お得なきっぷ

Wきっぷの使い方【旅行記あり】|仙台~福島・山形を格安で往復

Wきっぷの使い方【旅行記あり】|仙台~福島・山形を格安で往復

どうも、フリー切符ヘビーユーザーの筆者のなか(@naka_travel)です!

今回は列車での往復利用に便利な、Wきっぷ(ダブルきっぷ)について紹介していきます。

  • 南東北で使える格安の切符が知りたい
  • 山形駅から仙台駅(または仙台駅から山形駅)まで、電車で行く予定がある
  • 福島駅から仙台駅(または仙台駅から福島駅)まで、電車で行く予定がある

といった人には特におすすめの切符ですよ。

なか
なか
日帰り旅行はもちろん、帰省や宿泊旅行にも便利だよ!ぜひ!

当ブログ「東北旅びより」では、以下の内容を紹介していきます。

  • Wきっぷ(ダブルきっぷ)の料金や対象エリア、買い方、使い方
  • Wきっぷ(ダブルきっぷ)はどのくらいお得なのか?
  • Wきっぷ(ダブルきっぷ)を使った旅行記、モデルコース

ぜひ参考にしてみてください。

Wきっぷ(ダブルきっぷ)とは?

仙台~福島間のダブルきっぷダブルきっぷとは、JR東日本が発売している2枚セットの切符です。

仙台〜福島仙台~石巻仙台〜山形福島〜郡山など、南東北の区間が対象になっています。

普通に往復分の切符を買うよりも値段が抑えられるので、かなりお得です。

Wきっぷ(ダブルきっぷ)の対象エリア・発売期間・有効期限・料金・購入場所と買い方

対象区間・エリア

  • 仙台~盛・気仙沼
  • 仙台~福島
  • 仙台~山形
  • あおば通~石巻
  • 福島~郡山
  • 郡山~会津若松から喜多方の各駅

発売期間・有効期限

発売期間通年(当日購入可)
有効期限購入日から1ヶ月間

ダブルきっぷの発売期間は通年。

利用期間に制限はないので、土日はもちろん、GWや正月でも使えます。

有効期限も1ヶ月間と長めの設定なので、幅広い使い方ができそうですね。

料金

仙台~盛・気仙沼3,760円
(1,880円)
仙台~福島1,560円
(780円)
仙台~山形1,560円
(780円)
あおば通~石巻1,560円
(780円)
福島~郡山1,460円
(720円)
郡山~会津若松から喜多方の各駅1,900円
(940円)
( )内は子ども料金です。

しかし、この料金表だけを見ても

どのくらいお得なの?本当にお得なの?

と、色々と気になるところですよね?

そこで通常の切符を往復分買った場合の料金も、以下にまとめてみました。

仙台~気仙沼4,820円
仙台~盛6,240円
仙台~福島2,680円
仙台~山形2,340円
あおば通~石巻1,720円
福島~郡山1,720円
郡山~会津若松2,340円
郡山~喜多方3,040円
大人料金のみ記載してます。

この表を見ると、どの区間も安くなっていることが分かりますね。

なかなかの割引額なので、ぜひ参考にしてみてください。

購入場所・買い方

  • 主要駅の自動券売機、指定席券売機
  • みどりの窓口
  • びゅうプラザ

ダブルきっぷは、主要駅の自動券売機や指定席券売機、みどりの窓口などで販売してます。

みどりの窓口などで係員さんから購入する場合は「○○から○○までのダブル切符ください」と言えば大丈夫です。

【モデルコース】Wきっぷ(ダブルきっぷ)を使った旅行記

仙台発の福島日帰り観光旅行

福島駅の入口実際にダブルきっぷを使って仙台から福島まで在来線で行き、日帰り旅行をしてきました。

仙台からだと1時間半ほどで福島まで行けるので、ちょっとした旅行に最適ですよ。

照井の円盤餃子Bセットご当地グルメの円盤餃子を食べれる「餃子の照井」に、超絶品スイーツを食べれる「珈琲グルメ」や、さらには飯坂温泉「波来湯」など…

福島市は観光に最適な街なので、とてもおすすめです。

旅行記はこちら
福島駅の入口
【Wきっぷ日帰り旅行】仙台から福島へ!円盤餃子と飯坂温泉を堪能Wきっぷを使って仙台から福島へ行き日帰り旅行をしてきたので、その模様をお届けしていきます。日帰り旅行の内容の他に、Wきっぷとはどんな切符なのか、Wきっぷ以外の仙台~福島のアクセス方法はあるのか、Wきっぷの評判なども解説しています。...

仙台発の山形日帰り旅行

山形駅の駅名標ダブルきっぷを使って今回訪れたのは、山形県山形市。

実は仙台市と山形市って、隣同士なんですよね。

なか
なか
交通の便がいいし、ちょっとした日帰り旅行にも最適!

旧済生館本館モダンな街並みに、カフェ、山形グルメなどなど…

山形駅周辺だけでも見どころ盛り沢山なので、とてもおすすめです。

旅行記はこちら
仙台駅に停車中の仙山線
【山形日帰り一人旅】仙台発!ダブル切符で行く秋の山形駅周辺観光仙台からダブルきっぷを利用して、山形で日帰り一人旅をしてきました。山形駅周辺は観光地やグルメスポットが多く、日帰りの旅行にうってつけです。モデルコースとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

【口コミ・評判】Wきっぷ(ダブルきっぷ)を使った人の感想は?


SNSで実際に調べたところ「コスパがいい」という声が目立ちました。

ダブルきっぷは僕もよく使っていますが、高速バスよりも最終時間が遅いですし、何より安いです。

機会があればぜひ使っていただきたい切符ですね。

【まとめ】Wきっぷの使い方|仙台~福島・山形を格安で往復

以上、今回はダブルきっぷの特徴や料金、対象エリア、モデルコースなどを紹介しました。

南東北を鉄道で移動する際には、ぜひとも利用したい切符です。

こちらの切符を利用して、各地の温泉で1泊してみたり…

さらには街歩きやグルメを楽しむのもいいですね。

なお東北にはダブルきっぷ以外にもお得な切符が数多く存在します。

詳しくは「東北のおすすめフリー切符」で紹介してるので、ぜひ参考にしてみてください。

東北のおすすめフリー切符について詳しく知るなら

【東北版】お得な乗り放題切符を鉄道旅好きの筆者が厳選!
【東北版】お得な乗り放題切符を鉄道旅好きの筆者が厳選!鉄道旅をこよなく愛する筆者が、東北で使える格安でお得なフリー切符を紹介していきます。イメージが湧きやすいように、切符を実際に使った旅行記、乗車記もセットで紹介していくので参考にしてみてくださいね。...
Wきっぷを使った旅行記
福島駅の入口
【Wきっぷ日帰り旅行】仙台から福島へ!円盤餃子と飯坂温泉を堪能Wきっぷを使って仙台から福島へ行き日帰り旅行をしてきたので、その模様をお届けしていきます。日帰り旅行の内容の他に、Wきっぷとはどんな切符なのか、Wきっぷ以外の仙台~福島のアクセス方法はあるのか、Wきっぷの評判なども解説しています。...
仙台駅に停車中の仙山線
【山形日帰り一人旅】仙台発!ダブル切符で行く秋の山形駅周辺観光仙台からダブルきっぷを利用して、山形で日帰り一人旅をしてきました。山形駅周辺は観光地やグルメスポットが多く、日帰りの旅行にうってつけです。モデルコースとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
その他の関連記事
青春18きっぷ完全攻略ガイド|使い方から裏技まで徹底解説
【2021ー22】青春18きっぷ攻略ガイド|使い方から裏技まで徹底解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷの発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記など、基礎から裏ワザまで解説します。...
山形駅前に停車した高速バス
【乗り方ガイド】仙台~山形の高速バスが予想以上に快適だった仙台市と山形市を結ぶ高速バス「山形~仙台線」に乗車してきました。車内にはコンセント・Wi-Fiが完備されていてとても快適。山形、仙台への旅行や観光に重宝したいと思ったバスでした。...
ABOUT ME
なか
なか
鉄道一人旅をこよなく愛する20代。学生時代の東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報やお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー