旅行記

【旅行記】青春18きっぷで仙台から東京(品川)へ|所要時間なども解説

品川駅
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!

青春18きっぷを使って仙台から東京まで行ってみたので、その模様をお届けしていきます。

実際の旅程に合わせておすすめルートや所要時間なども解説しているので、ぜひ旅行の参考にしてみてくださいね。

1.青春18きっぷとは?

青春18きっぷ青春18きっぷは、JRの普通列車や快速列車、BRTに乗り放題になってしまうという、鉄道旅には欠かせない切符なのです。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム)の略
  • バス専用道などを走ることで、路線バスよりも速達性、定時性を確保できる
  • 現在、JRが運営するBRTは気仙沼線BRT、大船渡線BRTの2つ

5日間使用可能で、価格は11,850円です。

つまり1日あたり2,370円という計算になりますね。

通常、仙台~東京を新幹線で移動すると片道10,000円はかかるのですが…

この切符を使えば、実質2,370円で北海道から九州までどこまでも移動できてしまいます。

これだけで8,000円ほど旅費を浮かすことができるので、鉄道旅には欠かせない切符なのです。

なお青春18きっぷの詳しい概要については「青春18きっぷの使い方」で解説しています。

こちらも合わせてご覧になっていただくと、より分かりやすいですよ。

2.【旅行記】青春18きっぷで仙台から東京(品川)へ

①仙台駅から東北本線で福島駅へ

仙台駅始まりは仙台駅。ここから約8時間の鉄道旅が幕を開けます…

この日の夜に品川で予定があるので、品川駅を目指してひたすら南下していこうと思います。

まずは東北本線の福島行きで、終点の福島まで一直線です。

東北本線福島市へ入ると、一気に辺り周辺が雪景色へと変貌します。

さすが福島市。盆地なだけありますね…

②福島駅に到着 郡山行きの東北本線に乗り換え

福島駅
ここまでの所要時間

仙台駅→福島駅:1時間23分 合計:1時間23分

仙台駅を出発して約1時間半…福島駅に到着です。

東北本線雪化粧の東北本線。とても趣があっていいですね…

外は吹雪&極寒だったので、急いで郡山行きの列車に乗り換えます。

なか
なか
いそげ~!

東北本線福島県郡山市のソウルフード「クリームボックス」を食べながら、車窓の雪景色を楽しむ…まさに至福のひと時です。

郡山市のご当地グルメであるクリームボックスは、ふわふわのパンに乗ったあま~い生クリームが特徴的なパンです。

おいしいので、機会があれば食べてみてくださいね。

③郡山駅に到着 新白河行きの東北本線に乗り換え

郡山駅
ここまでの所要時間

福島駅→郡山駅:49分(待ち時間29分) 合計:2時間41分

福島駅から約50分ほどで、郡山駅に到着しました。

ここから新白河行きの東北本線に乗り換えます。

郡山はびっくりするほどの快晴で、ついさっきの雪景色がまるで嘘のようでした…

新白河行きの東北本線は、時間帯によっては少し混み合うことがあります。

座りたい場合は、早めに列に並んでおきましょう。

ちなみにこの時はとても混み合っていたので、写真を撮る余裕すらありませんでした…

なか
なか
おそるべし、年末年始…

④新白河駅に到着 黒磯行きの東北本線に乗り換え

新白河駅
ここまでの所要時間

郡山駅→新白河駅:39分(待ち時間19分) 合計:3時間39分

1時間もしないうちに、新白河駅に到着しました。

ここからは黒磯行きの東北本線に乗り換えです。

お気づきかもしれませんが、東北本線は乗り換えがかなり多いです。

宇都宮まで行ければ上野東京ライン、湘南新宿ラインなどが走っており、東京まで一直線で行けるので…それまでの辛抱ですね…

東北本線普段は首都圏の常磐線で活躍している車両がきました。

やっぱりいつ見てもカッコいいですね。こちらの車両で黒磯駅を目指します。

⑤黒磯駅に到着 宇都宮行きの東北本線に乗り換え

黒磯駅
ここまでの所要時間

新白河駅→黒磯駅:24分(待ち時間39分) 合計:4時間42分

ということで、黒磯駅に到着です。新白河~黒磯間も、1時間かからずに移動することができます。

いよいよ東北を抜け、関東に上陸しました。この時点ですでにお昼を過ぎていましたね。

なか
なか
朝の7時に仙台を出たはずなのに…

やっぱり東京は遠いですね…鉄道での長旅は大好きなので、まったく苦ではありませんが!

東北本線…通称、宇都宮線に乗り、餃子の街で有名な宇都宮を目指していきます。

⑥宇都宮駅に到着 湘南新宿ラインで大宮へ

宇都宮駅
ここまでの所要時間

黒磯駅→宇都宮駅:54分(待ち時間24分) 合計:6時間0分

宇都宮に着きました。今回は時間がないので、餃子を食べることはできませんが…

なか
なか
いつか絶対食べるもんね!

湘南新宿ライン上野東京ラインに乗れるかと思いきや、湘南新宿ラインでした…

もし上野東京ラインだったら、目的地の品川まで乗り換えなしで行けたのですが…

仕方ないですね。とりあえず大宮まで向かい、京浜東北線に乗り換えようかと思います。

⑦大宮駅に到着 京浜東北線で品川へ

大宮駅
ここまでの所要時間

宇都宮駅→大宮駅:1時間19分(待ち時間7分) 合計:7時間26分

宇都宮から1時間半ほどで、大宮駅に到着です。

ついに埼玉県に突入しました。この時点ですでに夕方の3時頃。

ついさっきまで朝だったのに…日本の広さを改めて感じます。

さてさて、あとは京浜東北線で一直線です。

なか
なか
目的地の品川まであと少し…!

⑧京浜東北線で品川駅に到着

品川駅
ここまでの所要時間

大宮駅→品川駅:41分(待ち時間3分) 合計:8時間10分

そして京浜東北線に揺られること約40分。目的地の品川駅に着きました。

8時間の鉄道旅、長かったですね…

しかし新幹線ならたった1時間半で着けてしまうと分かっていながらも、普通列車を選んでしまうのが鉄道ファンというもの…

とても楽しい旅路でした。

3.青春18きっぷで行く、仙台から東京までのおすすめルート

  1. 東北本線で南下するルート(福島県の中心部、栃木県経由)
  2. 常磐線で南下するルート(福島県の沿岸部、茨城県経由)

青春18きっぷを使って仙台から東京までアクセスするには、主に2つのルートがあります。

ひとつが、福島県の中心部、栃木県を経由する東北本線ルート。

東北本線そしてもうひとつが、福島県の沿岸部、茨城県を経由する常磐線ルート。

常磐線主なルートはこの2つになりますが、東北本線ルートがおすすめですね。

常磐線ルートは、東日本大震災による不通区間がまだ存在する状態です。

行こうと思えば行けますが、東北本線ルートよりも遅く着いてしまう場合がほとんどなので…

常磐線に乗る理由がない限りは、東北本線ルートを選んだほうがベターですね。

なお常磐線の詳しい復旧状況などは「常磐線 全線開通は2020年春頃」にて解説しています。

こちらも合わせてご覧になると分かりやすいですよ。

4.【参考】青春18きっぷ以外での、仙台から東京へのアクセス方法(新幹線・バス)

①新幹線でのアクセス

東北新幹線
アクセス情報
  • 時間:約1時間半~
  • 料金:片道10,370円~

新幹線を利用する場合、仙台駅から東京行きの東北新幹線に乗車することになります。

通常通り窓口などで切符を買えば、安くて片道10,370円になりますが…

えきねっとトクだ値お先にトクだ値を利用すれば、さらに10%~35%OFFで切符を買うこともできますよ。

しかしこのサービスを使う場合、やまびこに乗ることが条件となります。

そのため、はやぶさ、はやてには乗れません!ご注意を!

②バスでのアクセス

アクセス情報
  • 時間:約5時間半~
  • 料金:片道1,890円~

仙台駅から東京駅や新宿までの高速バスが出ているので、バスをご利用の際はこちらが便利ですね。

昼行便、夜行便どちらもありますし、本数もかなり充実しています。

ただ、セール期間が重なれば2,000円を切る料金で行くことができますが…

それ以外は2,500円~5,000円と、季節や曜日によってバラつきがあります。

だいたい片道2,500円~4,000円で仙台から東京まで行けると思っておいた方がベターです。

青春18きっぷは1日あたり2,370円という計算ですので、バスとそこまで料金に差があるわけではありません。

東京以外の街にも寄り道がしたい場合は、青春18きっぷを使った方が確実に安く済みますよ。

用途に合わせて、交通機関を選んでいただけたらと思います。

5.【口コミ・評判】青春18きっぷで仙台から東京へ行った人の感想は?

青春18きっぷを使って仙台~東京を移動する人は、意外にもけっこういるんです。

とても実用的な区間ではありますので、チャレンジしやすいですね。

6.【まとめ】青春18きっぷで仙台から東京(品川)へ|所要時間なども解説

以上、今回は仙台から東京までの普通列車での移動の模様をお届けしました。

仙台~東京間の列車の本数は、意外と多いので…

始発に乗って朝早くから移動かあ~…

とか…

次の列車まで2時間待ちかあ~…

とか、そういう心配はいりません。この区間は意外にも実用的なのです。

あなたもぜひ、機会があれば青春18きっぷで仙台~東京の移動にチャレンジしてみては?

よろしければ下のシェアボタンで、記事をシェアしていただけると嬉しいです!
それではまた!

記事が気に入ったらフォローしよう