参考にしてみてくださいね。

旅行で使った青春18きっぷとは?

青春18きっぷ青春18きっぷは、JRの普通列車や快速列車、BRTが5日間乗り放題になる切符。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム)の略
  • バス専用道などを走ることで、路線バスよりも速達性、定時性を確保できる
BRTの乗車記はこちら
柳津駅に停車中の気仙沼線BRT
【気仙沼線BRT 旅行記ブログ】震災から10年、現在の様子は?沿線を観光しつつ当時を振り返る当ブログ「東北旅びより」では気仙沼線、気仙沼線BRTの乗車レポートをお届けします。震災から間もなく10年、沿線はどう変化したのでしょうか?周辺を観光しながら全線乗車してみることにしました。...
大船渡線BRT
【大船渡線BRT 旅行記】震災から10年、津波で被災したバス区間の現在は?当ブログ「東北旅びより」では、大船渡線BRTの旅行記をお届けします。東日本大震災から10年、津波で壊滅的な被害を受けた沿線はどう変化したのでしょうか?沿線を観光しながら、当時の様子を振り返ります。...

12,050円で発売されてるので、1日あたり2,410円分の移動をすれば元を取れます。

仙台~青森の移動費
  • 新幹線8,400~11,400円
  • 高速バス5,800~7,500円

仙台~青森間を交通機関で移動すると、以上の通り。

しかし青春18きっぷを使えば、実質2,410円で仙台~青森間を移動できてしまうんです。

なか
なか
すごい…!

青春18きっぷの詳しい買い方や使い方は「初めての青春18きっぷ」を参考にしてみてください。

青春18きっぷについて詳しく知るなら
【旅ブロガー直伝】これで丸わかり!青春18きっぷの基礎から使い方・裏技まで紹介
【初心者向け】青春18きっぷ攻略ガイド|使い方から裏ワザまで徹底解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷの発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記など、基礎から裏ワザまで解説します。...

【青春18きっぷ旅行記】仙台から青森まで在来線で行くと?おすすめルートも紹介

仙台駅から一ノ関駅行きの東北本線に乗車

仙台駅旅の始まりは仙台駅。

まずはここから東北本線に乗車し、終点の一ノ関駅まで向かいます。

一ノ関行きの東北本線本日最初の列車。

4両編成のE721系です。

AB900系2両目の車内厳密には違う車両のものですが、車内はこんな感じ。

色が違うだけでほとんど一緒です。

なか
なか
旅行中はやっぱボックスシートだとありがたい。

松島の朝日定刻通りに仙台駅を出発した東北本線。

塩釜駅を過ぎると、車窓からは日本三景の松島が見えてきます。

仙台~一ノ関間では、ここが一番のビューポイントでしょう。

一ノ関駅から盛岡駅行きの東北本線に乗り換え

一ノ関駅仙台駅から約1時間半、一ノ関駅に到着しました。

岩手県に突入です。

盛岡行きの東北本線一ノ関駅からは盛岡行きの東北本線に乗り換え。

2両編成の701系です。

なか
なか
紫のカラーリング!かっこいい!

東北本線は盛岡駅~東京駅を結ぶ長大路線ですが、地域によって車両に特徴があって面白いですね。

これも鉄道旅の楽しみのひとつではないでしょうか。

北上駅から横手駅行きの北上線に乗り換え

北上駅の駅名標一ノ関駅から約30分、途中の北上駅にて下車。

ここからは北上線に乗り換えます。

旅行者
旅行者
あれ?盛岡駅まで行かんの?
なか
なか
それでもいいんだけど、盛岡駅まで行っちゃうと色々とややこしくてな…

東北新幹線が八戸駅・新青森駅まで延伸開業したことで、東北本線の盛岡駅~青森駅間はJRではなくなりました。

つまり青春18きっぷのみで青森まで行きたい場合、山形県・秋田県側から迂回して向かう必要があるんです

さらに詳しく知るなら
【青森~盛岡】青春18きっぷでいわて銀河鉄道・青い森鉄道は乗れる?東北各地で鉄道旅をしてきた筆者が特に注意してほしいと思う路線が、IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道。これらの路線を利用する際の注意点や代わりの移動手段、おすすめの乗り放題切符などを紹介していきます。...

仙台駅から山形県・秋田県側を迂回して向かう場合、考えられるルートは主に以下の3つ。

  1. 仙台→(仙山線)→山形→(奥羽本線)→青森
  2. 仙台→(東北本線)→北上→(北上線)→横手→(奥羽本線)→青森
  3. 仙台→(東北本線)→盛岡→(田沢湖線)→大曲→(奥羽本線)→青森

田沢湖線はかなり本数が少ない路線。

特に盛岡駅~大曲駅を直通運転する列車はほぼありません。

もし田沢湖線を使うなら、盛岡駅~大曲駅のみ新幹線に乗る「ワープ」という方法がおすすめです。

今回は時間的に北上線の方が都合がよかったので、北上駅で途中下車することに。

ということで北上線で秋田県に抜け、終点の横手駅から再び青森を目指そうと思います。

北上駅に停車中の北上線北上線の車両は、東日本の地方ローカル線でよく見るキハ100系。

1両編成のワンマンカーです。

なか
なか
これぞTHE ローカル線って感じ。
北上線の乗車レポートはこちら
北上駅に停車中の北上線
【北上線快速 乗車記】景色に釘付け…車窓が抜群のローカル線で北上から横手へ北上線に乗車して、岩手県の北上駅から秋田県の横手駅まで向かいました。車窓からは錦秋湖といった絶景スポットが見れます。沿線には駅併設の温泉「ほっとゆだ」もあっておすすめです。...

横手駅から秋田駅行きの奥羽本線に乗り換え

横手駅北上駅から約1時間、終点の横手駅に着きました。

いよいよ秋田県に突入です。

奥羽本線奥羽本線に乗車し、終点の秋田駅を目指します。

2両編成の701系です。

なか
なか
今度は赤のカラーリング!

秋田駅から観光列車リゾートしらかみに乗車

秋田駅の外観横手駅から約1時間、秋田駅に到着。

今回のルートで行くと、秋田駅到着時点で13時過ぎ頃かと思います。

この辺で食事休憩をとるとちょうどいいでしょう。

なか
なか
ちょうど次の列車まで1時間近く空くことだし。

昼食をとり、秋田駅に戻ってきた筆者。

このまま奥羽本線を乗り継いで青森駅まで行ってもいいんですが、今回は一味違ったルートで行くことに。

リゾートしらかみ秋田駅~青森駅間では、リゾートしらかみという観光列車が走っています。

秋田駅からはこの列車に乗車することに。

岩舘駅を過ぎたあたりの車窓リゾートしらかみは、秋田県・青森県の沿岸部を経由して走る観光列車。

沿線の大部分で、日本海の絶景を楽しめるのが魅力です。

なか
なか
ぜひ一度は乗ってほしい列車。

奥羽本線であれば3時間ほどの所要時間のところ、リゾートしらかみはなんと5~6時間。

840円の追加料金が必要ですが、それでも乗車する価値は十分にあります。

なか
なか
座席もびっくりするくらい快適だしなあ。

ということで、秋田駅からは観光列車リゾートしらかみに乗車し、終点の青森駅まで行きます。

リゾートしらかみの乗車レポートはこちら
【乗車記】リゾートしらかみ くまげら編成|人気観光列車で行く青森~秋田の旅!車内や車窓の見どころを紹介
【乗車記】リゾートしらかみ くまげら編成|人気観光列車で行く青森~秋田の旅!車内や車窓の見どころを紹介当ブログ「東北旅びより」では、リゾートしらかみ6号くまげら編成の乗車レポートをお届けします。座席表や車内の様子、車窓の見どころなども紹介しているので、今度の旅行の参考にしてみてくださいね。...

目的地の青森駅に到着

青森駅の外観秋田駅から約6時間…ついに青森駅に到着。

仙台から約10時間の長旅でしたが、とても充実した時間を過ごせました。

青春18きっぷで青森へ行く際は、ぜひ参考にしていただければと思います。

最終的な所要時間・乗り換え回数・費用は?

旅程6:00 仙台発→19:38 青森着
乗り換え回数4回
所要時間約13時間半
費用2,410円(18きっぷ1日分)+840円(指定席券代)+1,000円(食費)
【合計】4,250円

今回のルートだと、仙台~青森は路線距離にして約500km。

乗り換え回数が意外と少ないのが驚きでした。

なか
なか
秋田~青森乗り換えなしが地味にいい。

深浦駅出発前のリゾートしらかみリゾートしらかみに乗車すると、所要時間こそかかるものの

  • 秋田~青森が乗り換えなし
  • 広々としたリクライニングシートでゆっくりできる
  • 日本海の景色を長時間に渡って楽しめる

以上のように、メリット盛り沢山。

追加料金もたった840円で済みますし、とてもおすすめです。

青春18きっぷで仙台から青森へ行くなら必読!IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道は要注意

青春18きっぷ利用者が注意したい東北の路線東北新幹線が八戸駅・新青森駅まで延伸開業したことで、東北本線の盛岡駅~青森駅間はJRではなくなりました。

  • 盛岡駅~目時駅IGRいわて銀河鉄道
  • 目時駅~青森駅青い森鉄道へ移管

現在は以上のような運行体系となっています。

そのため、盛岡駅~青森駅間で青春18きっぷを使うのはかなり注意が必要です。

IGRいわて銀河鉄道は乗車不可

青春18きっぷでは、IGRいわて銀河鉄道に乗車できません。

もし乗車する場合は、いかなるときでも運賃が必要です。

盛岡駅周辺の路線図盛岡~大館を結ぶJR花輪線に乗車する場合も注意。

途中の盛岡駅~好摩駅のみいわて銀河鉄道線を経由するため、別途料金(660円)が必要です。

青い森鉄道は青森駅・野辺地駅・八戸駅での通過利用のみ可

JR津軽線、JR奥羽本線、JR大湊線とJR八戸線の各駅相互間を在来線で乗り継ぐためには青い森鉄道線の「青森~八戸」間、「青森~野辺地」間及び「八戸~野辺地」間を通過する必要があることから、特例として、青い森鉄道線の同区間を普通・快速列車の普通車自由席で通過利用する場合に限り、別途運賃を支払うことなく利用できます。
ただし、青森駅・八戸駅・野辺地駅でJRの在来線に乗り継ぐ場合に限り、途中下車することができます。

引用:青い森鉄道株式会社

青い森鉄道を利用する場合、青森駅・野辺地駅・八戸駅でJR線に乗り継ぐ場合に限り、青春18きっぷでの乗車が可能。

青森駅・野辺地駅・八戸駅以外の駅での乗降は、通常通り乗車駅からの運賃を支払う必要があります。

目時駅~八戸駅間も青春18きっぷでは乗れないので、ご注意ください。

さらに詳しく知るなら
【青森~盛岡】青春18きっぷでいわて銀河鉄道・青い森鉄道は乗れる?東北各地で鉄道旅をしてきた筆者が特に注意してほしいと思う路線が、IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道。これらの路線を利用する際の注意点や代わりの移動手段、おすすめの乗り放題切符などを紹介していきます。...

青春18きっぷだけじゃない!仙台から青森まで在来線で行くなら北海道&東日本パスもおすすめ

北海道&東日本パス青春18きっぷと似たような切符で、北海道&東日本パスというものがあります。

なか
なか
東北、北海道方面で鉄道旅するならおすすめ!

なぜならこの切符を使えば、青い森鉄道やIGRいわて銀河鉄道も乗り放題になるからです。

青春18きっぷ利用者が注意したい東北の路線青春18きっぷだと、青い森鉄道は条件付きで利用しなければいけませんし、IGRいわて銀河鉄道に至っては乗車すらできません。

そのため北へ向かう場合は、山形県・秋田県側から遠回りをしていく必要があります。

北海道、東北方面での鉄道旅を考えているのであれば、とてもおすすめです。

北海道&東日本パスについて詳しく知るなら
【初心者向け】北海道&東日本パス|普通列車が1週間乗り放題に!使い方・範囲・モデルコースを紹介
【初心者向け】北海道&東日本パス 2024年春|普通列車が1週間乗り放題に!使い方・範囲・モデルコースを紹介北海道&東日本パスの2024年春の情報が発表されました。当ブログ「東北旅びより」では切符の発売期間や利用期間、対象範囲・エリア、モデルコース・旅行記、おすすめ路線などを紹介していきます。...

【青春18きっぷ旅行記】仙台から青森まで在来線で行くと?おすすめルートも紹介|まとめ

以上、今回は「【青春18きっぷ旅行記】仙台から青森まで在来線で行くと?おすすめルートも紹介」という内容でお届けしました。

仙台~青森で青春18きっぷ旅行をするなら、今回のルートが筆者としては一番おすすめですね。

中でもリゾートしらかみは、一度は入るべき観光列車。

青春18きっぷで青森へ行く際は、ぜひ参考にしていただければと思います。

その他の青春18きっぷ旅行記
青春18きっぷで仙台から東京(品川)まで行ってみた
青春18きっぷで仙台から東京(品川)まで行ってみた青春18きっぷを使用して、仙台駅から東京の品川駅まで東北本線を経由して行ってみました。旅行記に合わせておすすめルートや所要時間、新幹線や高速バスでのアクセス方法も解説しています。...
【青春18きっぷ旅行記】常磐線で仙台から東京(上野)へ!9年ぶりに復旧した不通区間の現在は?青春18きっぷを利用して、2020年3月に全線再開した常磐線に乗車。仙台駅からいわき駅、水戸駅を経由し、上野駅まで向かいました。仙台~東京間で、一味違ったルートを試したい時におすすめです。...
【青春18きっぷ旅行記】仙台から東京経由で大阪へ行ってみた
【青春18きっぷ旅行記】仙台から東京経由で大阪へ行ってみた青春18きっぷを使い、仙台駅から東京駅を経由して大阪駅まで行きました。LCCも驚くコスパ抜群のコースです。当ブログ「東北旅びより」では、実際の旅行記の他に注意点なども解説していきます。...
ABOUT ME
なか
当ブログの筆者。鉄道一人旅が趣味。北海道&東日本パスを使った東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報や、実際に利用したお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー