旅行記

【旅行記】青春18きっぷで仙台から名古屋まで!東北本線・東海道本線で行く鈍行旅

【旅行記】青春18きっぷで仙台から名古屋へ行ってみた
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

青春18きっぷを使い、仙台から名古屋まで行ってみました。

名古屋駅の駅名標片道約700km、所要時間13時間半の鉄道旅。

最も安い行き方であるのはもちろんのこと、遠方まで鈍行旅をしたい人にとってもおすすめのコースと言えます。

当ブログ「東北旅びより」では

  • 青春18きっぷで鉄道旅行をしてみたい
  • とにかく電車で遠くまで行ってみたい
  • 仙台から名古屋まで列車で行くとどんな感じなのか知りたい

という人へ向けて

  • 青春18きっぷ 仙台から名古屋までの乗車レポート
  • 電車で仙台から名古屋まで行く際に知っておきたいこと

を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

旅行中に使った青春18きっぷとは?

青春18きっぷ青春18きっぷとは、JRの普通列車や快速列車、BRT、JR西日本宮島フェリーなどが乗り放題になる切符です。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム)の略
  • バス専用道などを走ることで、路線バスよりも速達性、定時性を確保できる

JRの路線なら日本中どこへでも行けるので、鉄道を乗り継いで北海道から九州に行くことももちろん可能。

5日間利用が可能で、12,050円での発売です。

仙台~名古屋の交通費
  • 新幹線15,000円くらい
  • 高速バス9,600円~13,200円くらい
  • 飛行機7,000~30,000円くらい
  • フェリー5,000~68,000円くらい

仙台~名古屋の主な移動手段・値段は以上の通り。

青春18きっぷであれば、なんと実質2,410円での移動が可能です。

なか
なか
破格すぎる。

青春18きっぷの詳しい内容は、以下のページを参考にしてみてください。

青春18きっぷについて詳しく知るなら
【旅ブロガー直伝】これで丸わかり!青春18きっぷの基礎から使い方・裏技まで紹介
【初心者向け】青春18きっぷ攻略ガイド|使い方から裏ワザまで徹底解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷの発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記など、基礎から裏ワザまで解説します。...

【旅行記】青春18きっぷで仙台から名古屋まで!東北本線・東海道本線で行く鈍行旅

仙台駅から東北本線を乗り継ぎ関東へ

仙台駅の駅名標旅の始まりは仙台駅。

ここから片道10時間以上の鉄道旅が始まります。

まず仙台駅から乗車するのは、朝6時ちょうど発の東北本線郡山行き。

もちろん始発列車…

なか
なか
鈍行の旅の朝は早いのである。

仙台発の東北本線始発列車の車窓日の出前の仙台を定刻通りに出発。

始発列車だというのにも関わらず、乗車率は5~6割程度。

朝帰りと思われる人や、これから出勤であろう人など様々な人が乗車されているようです。

郡山駅に到着した東北本線仙台駅から約2時間半、郡山駅に到着。

ロングシート乗車した車両の車内はこんな感じ。

「ロングシート」と呼ばれる、窓側が背もたれになっているタイプの座席です。

なか
なか
けっこう好みが分かれる座席よね。

郡山からは新白河行きの東北本線に乗り換えます。

郡山駅交通の要衝、郡山。

新幹線のほか、会津若松方面・いわき方面への在来線も発着しています。

駅前も商業施設やコンビニ、飲食店など充実してますし、一息つきたいときは途中下車するのもアリでしょう。

新白河駅郡山駅から新白河駅までは40分ほど。

新幹線の乗り換え駅でもありますが、駅前は閑散としています。

なか
なか
市街地に近いのは隣の白河駅だからねえ。

新白河駅に停車中の東北本線黒磯行きの東北本線へと乗り換え。

首都圏でよく見かけるタイプの車両ですね。

東海道本線の座席
東海道本線の車内

写真は違う車両のものですが、座席は同様の配置。

窓側に背もたれがついたロングシート、2人掛けの座席が向かい合わせに配置されたボックスシートの2種類の座席があります。

なか
なか
旅行中はやっぱりボックスシートがあると嬉しい。

東北本線は乗り換えが多い路線。

また快速列車などの優等列車はほとんど走ってないので、普通列車で地道に向かう必要があります。

黒磯駅新白河駅から約25分、終点の黒磯駅に到着。

黒磯駅~宇都宮駅を走る東北本線は、青春18きっぷシーズンだといつもそれなりに混んでいる印象があります。

なか
なか
この日も写真撮る余裕ないくらい混んでたわ。

宇都宮駅に到着した東北本線黒磯駅から約1時間、宇都宮駅に到着。

こちらが筆者が乗車した宇都宮行きの東北本線の車両。

2022年から宇都宮近辺の地域に導入された、E131系というものでした。

なか
なか
何気に初乗車。嬉しい。

県庁所在地ということもあり、宇都宮駅周辺は飲食店や商業施設が充実している印象。

また東京・神奈川方面まで直通する列車も多く発着していることから、この辺りで一旦食事休憩を挟むのもアリでしょう。

仙台駅から始発を使って乗り継いできた場合、宇都宮駅には11時過ぎには到着しているかと思います。

なか
なか
少し早めのお昼にするのもいいかも!

宇都宮駅からは普通列車グリーン車を利用

宇都宮駅に停車中の東北本線平塚行き宇都宮駅からは、平塚行きの東北本線に乗車。

首都圏で活躍するE233系電車…

これを見るとついに関東に来たという実感が湧きます。

なか
なか
これ1本で神奈川まで…すごすぎる。

宇都宮線のグリーン車このタイプの車両の最大の特徴とも言えるのが、4号車・5号車に連結されたグリーン車。

宇都宮駅~(東北本線)~平塚駅~(乗り換え)~熱海駅

今後の乗り換え予定としては、こんな感じ。

終点の平塚駅にて乗り換える車両にもグリーン車が付いているため、今回は熱海駅までのグリーン券を購入することにしました。

普通列車グリーン車の2階席車内はリクライニングシート、テーブル完備。

乗車の際に1,000円前後の追加料金が発生するものの、まるで特急のような快適性でワンランク上の鈍行旅を楽しめます。

なか
なか
青春18きっぷ旅の強い味方。

目的地に早めに到着したい場合は、駅内のコンビニなどで軽食・駅弁を購入し、グリーン車の車内で食べるのもアリでしょう。

グリーン車について詳しく知るなら
【常磐線グリーン車 乗車記】青春18きっぷで乗れる乗り得車両で品川から水戸へ
【常磐線グリーン車 乗車記】青春18きっぷで乗れる乗り得車両で品川から水戸へ青春18きっぷを使って、常磐線グリーン車で品川駅から水戸駅まで乗車しました。フリー切符でも乗れる乗り得車両です。合わせてグリーン券の買い方や料金、運行エリア、乗り方も解説しています。...
根府川駅
相模湾

熱海駅に向かう途中、一番景色のよかったところ。

根府川駅周辺は特に海に近い場所を走るため、相模湾が車窓からよく見えます。

なか
なか
何度見ても美しい。いつか降りたい。

熱海駅に到着した東海道本線宇都宮駅から約3時間半、熱海駅に到着。

たった1回の乗り換えで栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県をまたぎ、静岡県に。

恐るべし、首都圏の鉄道網。

熱海駅から東海道本線に乗り換え静岡県・愛知県を縦横断

熱海駅熱海駅からは管轄がJR東日本からJR東海へと変わります。

車両もガラッと変わり、いよいよ静岡に来たんだなという実感が湧きました。

ここからは浜松行きの東海道本線に乗り換えです。

東海道本線のロングシート熱海~浜松は乗車時間が長い上、運行する列車がほぼロングシート。

そのため青春18きっぷ利用者からは特に恐れられているエリアでもあるのです。

なか
なか
東北の701系に乗り続けて鍛え上げた成果、ここで見せてやるぜ。

掛川駅熱海駅から約2時間、途中の掛川駅にて下車。

旅行者
旅行者
なんで終点の浜松駅じゃなくて、途中の掛川駅で降りたの?
なか
なか
次に浜松駅で乗る列車が、この掛川駅始発の列車だったからだよ!

時刻表で調べたところ、次に浜松駅から乗る列車は掛川駅始発の列車だということが分かってました。

始発駅から乗った方が人があまり多くないと思いますし、座れる確率も高いです。

豊橋行きの東海道本線掛川駅からは、豊橋行きの東海道本線に乗車。

熱海~浜松間は東北本線同様、基本的に普通列車で地道に進むことになります。

時間はかかるものの、乗り換え時の接続が良好で

旅行者
旅行者
次の列車まで1時間待たなきゃ…

なんてことにはならないのが心強いですね。

東海道本線の車窓再びロングシートの車両に乗車し、定刻通りに発車。

時刻は17時半過ぎ…だんだん日も落ちてきました。

豊橋駅掛川駅から約1時間、豊橋駅に到着。

ついに愛知県突入です。

大垣行きの東海道本線豊橋駅からは、大垣行きの東海道本線に乗車。

これが本日最後の乗り換えです。

東海道本線の車内転換クロスシートと呼ばれる、背もたれの向きを変更できるタイプの車両。

名古屋近辺や関西でよく見かける座席ですね。

なか
なか
座り心地が絶妙で好きなんよね。

名古屋駅の駅名標豊橋駅から特別快速で約1時間、目的地の名古屋駅に到着。

普通列車であれば2時間はかかる区間であるはずなのに。

特別快速の名前は伊達ではありませんね。

なか
なか
1時間短縮とかもはや特急では?

時刻は19時半を過ぎたところ。

始発列車を使ったとはいえ、到着時間としてはちょうどいい時間帯かと思います。

目的地の名古屋に到着!最終的な所要時間・乗り換え回数は?

まとめ
  • 6時ちょうどに出発
    1番列車:仙台発 郡山行き
  • 19時半過ぎに到着
    最終乗車:豊橋発 大垣行き
  • 所要時間:約13時間半

仙台から始発列車に乗車して名古屋まで乗り継いだ場合、所要時間は約13時間半。

比較的ハードですが「なんとか耐えられるかな…?」というくらいの時間と距離だと感じました。

普通に乗車券を買ったら1万円以上はするところ、2,410円の負担で移動できるわけですから、とりあえずコスパは抜群と言えます。

  • 仙台~名古屋を格安で移動したい
  • 鉄道を使って遠くまで行ってみたい

そんな人にはおすすめですね。

乗り継ぎの際の接続は良好な区間ですし「とにかく遠いとこまで電車で行きたい!」という初心者にもおすすめかと。

【注意点】青春18きっぷで仙台から名古屋まで行く際に知っておきたいこと

仙台~東京は主に2つのルート

  1. 東北本線ルート(福島県の内陸部、栃木県経由)
  2. 常磐線ルート(福島県の沿岸部、茨城県経由)

青春18きっぷを利用して仙台から東京までアクセスするには、主に2つのルートがあります。

東北本線ひとつが福島県の中心部、栃木県を経由する東北本線ルート。

常磐線そしてもうひとつが、福島県の沿岸部、茨城県を経由する常磐線ルート。

早朝に出発するのであれば、所要時間はどちらも大差はないかと思います。

ただ列車に遅延・運休が発生した場合のことを考えると、新幹線が並走する東北本線ルートの方がリカバリーはしやすいかと。

全線開通をお祝いする幕
  • 東日本大震災で被災した沿線の今を知りたい
  • ひと味違ったルートを試してみたい

そんな人には、常磐線ルートがおすすめ。

2020年3月14日、震災から9年ぶりに全線開通した路線。

沿線の今を実際に目で見るのも、貴重な体験のひとつとなるでしょう。

お好みに合わせて選んでみてくださいね。

東北本線ルートの乗車レポートはこちら
青春18きっぷで仙台から東京(品川)まで行ってみた
青春18きっぷで仙台から東京(品川)まで行ってみた青春18きっぷを使用して、仙台駅から東京の品川駅まで東北本線を経由して行ってみました。旅行記に合わせておすすめルートや所要時間、新幹線や高速バスでのアクセス方法も解説しています。...
常磐線ルートの乗車レポートはこちら
【青春18きっぷ旅行記】常磐線で仙台から東京(上野)へ!9年ぶりに復旧した不通区間の現在は?青春18きっぷを利用して、2020年3月に全線再開した常磐線に乗車。仙台駅からいわき駅、水戸駅を経由し、上野駅まで向かいました。仙台~東京間で、一味違ったルートを試したい時におすすめです。...

できるだけ早い列車で行こう

今回の所要時間は約13時間半。

余裕を持つのであれば、6~7時台には出発しておくのがおすすめです。

ちなみに2024年3月現在、仙台~名古屋間を青春18きっぷだけで行くには

  • 【名古屋発】9:16発 豊橋行き
  • 【仙台発】9:02発 白石行き

に乗らないと、その日のうちに目的地にたどり着けません。

食べ物や飲み物は余裕のあるときに買っておこう

在来線のみで移動する場合、基本的に朝から晩まで乗り続けることになります。

そのため余裕のあるうちに、予め食べ物や飲み物を買っておくのがおすすめです。

特に首都圏・静岡エリアは列車の本数が非常に充実してますし、途中下車して買い物やご当地グルメを楽しむのもアリでしょう。

なか
なか
ふと気になった駅で降りて散策を楽しむのも、青春18きっぷ旅の醍醐味。

首都圏では普通列車グリーン車の利用で快適に

  • 東海道線
  • 横須賀・総武快速線
  • 宇都宮線
  • 高崎線
  • 湘南新宿ライン
  • 上野東京ライン
  • 常磐線

以上の路線の特定区間では、グリーン車を連結した普通・快速列車が運行しています。

実際に今回は宇都宮駅~熱海駅でグリーン車を利用しました。

普通列車グリーン車の2階席3時間半~4時間ほどかかる区間ですが、追加料金は1,000円前後。

リクライニングシート・テーブル完備の快適な空間で、車窓を楽しんだり駅弁を食べたりすることも可能です。

なか
なか
青春18きっぷ旅行では積極的に活用したい設備!おすすめ!
グリーン車について詳しく知るなら
【常磐線グリーン車 乗車記】青春18きっぷで乗れる乗り得車両で品川から水戸へ
【常磐線グリーン車 乗車記】青春18きっぷで乗れる乗り得車両で品川から水戸へ青春18きっぷを使って、常磐線グリーン車で品川駅から水戸駅まで乗車しました。フリー切符でも乗れる乗り得車両です。合わせてグリーン券の買い方や料金、運行エリア、乗り方も解説しています。...

熱海~浜松間を快適に過ごすには?新幹線でのワープも検討しよう

  • 基本的に各駅停車のため時間がかかる
  • ロングシート車両にあたることが多い
  • それなりに混む
  • 運が悪いと車内にトイレがない

以上のことから、青春18きっぷ旅行者の中では、静岡県内(熱海~浜松間)は特に恐れられているのです。

とは言いつつも

  • 在来線の乗り継ぎがいい
  • すぐ横を新幹線が走ってる

ので「もう無理!!」となったら、一部区間のみ新幹線を利用する「ワープ」という手段を検討するのもアリです。

参考までに、青春18きっぷ旅行者がよく利用する新幹線区間をまとめると以下の通り。

  • 三島~静岡1,980円(特定特急券+乗車券)
  • 静岡~浜松2,330円(特定特急券+乗車券)

特定特急券とは、一部の区間で販売している特急券のこと。

東海道新幹線に関しては、特定特急券=自由席特急券と覚えておいて大丈夫です。

快適に移動できる上、うまくいけば30分~1時間ほど所要時間を短縮できることも。

時間帯が合えば利用してみるのもいいかもしれません。

秋田新幹線こまち
山形新幹線つばさ

また静岡だけでなく、東北にもワープを積極的に活用すべき区間が複数あります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

東北のおすすめワープ区間は?
【東北】青春18きっぷで新幹線ワープするならここ!おすすめの区間を紹介
【おすすめ区間】東北新幹線でワープするなら?青春18きっぷと合わせて使える裏技について解説「東北新幹線でおすすめのワープ区間が知りたい」という人へ向けて、当ブログ「東北旅びより」では、東北でワープをするべきおすすめの区間を紹介していきます。青春18きっぷ旅行の参考にしてみてくださいね。...

【旅行記】青春18きっぷで仙台から名古屋まで!東北本線・東海道本線で行く鈍行旅|まとめ

以上、今回は「【旅行記】青春18きっぷで仙台から名古屋まで!東北本線・東海道本線で行く鈍行旅」という内容でお届けしました。

正直ハードなルートではありますが、コスパは超抜群。

LCCすらびっくりするほどの激安コースです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

青春18きっぷを使った旅行記はこちら
【青春18きっぷ旅行記】仙台から青森まで普通列車で行くと?おすすめルートも紹介
【青春18きっぷ旅行記】仙台から青森まで在来線で行くと?おすすめルートも紹介青春18きっぷを使い、在来線で仙台駅から青森駅へ。当ブログ「東北旅びより」では旅行記に加え、おすすめルートや注意点も紹介していきます。...
【青春18きっぷ旅行記】仙台から東京経由で大阪へ行ってみた
【青春18きっぷ旅行記】仙台から東京経由で大阪へ行ってみた青春18きっぷを使い、仙台駅から東京駅を経由して大阪駅まで行きました。LCCも驚くコスパ抜群のコースです。当ブログ「東北旅びより」では、実際の旅行記の他に注意点なども解説していきます。...
【青春18きっぷ旅行記】仙台から東京経由で広島へ行ってみた
【青春18きっぷ旅行記】仙台~東京~広島を在来線だけで行くと?注意点なども紹介青春18きっぷを使い、仙台から東北本線・東海道本線・山陽本線で広島へ。ハードなルートですがコスパは抜群。当ブログ「東北旅びより」では旅行記の他、仙台~東京~広島を電車で移動する際の注意点なども紹介します。...
ABOUT ME
なか
当ブログの筆者。鉄道一人旅が趣味。北海道&東日本パスを使った東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報や、実際に利用したお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー