東北ひとりっぷ

福島生まれ、宮城育ち。そんな生粋の東北人であるなかが、一人旅をしながら東北の魅力を発信していくブログ。

東北ひとりっぷ



【実体験】青春18きっぷで、仙台から新潟まで行ってみた


青春18きっぷで仙台から新潟まで
 

みなさんどーも!

東北アンバサダーのなか(@lbxxx3535)です!

 

青春18きっぷを使い、普通列車のみで仙台から新潟まで実際に行ってみたので・・・

今回はその模様をお届けしていきます!

 

今回の内容
  • そもそも青春18きっぷとは?
  • 仙台~新潟のおすすめルート
  • 実際の行程
  • 仙台~新潟のその他のアクセス方法
  • 仙台~新潟で青春18きっぷを使った人の口コミや評判

 

こんな感じの内容でやっていこうかと思います!

それでは早速いってみよ~!

 

1.そもそも青春18きっぷとは?

青春18きっぷ

 

青春18きっぷとは、JRの普通列車や快速列車などに乗り放題になってしまうフリー切符です。

5日間使用することが可能で、11,850円で販売されています。

つまり1日あたり2,370円で、北海道から九州までのJR線が乗り放題になってしまいます。

 

鉄道に乗って旅することが好き!

旅費をとにかく限界まで安く抑えたい!

そんな方にはピッタリの切符ですね。

 

詳しい買い方や使い方などは「初めての青春18きっぷ!使い方から料金、買い方まで徹底解説!」で説明していますので・・・

こちらも合わせてご覧になると、分かりやすいかと思います。

 

2.青春18きっぷで行く、仙台から新潟までのおすすめルート

仙台から新潟までの行程

 

仙台から新潟へアクセスするルートは、大きく分けると2つあります。

 

仙台から新潟へアクセスするルート
  • 山形県を経由するルート(仙山線→米坂線→羽越本線、白新線)
  • 福島県を経由するルート(東北本線→磐越西線→信越本線)

 

僕は今回、仙山線、米坂線、羽越本線、白新線を利用し、山形県を経由して新潟県へ向かうことにしました。

 

移動時間は約7時間・・・

乗り継ぎがいい時間帯を選べば5時間ほどで行けるのですが、そうでない時間帯だと時間がかかってしまうんです・・・

 

寝坊さえしなければ・・・/(^o^)\ナンテコッタイ

 

しかし時間はかかってしまうものの、青春18きっぷを使えば仙台~新潟間を実質2,370円で移動できてしまうわけです。

他の交通機関と比べても、これはかなりお得ですね。

ちなみに他の交通機関の所要時間や料金などは、のちほど詳しく説明します。

 

さてさて・・・

それでは実際の行程を、早速お届けしていきましょう!

 

3.青春18きっぷで仙台から新潟まで行ってみた

①仙台駅から仙山線で山形駅へ

仙台駅

 

始まりは仙台駅。

9:04発の仙山線に乗り、まずは終点の山形駅を目指します。

 

仙山線沿線には作並温泉、山寺などの温泉街、観光地が盛り沢山なので、目が離せない路線ですね。

車窓の風景も都会と大自然の景色を一気に楽しめてしまうので、見ていてまったく飽きません・・・

 

②山形駅から奥羽本線(山形線)で米沢駅へ

山形駅

 

ここまでの所要時間 仙台駅→山形駅:1時間17分 合計:1時間17分

 

1時間半ほどで、終点の山形駅に到着です。

仙台市と山形市は隣りあわせなので、意外とすぐに行けてしまうんですよね~・・・

 

奥羽本線

 

次はこちらの奥羽本線に乗って、米沢駅まで行きたいと思います。

 

奥羽本線は福島駅~青森駅を、山形県と秋田県を経由して結ぶ路線ですが・・・

そのうちの福島駅~新庄駅間には、山形線という愛称がつけられています。

この区間は山形新幹線も同じ線路を走るので、見ていてとても面白いですね。

 

③米沢駅から米坂線で坂町駅へ

米沢駅

 

ここまでの所要時間 山形駅→米沢駅:48分(待ち時間46分) 合計:2時間51分

 

山形駅から40分ほどで、米沢駅に到着です。

びっくりするほどの快晴ですね!

ここからは米坂線に乗り、終点の坂町駅を目指します。

 

米坂線

 

坂町までは2時間半・・・

こちらの車両に乗って、一気に終点まで行きましょう!

 

米坂線

 

米沢は東北の中でも屈指の積雪量を誇る街・・・

ではありますが、まだそこまで積もっていない時期だったのでよかったです。

 

雪がひどくて列車が使えないとなっては、新潟まで行くことはできませんでしたからね・・・

本当にすごいと、雪の壁ができてしまうほどなのだとか・・・

 

 

小国駅

 

米沢駅からおよそ1時間半、途中の小国駅に到着です。

どうやらこの駅で20分ほど停車するようなので、外に出てみることにしました。

 

酒蔵のようなこの駅舎・・・

とても風情があっていいですね~・・・

この駅を発車すると、いよいよ新潟県へと入ります。

 

米坂線

 

終点の坂町駅へ向けて、出発進行~!

 

④坂町駅から羽越本線、白新線で新潟駅へ

坂町駅

 

ここまでの所要時間 米沢駅→坂町駅:2時間32分(待ち時間21分) 合計:5時間44分

 

そして小国駅から1時間ほど・・・

終点の坂町駅に着きました。

 

いよいよ新潟県に上陸ということで、かなりテンションが上がっています・・・!

ここからは羽越本線に乗り、新潟駅まで一直線です!

 

路線図

 

羽越本線は、白新線を経由して新潟駅まで行くルート・・・

そして新津まで行くルートの2つがありまして・・・

ほとんどの列車が白新線を経由して新潟駅まで行くことになっているので、乗り換えの必要なしで新潟まで行けます。

 

新潟駅

 

ここまでの所要時間 坂町駅→新潟駅:56分(待ち時間38分) 合計:7時間18分

 

そして坂町駅を出発しておよそ1時間・・・

ついに新潟駅に到着しました!

 

新潟駅

 

特急しらゆきと羽越本線・・・

新潟を走る列車はやはりカッコいいですね!

 

余談ですが、実はこちらの新潟駅・・・

つい最近になって高架化されまして、新幹線と在来線の乗り継ぎがとても便利になったようで・・・

駅ではまだ至る所で工事が行われていました。

 

新潟駅

 

外に出て上を眺めると、新潟駅の文字が・・・

ようやく新潟に来たことを実感できます。

 

気候や街並み、駅前の交通量など・・・

仙台と似ているところが沢山あるので、見慣れない景色のはずなのにどこか安心してしまいますね。

仙台から新潟までの7時間の鉄道旅、これにて終了です!

 

4.【参考】青春18きっぷ以外での、仙台から新潟へのアクセス方法(新幹線・バス)

①新幹線でのアクセス

東北新幹線

 

新幹線でのアクセス
  • 時間:約3時間~
  • 料金:片道約18,000円~

 

新幹線を利用する場合、東北新幹線で大宮駅まで行き、そこから上越新幹線に乗り換えて新潟まで行くようになります。

通常通り切符を買えば安くて片道18,000円ほどになりますが、えきねっとトクだ値お先にトクだ値を使えば、10%~35%OFFで乗ることも可能です。

 

しかし東北新幹線にえきねっとトクだ値を利用して乗る場合、やまびこに乗ることが条件となるので・・・

はやぶさ、はやてには乗れません!!ご注意を!!

 

②バスでのアクセス

 

バスでのアクセス
  • 時間:約4時間~
  • 料金:片道約3,800円~

 

仙台からは新潟への直通のバスが出ているので、バス移動の場合はそちらが便利です。

ちなみに昼行便、夜行便どちらも走っています。

 

今回は青春18きっぷで新潟まで行きたかったので、僕は鉄道を使いましたが・・・

バスの方が鉄道よりも本数がありますし、乗り換えが一切ないので・・・

バス移動の方が確実に便利です!!

 

バスの時刻表、料金はこちらからご覧になれます:仙台高速バス

 

とはいうものの・・・

青春18きっぷの安さはかなりのメリットです!

実質2,370円で仙台から新潟まで行けてしまうということで、これは他の交通機関と比べてもダントツの安さですからね・・・

 

仙台~新潟の移動手段
  • 新幹線:料金は高くてもいいので、快適に速く移動したい
  • 高速バス:乗り換えなしで、安く移動したい
  • 青春18きっぷ:旅費を限界まで抑えつつ、のんびり移動したい

 

このように用途に合わせて交通機関を選んでいただけたらと思います!

 

5.青春18きっぷで仙台、新潟へ行った人の口コミ、評判は?

 

 

 

 

6.【まとめ】青春18きっぷで、仙台から新潟まで行ってみた

以上、今回は仙台から新潟までの青春18きっぷの旅の模様をお届けしました!

乗り継ぎのいい時間帯を選べば、仙台から新潟までは5時間で行けてしまいます!

 

新潟は街並みがキレイですし、食べ物やお酒がめちゃめちゃ美味しい!!

そして至る所に仙台と似た雰囲気を感じることができるので、とても安心感なる場所でした・・・

あなたも機会があればぜひ、青春18きっぷで新潟へ行ってみてはいかがでしょうか?

 

よろしければ下のシェアボタンで、記事をシェアしていただけると嬉しいです!

それではまた!