旅行記

【週末パス旅行記】仙台発!冬の会津と新潟の観光地・ローカル線を遊び尽くせ!

会津若松駅に停車中の会津鉄道会津線
なか
なか
どうも、なか(@lbxxx3535)です!

仙台から週末パスを利用して、1泊2日で新潟と会津の観光旅行に行ってきました。

実際にこの切符を使ってみて分かりましたが、他のフリー切符と比べてもかなり使い勝手がいいですね…

会津の超絶景スポットご当地グルメを満喫したり…

新潟の超近未来的な新型車両に乗車したりなど、おかげでかなり内容盛り沢山の旅行となりました。

なか
なか
週末パス、めっちゃおすすめ!

ということで当ブログ「東北ひとりっぷ」では

  • 週末パスがどんな切符なのか知りたい
  • 週末パスを使うとどんな旅行ができるのか知りたい

という人のために、筆者の実際の週末パス旅行記を紹介していきます。

ぜひ旅行する際の参考にしてみてくださいね。

なお旅行記本編から見たい場合は「2.【週末パス旅行記】仙台発!冬の会津と新潟の観光地・ローカル線を遊び尽くせ!」からご覧ください。

なか
なか
もくじからジャンプできるよ!

1.週末パスとは?

週末パス週末パスは、指定エリア内の鉄道が2日間乗り放題になる土日祝日限定のフリー切符です。

この切符の魅力は何と言っても、乗車できる路線の多さ。

JRの路線に加え

山形鉄道、福島交通、阿武隈急行、会津鉄道(西若松~会津田島)、北越急行、上田電鉄、しなの鉄道、長野電鉄、松本電鉄、ひたちなか海浜鉄道、鹿島臨海鉄道、富士急行、伊豆急行

といった地方私鉄、第三セクター路線に乗車できます。

なか
なか
すごっ!!めちゃめちゃ多い!!

乗り放題切符として代表的な青春18きっぷ北海道&東日本パスでは、これらの路線は使えません。

JR以外の路線がここまで使える切符は週末パスくらいなので、かなりの強みですね。

週末パスについて詳しく知るなら

週末パスの買い方・使い方
【初心者向け】週末パスの使い方・買い方・おすすめコースを解説数々のフリー切符で旅してきた筆者が今回おすすめしたいのが、週末パスという乗り放題切符。当ブログ「東北ひとりっぷ」では週末パスの期間や料金、対象エリア、使って感じたメリット・デメリットなどを紹介していきます。...

2.【週末パス旅行記】仙台発!冬の会津と新潟の観光地・ローカル線を遊び尽くせ!

①仙台駅から東北本線・磐越西線で会津若松へ

仙台駅の駅名標出発地は仙台駅。

まずは東北本線に乗車し、終点の郡山駅を目指します。

https://twitter.com/lbxxx3535/status/1216114944925503488

車窓からものすごく綺麗な朝焼けが見えました。

鈍行の旅は朝が早く少しハードではあるものの、このような景色も見れるのでやめられません。

郡山駅仙台駅から約2時間半、終点の郡山駅に到着。

郡山駅に停車中の磐越西線ここから磐越西線の会津若松行きに乗り換えます。

車内はスキー場利用者で賑わっていました。

沿線には「猪苗代スキー場」というゲレンデがあるので、おそらく皆さんそこまで行かれるのでしょう。

なか
なか
猪苗代駅からシャトルバスに乗って15分くらいだから、アクセス抜群!

会津若松駅郡山駅から1時間半ほどで会津若松駅に到着しました。

②会津鉄道で会津田島駅へ レストランヴォーノを訪問

会津若松駅から乗車するのは会津鉄道会津線

会津若松駅~会津高原尾瀬口(あいづこうげんおぜぐち)駅間で走る第三セクター鉄道です。

会津鉄道会津線こちらが会津鉄道の車両。

とてもかわいらしいラッピングです。

会津鉄道AT-550形の車内車内はこんな感じ。

4人掛けのボックスシートをメインとした車内です。

会津鉄道のボックスシート座席にはテーブルも設置されていました。

折り畳み式になっており、写真の状態よりも広げることも可能。

会津鉄道の車内Wi-Fiなんと車内にはフリーWi-Fiも…!

なか
なか
なんて画期的なローカル線なんだ…!

Wi-Fiがあるローカル線は全国を見ても少ないので、これはかなりの強みですよ…

西若松駅出発後の会津鉄道の車窓会津鉄道の車窓からは、辺り一面に広がる田園風景が見られます。

この日本古来の景色を終始眺められるのが、会津鉄道沿線の魅力ですね。

本当に落ち着きます。

会津田島駅会津若松駅から1時間ちょっとで、終点の会津田島駅に到着しました。

階段にあるヴォーノの看板会津田島駅内にはヴォーノというレストランが入ってます。

駅ナカの施設なので、列車の待ち時間に立ち寄るのもいいですね。

ちょうどお昼時ですし、せっかくなのでこちらで昼食をとることにしましょう。

ヴォーノの詳細はこちら

ソースカツ丼のカツ
【会津田島 ヴォーノ】ランチにおすすめ!名物ソースカツ丼を堪能会津田島駅内にあるレストランヴォーノで、ご当地グルメのソースカツ丼を食べてきました。ここではヴォーノの営業時間や定休日、アクセス方法、会津田島駅近辺のおすすめ観光スポット、温泉街などを紹介していきます。...

会津田島駅からは再び会津鉄道に乗車し、会津若松駅へ戻ります。

しかしただ戻っても面白くないので、ちょっと変わった列車に乗車することに…

会津若松駅に停車中の会津鉄道会津線会津鉄道ではAIZUマウントエクスプレスという快速列車が走ってるんですが、この列車がすごいんですよ…

会津鉄道会津線の車内なんと快速列車にも関わらず、全座席がリクライニングシート。

会津鉄道会津線の座席のテーブルテーブルもついており、まるで特急に乗っているかのような感覚を味わえてしまいます。

もちろん乗車券のみで利用可能。

なか
なか
めちゃめちゃ乗り得~!

AIZUマウントエクスプレスは、会津若松駅~鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅・東武日光駅間で1日3往復の運転。

【会津若松駅発】

2号:6:58発(鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)行き)

4号:7:52発(東武日光行き)

6号:12:51発(東武日光行き)

【東武日光駅・鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅発】

1号:10:01発(鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)発)

3号:11:43発(東武日光発)

5号:16:33発(東武日光発)

となっているので、乗車する際の参考にしてみてください。

ということで会津田島駅からはAIZUマウントエクスプレス3号に乗車し、会津若松駅を目指します。

会津田島駅に停車中の会津鉄道…という予定だったんですが、ホームまで行ってみたら…

あれ?これはさっき乗ってきた車両ですね…

あの真っ赤なボディのカッコいい車両がどこにも見当たらない…

なか
なか
楽しみにしてたのに~~!ついてない!!

なぜかこの日は車両が違ってました…

理由は分かりませんが、まあ仕方ないですね…

お楽しみはまだまだ残ってますから…!

会津若松駅に停車中の磐越西線ということで、会津若松駅に到着しました。

ここからは再び磐越西線に乗車し、終点の新津駅を目指します。

磐越西線は

  • 郡山駅~会津若松駅・喜多方駅(電化区間)
  • 会津若松駅~新津駅(非電化区間)

で運行が分かれてまして、これから乗車するのは非電化区間の会津若松駅~新津駅間。

この区間はSLばんえつ物語という観光列車を走らせてることもあり、車窓の見ごたえ抜群です。

③新津駅から新型車両GV-E400系に乗車

会津若松駅から約2時間半、新潟県の新津駅に到着しました。

この日は新潟駅付近の宿をとっていたので、目的地まであと少しです。

信越本線の路線図新津駅から新潟駅へ行く場合、信越本線に乗るのが一般的なルートですが…

羽越本線と白新線の路線図今からとある列車に乗車するため、一度新発田(しばた)駅を経由してから新潟駅へ向かうことにします。

新発田駅に停車中のGV-E400系そのとある列車というのが、こちら。

新型車両のGV-E400系です。

GV-E400系は現在、主に新潟でしか使われていませんが…

近い将来、東北でも津軽線五能線などに導入される予定になっているんです。

なか
なか
東北に来るとなっては乗らないわけにはいかない!

ということで、新型車両は一体どんな設備をもった列車なのか?

実際に乗って確かめてみることにしました。

GV-E400系の乗車レポートはこちら

新発田駅に停車中のGV-E400系
【GV-E400系 車内レポート】秋田や新潟で運用予定のキハ40に代わる新型車両JR東日本の新型車両「GV-E400系」に乗車しました。現在は新潟でのみの運行ですが、2020年度からは秋田などでもキハ40系の置き換えとして導入される予定。ここでは車内の様子や運用時刻表などを紹介していきます。...

夜の新潟駅ということで、本日の目的地である新潟駅に到着しました。

新潟で1泊し、夜が明けたらまた会津若松へ向かいます。

なか
なか
AIZUマウントエクスプレスに乗れなかったのがどうしても心残りで…明日こそは…!!

④磐越西線で新津駅から会津若松駅へ

新津駅ということで一夜明け、新潟駅から新津駅に再び戻ってきました。

新津駅に停車中の磐越西線キハ40新津駅からはまた磐越西線に乗車し、終点の会津若松駅へ向かいます。

なか
なか
今度こそ…!!AIZUマウントエクスプレスに乗るんだ…!!

2020年3月で引退することが決まっている、こちらのキハ40系という車両。

おそらく磐越西線でキハ40系に乗るのは、これが最後ですね…

個人的にキハ40系ほど旅情を感じられる鉄道はないと思っているので残念ではありますが、時代の流れには逆らえないので仕方ありません。

乗り納めの意味も込めつつ、車窓の絶景を楽しむことにしましょう。

磐越西線の乗車レポートはこちら

新津駅に停車中の磐越西線キハ40
【磐越西線 乗車記】引退が決まったキハ40で新津から会津若松へGV-E400系へ置き換えとなる磐越西線のキハ40系で新津駅から会津若松駅まで行くことに。当ブログ「東北ひとりっぷ」では乗車記に加え、キハ40の運用時間帯、GV-E400系の簡単な紹介もしていきます。...

⑤会津鉄道に乗って観光名所「塔のへつり」へ

新津駅から約2時間半、再び会津若松駅に戻ってきた筆者。

次のAIZUマウントエクスプレスが出発するまではまだまだ時間があったので、どこかで観光をしようかと思ったんですが…

会津若松駅に停車中の会津鉄道
なか
なか
ん…!?あれはもしや…!?

あの真っ赤なボディの車両はまさしく…!

昨日乗りたかったAIZUマウントエクスプレスの車両ではないですか…!

時刻表を確認したところ、どうやら普通列車としてこの後使われるそう。

なか
なか
これはもう乗るしかないでしょ~!!

ということで念願の車両に乗車し、会津鉄道沿線で観光を楽しんできました。

会津鉄道と塔のへつりの観光レポートはこちら

塔のへつり
【会津鉄道 旅行記】会津線で冬の沿線と塔のへつりを観光!週末パスで会津鉄道に乗車し、塔のへつりで観光してきました。ここでは会津鉄道の車両や沿線の観光地、塔のへつりのアクセス方法や駐車場の有無、周辺の食事処などを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。...

⑥会津若松駅に到着 帰路につく

念願の真っ赤な会津鉄道に乗車でき、とても満足気の筆者。

帰る時間になってしまったので、会津若松駅から磐越西線で郡山駅まで向かいます。

なか
なか
また来るよ会津~!

郡山駅に到着したやまびこ郡山駅からは東北新幹線やまびこ号に乗車して、仙台駅まで向かいます。

普段ははやぶさ号、こまち号として運用されているE5系とE6系がやってきました。

週末パス今回利用している週末パスですが、新幹線に乗車する場合は特急券を支払うだけでOK

乗車券代を節約できるのでありがたいです。

E6系の車内ちなみにE5系、E6系がやまびことして使われている場合、乗るならE6系の方がおすすめです。

  • 普通車(全7両のうちの6両)がすべて自由席
  • 全車指定席のこまちのイメージが強いためか、あまり人が来ない

といった理由があり、E6系の方に乗ると自由席でもほぼ確実に座れます。

駅の案内板に「やまびこ号の17両編成」と表示されていたらこの編成が来るので、覚えておくと便利ですよ。

夜の仙台駅前郡山駅から約30分、仙台駅に到着しました。

大好きな会津の観光もできたし、新型車両やもうすぐ引退の車両にも乗車できたし…

とても充実した旅となりました。

3.【週末パス旅行記】仙台発!冬の会津と新潟の観光地・ローカル線を遊び尽くせ!|まとめ

以上、今回は「【週末パス旅行記】仙台発!冬の会津と新潟の観光地・ローカル線を遊び尽くせ!」という内容でお届けしました。

東北新幹線に安く乗る方法」でも解説しているように、週末パスは用途によって様々な使い方ができるのが最大の強みです。

今回のような泊まりがけの旅行はもちろん、日帰り旅行にもおすすめ。

鈍行や観光列車などでゆったり旅をするのも良し、新幹線の利用に使うのも良し…

中でも特に観光列車の旅は個人的にイチオシしたいですね。

週末パスは対象エリアが広いので、様々な観光列車に乗車できます。

東北のおすすめ観光列車」では僕が実際に乗ってみて良かった観光列車を紹介してるので、旅行の参考にしてみてください。

東北のおすすめ観光列車はこちら

東北のおすすめ観光列車まとめ
【2020年】乗って良かった!東北のおすすめ観光列車3選東北各地で鉄道一人旅をしている筆者が、また乗りたいと感じた、東北のおすすめ観光列車を3つ紹介していきます。実際の体験談に基づいて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
その他の関連記事はこちら
東北で使えるおすすめフリー切符まとめ
【おすすめ】東北で使えるお得なフリー切符を鉄道旅好きが厳選!鉄道旅をこよなく愛する筆者が、東北で使える格安でお得なフリー切符を紹介していきます。イメージが湧きやすいように、切符を実際に使った旅行記、乗車記もセットで紹介していくので参考にしてみてくださいね。...
東北のおすすめ絶景ローカル線まとめ
【2020年】ぜひ乗ってほしい東北のおすすめ絶景ローカル線5選東北で鉄道旅がしたいあなたへ。これまでに東北の各地で鉄道旅をしてきた筆者が、電車旅におすすめしたい絶景ローカル線を5つ、厳選して紹介していきます。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です