お得なきっぷ

【2021年版】週末パスの使い方・買い方・おすすめルートを解説

週末パスの使い方・買い方・おすすめルートを解説

どうも、鉄道一人旅が趣味の筆者なか(@naka_travel)です!

これまでに数々のフリー切符を使って、各地を旅してきた筆者。

そんな僕が今回おすすめしたいのが、週末パスというフリー切符です。

週末パス週末パスは、JR東日本で発売している土日祝日限定のフリーパス。

在来線に加え、特急券を購入すれば新幹線や特急にも乗車できてしまう最強の乗り放題切符。

日帰りでの乗り鉄はもちろん、1泊2日の鉄道旅行や、週末の新幹線でのお出かけなどに便利です。

なか
なか
使えるエリアも広いし、めっちゃおすすめ!

そんなわけで当ブログ「東北旅びより」では、以下の内容を紹介していきます。

  • 週末パスの期間や料金、対象エリア
  • 週末パスを使って感じたメリット・デメリット
  • 週末パスの元を取るには?
  • 週末パスのお得な使い方
  • 週末パスを使った実際の旅行記・おすすめルート

ぜひ参考にしてみてくださいね。

週末パスとは?

週末パス週末パスは、指定エリア内の鉄道が2日間乗り放題になる土日祝日限定のフリー切符です。

週末パスの魅力は何と言っても、乗車できる路線の多さ。

JRの路線に加え

山形鉄道、福島交通、阿武隈急行、会津鉄道(西若松~会津田島)、北越急行、上田電鉄、しなの鉄道、長野電鉄、松本電鉄、ひたちなか海浜鉄道、鹿島臨海鉄道、富士急行、伊豆急行

以上の地方私鉄、第三セクター路線に乗車できます。

なか
なか
すごっ!!めちゃめちゃ多い!!

乗り放題切符として代表的な青春18きっぷ北海道&東日本パスでは、これらのほとんどの路線が使えません。

JR以外の路線がここまで使える切符は週末パスくらいなので、かなりの強みですね。

週末パスの料金・期間・フリーエリア・買い方

料金

料金大人用:8,880円
子ども用:2,600円

発売期間と利用期間

発売期間乗車日の1ヵ月前から前日まで
利用期間土日祝日の2日間

フリーエリア・使える路線

主に南東北、甲信越、関東のJR線が対象になっています。

またJR線以外にも、以下の路線に乗車可能なのでお得です。

山形鉄道、福島交通、阿武隈急行、会津鉄道(西若松~会津田島)、北越急行、上田電鉄、しなの鉄道、長野電鉄、松本電鉄、ひたちなか海浜鉄道、鹿島臨海鉄道、富士急行、伊豆急行

なか
なか
個人的に好きな会津鉄道に乗車できるのは嬉しい!

週末パスの対象エリアを表記した地図は、JR東日本の公式サイトからご覧になれます。

買い方・購入方法

  • フリーエリア内の指定席券売機
  • みどりの窓口
  • びゅうプラザ
  • 提携販売センターおよび主な旅行会社

仙台駅の指定席券売機指定席券売機とは、駅にある紫色の券売機のこと。

「おトクなきっぷ」から週末パスを購入できます。

みどりの窓口など、係員さんから購入する際は「週末パスをください」を言えば大丈夫です。

週末パスのメリット・デメリット・注意点

週末パスのメリット

特急券の追加購入で特急・新幹線に安く乗れる

東北新幹線に安く乗るには?」でも紹介してますが、週末パスは特急券を追加購入すれば特急や新幹線に乗れます。

なか
なか
しかも通常料金よりも安く乗れちゃうんだよ!

実際どのくらいお得に乗れるのか、それぞれの往復料金を表にまとめてみました。

スマホで閲覧の場合、表は横にスクロール可能です。
区間週末パス+特急券の料金通常料金
仙台~東京
(やまびこ自由席利用)
大人:17,900円
子ども:7,100円
大人:21,120円
子ども:10,540円
新潟~東京
(とき自由席利用)
大人:17,900円
子ども:7,100円
大人:20,460円
子ども:10,220円
東京~新潟~酒田
(とき・いなほ自由席利用)
大人:19,660円
子ども:7,980円
大人:27,500円
子ども:13,740円
山形~東京
(つばさ自由席利用)
大人:18,060円
子ども:7,180円
大人:21,280円
子ども:10,620円
新庄~東京
(つばさ自由席利用)
大人:18,960円
子ども:7,640円
大人:24,380円
子ども:12,180円
上越妙高~東京
(はくたか自由席利用)
大人:16,360円
子ども:6,340円
大人:17,820円
子ども:8,900円

表を見ると分かるように、どのエリアも安くなっていることが分かります。

特に東京から新潟経由で酒田へ行く場合、8,000円近く安くなるのでかなりお得です。

首都圏~庄内間の帰省や旅行の際に便利ですよ。

JR以外の路線が沢山使える

週末パスはJRの路線に加え

山形鉄道、福島交通、阿武隈急行、会津鉄道(西若松~会津田島)、北越急行、上田電鉄、しなの鉄道、長野電鉄、松本電鉄、ひたちなか海浜鉄道、鹿島臨海鉄道、富士急行、伊豆急行

といった合計13路線の私鉄、第三セクター路線に乗車できるのが最大の特徴。

僕もこの特徴を活かすべく、週末パスで会津鉄道に乗車しました。

塔のへつり
【会津鉄道会津線 旅行ブログ】塔のへつりにソースカツ丼!冬の沿線を観光週末パスで会津鉄道会津線に乗車し、冬の沿線で一人旅をしてきました。塔のへつりや、会津名物のソースカツ丼など見所満載です。旅行や観光の際の参考にしていただければと思います。...

JRとJR以外の路線にまとめて乗れる乗り放題切符はめったにないので、とてもおすすめです。

子ども用料金が激安

週末パスは大人用料金が8,880円なのに対し、子ども用料金はなんと2,600円。

なか
なか
安すぎっ!!

新幹線や特急を使う場合、子どもの特急料金は

  • 小学生:半額
  • 6歳未満:無料

となっているので、週末の家族旅行にもうってつけですよ。

週末パスのデメリット・注意点

土日祝日しか使えない

週末パスは土日祝日しか使えません。

平日の利用はできないのでご注意を!

年末年始やゴールデンウィーク、お盆は使えない

基本的に年末年始期間やゴールデンウィーク期間、お盆期間は毎年利用日の対象外になっています。

詳しい利用日は下記のJR東日本公式サイトをご確認ください。

利用日前日までじゃないと買えない

週末パスは利用日の1ヵ月前から前日までの販売です。

そのため利用日当日になってからだと購入できないのでご注意を!

北東北(青森・秋田・盛岡など)では使えない

週末パスのエリアの北限は、基本的に南東北まで。

秋田や青森、盛岡では使えないのでご注意を!

北東北でも使えるフリーパスをお探しなら、三連休東日本・函館パスも検討してみてください。

三連休東日本・函館パスなら、週末パスのエリアに加え、北東北や函館近辺の路線も乗り放題になります。

三陸鉄道リアス線にも乗車できますし、とてもおすすめです。

関連記事【初心者向け】三連休東日本・函館パスの使い方やおすすめのモデルプランを解説

元を取るには?週末パスとその他のサービスを徹底比較

悩んでる人
悩んでる人
週末パスって、実際どのくらいお得なん?
なか
なか
それを今から紹介していくね!

新幹線に乗車する場合

東北新幹線に安く乗るには?」でも紹介してますが、週末パスは特急券を追加購入すれば特急や新幹線にも乗車可能

なか
なか
通常料金より安く乗れちゃうこともあるよ!

実際どのくらいお得に乗れるのか、主要区間の往復料金を表にまとめてみました。

スマホで閲覧の場合、表は横にスクロール可能です。
区間週末パス+特急券の料金通常料金
仙台~東京
(やまびこ自由席利用)
大人:17,900円
子ども:7,100円
大人:21,120円
子ども:10,540円
新潟~東京
(とき自由席利用)
大人:17,900円
子ども:7,100円
大人:20,460円
子ども:10,220円
東京~新潟~酒田
(とき・いなほ自由席利用)
大人:19,660円
子ども:7,980円
大人:27,500円
子ども:13,740円
山形~東京
(つばさ自由席利用)
大人:18,060円
子ども:7,180円
大人:21,280円
子ども:10,620円
新庄~東京
(つばさ自由席利用)
大人:18,960円
子ども:7,640円
大人:24,380円
子ども:12,180円
上越妙高~東京
(はくたか自由席利用)
大人:16,360円
子ども:6,340円
大人:17,820円
子ども:8,900円

表を見ると分かるように、どのエリアも安くなっていることが分かります。

特に東京から新潟経由で酒田へ行く場合、8,000円近く安くなるのでかなりお得です。

なか
なか
帰省とかにも使えそうでいいね!
  • 単純な往復利用ではない
  • 短区間でのみ新幹線・特急を使いたい

以上の場合は、通常通り新幹線を予約するよりも、週末パスを利用した方がお得になりやすいです。

えきねっとトクだ値と比較した場合

JR東日本には「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」などといった新幹線の割引サービスがあります。

ここでは、通常料金から30%~35%OFFになる「お先にトクだ値」と、週末パス+特急券の料金を比較してみました。

スマホで閲覧の場合、表は横にスクロール可能です。
区間週末パス+特急券の往復料金トクだ値30の往復料金トクだ値35の往復料金
仙台~東京
(やまびこ指定席利用)
大人:18,960円
子ども:7,640円
大人:15,780円
子ども:3,940円
大人:14,660円
子ども:3,660円
新潟~東京
(とき指定席利用)
大人:17,900円
子ども:7,100円
大人:15,320円
子ども:7,660円
大人:14,220円
子ども:7,100円
酒田~新潟~東京
(いなほ・とき指定席利用)
大人:19,660円
子ども:7,980円
大人:22,960円
子ども:11,380円
酒田~新潟は設定なし
山形~東京
(つばさ指定席利用)
大人:18,960円
子ども:7,640円
大人:16,600円
子ども:8,280円
大人:15,440円
子ども:7,680円
なか
なか
あれ?大人料金は全体的にお先にトクだ値の方が安い…?

新幹線や特急で往復利用だけしたい場合、区間によっては「えきねっとトクだ値」や「お先にトクだ値」を使う方が安くなることもあるんです。

まとめ
  • 出発地~目的地の往復利用のみ
    →えきねっとトクだ値・お先にトクだ値
  • 目的地が複数ある or 旅程を自由に組みたい
    →週末パス

余談ですが、期間限定で「お先にトクだ値スペシャル」というキャンペーンが実施されることも。

このキャンペーンを利用すれば、特急や新幹線が50%OFFで乗れます。

なか
なか
週末パスを使うよりも安くなることが多いよ!

詳しくは「お先にトクだ値スペシャルについて」にて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

お先にトクだ値スペシャルについて詳しく知るなら

お先にトクだ値スペシャルで東北の新幹線・特急が半額に!予約方法や注意点を解説
お先にトクだ値スペシャルで東北の新幹線・特急が半額に!予約方法や注意点を解説お先にトクだ値スペシャルの2020・2021年版の情報が発表されました。東北新幹線、山形・秋田新幹線や特急に半額で乗れるチャンスです。ここでは対象列車や発売期間、利用期間、買い方、注意点など解説します。...

【モデルコース】週末パスで乗りたいおすすめ路線・おすすめルート

週末パスを使ったおすすめルート

【新潟・会津】会津鉄道と磐越西線で行く、会津グルメ旅

仙台駅週末パスを使い、会津と新潟まで1泊2日の旅行に出かけました。

会津田島駅に停車中の会津鉄道週末パスはJRの他にも、様々な私鉄に乗れるのが特徴。

見どころ満載の会津鉄道に乗車しました。

ソースカツ丼のカツそれ以外にも、会津の絶品ご当地グルメ「ソースカツ丼」や…

新発田駅に停車中のGV-E400系ウワサの新型車両GV-E400系に…

新津駅に停車中の磐越西線キハ40引退間近のキハ40系など、かなり内容盛り沢山です。

ぜひ週末パス旅行の参考にしてみてください。

旅行記はこちら

【会津・新潟 鉄道旅行記】週末パスで行く!グルメと絶景を堪能する旅
【会津・新潟 鉄道旅行記】週末パスで行く!グルメと絶景を堪能する旅仙台から週末パスを利用して、新潟と会津に行ってきました。当ブログ「東北旅びより」では筆者の実際の週末パス旅行記を紹介していくので、日帰り旅行や宿泊旅行する際の参考にしてみてください。...

【仙台・福島・山形・東京】週末パスで行く1泊2日の東北乗り鉄旅行

週末パスを利用して、1泊2日の東北旅行を楽しんできました。

仙台駅に停車中の特急ひたち
快速あいづ
古川駅に停車中のリゾートみのり
新庄駅に停車中のとれいゆつばさ

今回の旅行は、とにかく乗り鉄。

9年ぶりに復活した仙台発の特急ひたち、指定席付きの快速あいづ、観光列車のリゾートみのりとれいゆつばさ

色んな列車に乗ってきました。

旅行記はこちら

【南東北 一人旅】仙台発!週末パスで行く1泊2日の乗り鉄ブログ
【南東北 一人旅】仙台発!週末パスで行く1泊2日の乗り鉄ブログ週末パスを利用して、宮城(仙台)、福島、山形で1泊2日の乗り鉄旅行をしてきました。9年ぶりに復活した常磐線特急ひたちや、磐越西線の指定席付き快速列車あいづなど、今話題の鉄道ネタを中心にまとめています。...

週末パスで乗りたい東北のおすすめ路線・観光列車

海里

酒田駅に停車中の海里海里は2019年10月にデビューしたばかり。

今かなり注目を集めている観光列車です。

海里の車窓から見える鳥海山山形県側では庄内平野や月山など…

海里の車窓から見える日本海新潟県側では笹川流れといった日本海の絶景…

このように海と山の景色を一気に楽しめるのが特徴ですね。

海里の乗車記はこちら

鶴岡駅に停車中の海里
【快速海里 乗車記ブログ】青春18きっぷで乗れる観光列車で酒田から新潟へ!料金や座席表も紹介観光列車 海里で酒田から新潟へ向かいました。当ブログ「東北旅びより」では乗車記に加えて、車内や座席表、売店、時刻表、料金などをこれから乗る人向けに分かりやすく解説します。...

SLばんえつ物語

会津若松駅に停車中のSLばんえつ物語SLばんえつ物語は、その名の通りSLを使った観光列車。

運行開始から20年経過した今でも人気が衰えることはなく、大人にも子どもにも愛される列車です。

昔ながらの客車、木目調のデザインが特徴的で、そのレトロさが大正ロマンを彷彿させます。

SLばんえつ物語の車窓山の中を走る路線なので、車窓の見ごたえも抜群。

四季折々の景色を楽しめるので、とてもおすすめです。

SLばんえつ物語の乗車記はこちら

会津若松駅に停車中のSLばんえつ物語
【SLばんえつ物語グリーン車 乗車記】豪華客車で広大な車窓を楽しみながら新津から会津若松へ新津駅~会津若松駅間を走る観光列車「SLばんえつ物語」のグリーン車に乗車しました。当ブログ「東北旅びより」では旅行記に加え、客車内や座席表、料金、予約方法なども紹介していきます。...

只見線

只見線で運行するキハE120形只見線は、会津若松駅(福島県会津若松市)~小出駅(新潟県魚沼市)の約135㎞を結ぶ路線。

只見線全国的に秘境ローカル線として有名です。

その理由は、時刻表を見てもらえばすぐに分かるかと…

会津川口駅の時刻表
なか
なか
本数少なっ!!

2018年5月現在の会津川口駅の時刻表です。

沿線のほとんどが無人駅で、会津川口駅発の列車はなんと1日に6本…

また只見線沿線は豪雪地帯のため、冬期になると運休になる列車が続出します。

なか
なか
まさにローカル線って感じだね…!
  • 運行本数が極端に少ない
  • 快速列車の運転ゼロ
  • 沿線は無人駅だらけ

そんなド田舎を走る路線ですが…

実は絶大な人気を誇るローカル線ということをご存知ですか?

只見線の車窓只見線は「絶景の秘境路線」と呼ばれているんです。

絶景というだけあって

  • 日本経済新聞「紅葉の美しい鉄道路線ベストテン」第1位
  • 日本経済新聞「雪景色のきれいなローカル線ベストテン」第3位
  • 旅と鉄道「好きなJRローカル線ランキング(東日本編)」第1位
  • 中国の人気SNS微博(ウェイボー)にて「世界で最もロマンチックな鉄道」として話題に

と、メディアからの評価もピカイチ。

国内だけでなく、海外からも支持を得ているローカル線です。

入広瀬駅を出発して赤い鉄橋が見えてくる只見線只見線沿線は国内屈指の超豪雪地帯。

車窓から雪景色を楽しめます。

早戸駅絶景秘境駅として有名な早戸駅があるのも、只見線沿線。

徒歩圏内に温泉もあるので、旅行がてら立ち寄るのもいいかと思います。

会津川口駅出発後の只見線の車窓新緑の時期もかなりおすすめ。

写真映え間違いなしです。

只見線の旅行記はこちら

小出駅発の只見線縁結び号
【只見線キハ40旅行記】引退間近の車両に乗って冬の沿線を観光!青春18きっぷで只見線キハ40系に乗り、小出駅から会津若松駅まで行きました。東北のローカル線の中で特にイチオシしたいのがこの鉄道。春夏秋冬違った景色を見れるので観光におすすめです。...

只見線の会津川口駅~只見駅間で運行する代行バスも、週末パスで乗車可能です。

【口コミ・評判】週末パスを実際に使った人ツイッターでの感想は?

鉄道を乗り継いで遠方に向かうも良し、特急や新幹線を利用するのも良し…

用途に合わせて色んな使い方ができるのが週末パスの強みです。

ぜひ利用してみてください。

【2021年版】週末パスの使い方・買い方・おすすめルートを解説|まとめ

以上、今回は「【2021年版】週末パスの使い方・買い方・おすすめルートを解説」という内容でお届けしました。

1泊2日の鉄道旅にとてもおすすめの週末パス。

用途に合わせて、新幹線や特急を自由に組み合わせられるのも魅力的です。

機会があればぜひ、週末パスでお出かけしてみては?

東北で使えるお得な切符まとめ
【東北版】お得な乗り放題切符を鉄道旅好きの筆者が厳選!
【東北版】お得な乗り放題切符を鉄道旅好きの筆者が厳選!鉄道旅をこよなく愛する筆者が、東北で使える格安でお得なフリー切符を紹介していきます。イメージが湧きやすいように、切符を実際に使った旅行記、乗車記もセットで紹介していくので参考にしてみてくださいね。...
週末パスを使った旅行記
【会津・新潟 鉄道旅行記】週末パスで行く!グルメと絶景を堪能する旅
【会津・新潟 鉄道旅行記】週末パスで行く!グルメと絶景を堪能する旅仙台から週末パスを利用して、新潟と会津に行ってきました。当ブログ「東北旅びより」では筆者の実際の週末パス旅行記を紹介していくので、日帰り旅行や宿泊旅行する際の参考にしてみてください。...
【南東北 一人旅】仙台発!週末パスで行く1泊2日の乗り鉄ブログ
【南東北 一人旅】仙台発!週末パスで行く1泊2日の乗り鉄ブログ週末パスを利用して、宮城(仙台)、福島、山形で1泊2日の乗り鉄旅行をしてきました。9年ぶりに復活した常磐線特急ひたちや、磐越西線の指定席付き快速列車あいづなど、今話題の鉄道ネタを中心にまとめています。...
ABOUT ME
なか
鉄道一人旅をこよなく愛する20代。学生時代の東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報やお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー