地域情報

福島市の特徴や魅力とは?種類豊富な温泉とフルーツがイチオシ!

福島市の特徴や魅力とは?種類豊富な温泉とフルーツがイチオシ!
なか
なか
東北旅びよりの筆者、なか(@naka_travel)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!

今回は福島県の県庁所在地、福島市の特徴や魅力を紹介していきます。

フルーツや温泉街、ご当地グルメの円盤餃子…

魅力がたくさんあり、観光にはうってつけ。

ということで当ブログ「東北旅びより」では

  • 東北各地で鉄道一人旅をしている筆者が
  • 福島県福島市の特徴や魅力を
  • 旅行中に実際に感じた印象をもとに

詳しく紹介していきます。

何度か福島市まで旅行に行ってますが、とても素敵なところだといつも思います。

ぜひ福島市へ行く際の参考にしてみてくださいね。

福島市ってどんなとこ?

福島市の位置福島市は福島県の北部に位置する街であり、県庁所在地でもあります。

ちなみに福島県は浜通り、中通り、会津地方の3つの地方に分けられるのですが…

福島の地方引用:福島TRIP
3つの地方の特徴
  • 浜通り:太平洋に近く、海鮮が美味しい
  • 中通り:商業や交通が発達する中心地
  • 会津地方:観光に最適な歴史、文化の地

このように分けることができます。ちなみに福島市は中通りです。

さて、そんな福島市は一体どんなところなのでしょうか?

さっそくその特徴や魅力に迫っていきましょう。

福島市の特徴や魅力とは?

夏は猛暑、冬は極寒

西は吾妻連峰、東は阿武隈高地…福島市は盆地に広がる街なんです。

そのため夏はとても暑く、冬はとても寒い日が続きます。

特に夏は本当に暑くて、同じ東北であることを疑ってしまいますね…

しかしそんな気候だからこそ、できることもあるんです。

全国屈指のフルーツ王国

https://images.unsplash.com/photo-1532704868953-d85f24176d73?ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=750&q=80さくらんぼ、桃、梨、ぶどうなどなど…

福島市はフルーツの栽培量がかなりすごいです。

なか
なか
メディアではよくフルーツ王国って取り上げられてるんだよ!

果樹園は大量にありますし、フルーツパフェやフルーツシェイクなど、福島市ならではのスイーツを楽しむこともできます。

中でも特に桃が有名なので、桃が好きな方にとっては天国ですね。

なか
なか
福島の桃はすっごく甘くてジューシー…超大好きです!!

シーズンになると果物狩りもやっていたりするので、観光にもおすすめです。

奥州三名湯の飯坂温泉

飯坂温泉駅福島市といえば、飯坂温泉は外せません。

飯坂温泉は、宮城県の鳴子温泉、秋保温泉と共に奥州三名湯として古くから親しまれてきた、東北を代表する温泉なんです。

ただ飯坂温泉のお湯は、ヤケドしそうなほどあっついのでご注意を…

その熱さに慣れるまではハードですが…

体の芯までポカポカになりますし、体がすごく軽くなります。

福島駅から電車で30分ほどで行けるのでアクセス抜群。

銭湯や共同浴場が数多くあるので、湯巡りにも最適ですよ。

飯坂温泉のおすすめ共同浴場
飯坂温泉駅
【日帰り温泉】飯坂温泉の共同浴場「波来湯(はこゆ)」でリフレッシュ!福島市飯坂温泉の共同浴場「波来湯(はこゆ)」へ行ってきた模様をお届けしています。飯坂温泉は聚楽といった旅館・ホテルはもちろん、カフェや観光地もあります。旅行には最適の場所ですよ。...

飯坂温泉だけでなく、同市内には土湯温泉高湯温泉という温泉街もあります。

どれも魅力的なところなのでおすすめです。

福島市のターミナル駅 福島駅を走る列車

東北新幹線

東北新幹線JR東日本では最長を誇る東北新幹線。

福島駅では主にやまびこが乗り入れています。

なか
なか
一番速いはやぶさ号は福島県に停まってくれないんです…
はやぶさ?やまびこ?何がどう違うの?
東北新幹線の種類|はやぶさ・やまびこ・つばさ・こまち・はやて・なすのの違い
東北新幹線の種類|はやぶさ・やまびこ・つばさ・こまち・はやて・なすのの違い当ブログ「東北旅びより」では、東北新幹線はやぶさ、はやて、やまびこ、なすのの車両の種類、違いについて紹介します。また連結される山形新幹線つばさ、秋田新幹線こまちについても紹介します。...

山形新幹線

山形新幹線つばさ福島駅からは、東北新幹線は仙台方面へ。

山形新幹線は山形方面へと分岐していきます。

福島駅はその起点の駅となっているんです。

山形新幹線の福島駅~新庄駅の間は在来線と同じ線路を走るので、一味違った楽しみがあります。

山形新幹線の旅行記はこちら
福島駅に到着したとれいゆつばさ
【山形旅行記】小さな旅ホリデーパスでとれいゆつばさ・左沢線に乗車仙台から小さな旅ホリデー・パスを使い、とれいゆつばさと左沢線に乗車してきました。この切符の最大の特徴は、山形新幹線に乗れる点。当ブログ「東北旅びより」では、旅行記の他、切符の使い方なども紹介します。...

東北本線

快速シティラビット東北本線は、盛岡駅から東京駅までを結ぶ路線です。

しかし実際は上野東京ラインなどの関係で、乗り継いでいけば熱海などに行くこともできます。

市民の足として活躍する重要な路線のひとつです。

奥羽本線(山形線)

奥羽本線奥羽本線は福島駅から青森駅までを結ぶ路線です。

中でも福島駅から新庄駅までの区間は、山形線という愛称で親しまれています。

途中の峠駅で立ち売りされている力餅は、ぜひ一度食べていただきたいですね。

なお福島駅と新庄駅の間では、とれいゆつばさというジョイフルトレインが走っています。

畳のお座敷席やバーカウンター、さらには足湯まで入れてしまうという最高の観光列車です。

ぜひ一度乗ってみてください。

とれいゆつばさのレポートはこちら
新庄駅に停車中のとれいゆつばさ
【とれいゆつばさ乗車記】世界初の足湯新幹線!温泉気分を味わいながら新庄から福島へ山形新幹線で走る観光列車「とれいゆつばさ」の乗車記をお届けします。これまで各地で鉄道旅してきた筆者もイチオシしたい列車です。ここでは料金やおすすめ座席や切符、沿線の観光情報も紹介しています。...

福島交通飯坂線

福島駅に停車中の飯坂線飯坂線は、福島駅から飯坂温泉駅を結ぶ路線です。

飯坂温泉までのアクセスはこちらの電車を利用するのが便利ですよ。

飯坂温泉駅を降りた瞬間に、目の前に広がる温泉街…

とても趣のある景色が広がります。

阿武隈急行

阿武隈急行引用:Wikipedia

阿武隈急行は槻木駅(宮城県)から福島駅(福島県)を結ぶ路線です。

ちなみに「槻木」と書いて「つきのき」と読みます。

東北本線東北本線はこのように進むのに対し…

阿武隈急行阿武隈急行はこのように進みます。沿線のローカルな風景がたまらない路線です。

福島市へのアクセス【新幹線・飛行機・バス】

新幹線でのアクセス

所要時間:約1時間半

料金:8,580円~

東京からだと東北新幹線で約1時間半です。

やまびこ号かつばさ号で行くことになりますが、料金は

  • 指定席:片道9,110円
  • 自由席:片道8,580円

となっています。

都心からのアクセスは、この方法が一番便利ですね。

飛行機でのアクセス

所要時間:約1時間

料金:13,000円~

新千歳空港、伊丹空港からは福島空港までの便が出ています。

北海道や大阪に住んでいる方には、この方法が一番オススメです。

ちなみに仙台空港駅から福島駅までは1時間程度で行けるので、こちらの方法でも行くことはできます。

バスでのアクセス

所要時間:約4時間

料金:5,000円~

東京駅やバスタ新宿などから、福島駅行きのバスが出ています。

所要時間は4時間程度で、料金はだいたい5,000円程度です。

【まとめ】福島市の特徴や魅力とは?種類豊富な温泉とフルーツがイチオシ!

以上、今回は「福島市の特徴や魅力とは?種類豊富な温泉とフルーツがイチオシ!」という内容でお届けしました。

豊富でおいしいフルーツの数々。東北を代表する温泉。

そんな福島市へぜひ一度、いらしてみては?

なか
なか
下のシェアボタンで記事をシェアしていただけると嬉しいです!ではどうも、なか(@naka_travel)でした!
福島の旅行記
福島駅の入口
【Wきっぷ日帰り旅行】仙台から福島へ!円盤餃子と飯坂温泉を堪能Wきっぷを使って仙台から福島へ行き日帰り旅行をしてきたので、その模様をお届けしていきます。日帰り旅行の内容の他に、Wきっぷとはどんな切符なのか、Wきっぷ以外の仙台~福島のアクセス方法はあるのか、Wきっぷの評判なども解説しています。...
【会津・新潟 鉄道旅行記】週末パスで行く!グルメと絶景を堪能する旅
【会津・新潟 鉄道旅行記】週末パスで行く!グルメと絶景を堪能する旅仙台から週末パスを利用して、新潟と会津に行ってきました。当ブログ「東北旅びより」では筆者の実際の週末パス旅行記を紹介していくので、日帰り旅行や宿泊旅行する際の参考にしてみてください。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー