お得なきっぷ

【2019年】あきたホリデーパスの使い方|期間限定!秋田の鉄道旅におすすめ

あきたホリデーパス
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!

秋田県での鉄道旅におすすめの切符「あきたホリデーパス」について紹介していきます。

あきたホリデーパスは期間限定で、冬季期間の土日祝日と年末年始のみの発売。

秋田県で鉄道旅をするなら、このフリー切符はぜひ使っていただきたいところ。

ここだけの話ですが…

秋田県では通年で売られてる乗り放題切符がほとんどないんです。

なか
なか
だったら秋田で鉄道旅するなら、この切符使うっきゃないね!

ということで、当ブログ「東北ひとりっぷ」では

  • あきたホリデーパス期間料金対象エリア
  • あきたホリデーパスはどのくらいお得なのか?
  • あきたホリデーパスのおすすめの使い方

をメインに紹介していきます。

ぜひ旅行の参考にしてみてくださいね。

1.あきたホリデーパスとは?

あきたホリデーパスは、秋田県内の対象エリアが1日乗り放題になるフリー切符です。

JRの路線に加え

  • 秋田内陸縦貫鉄道(鷹ノ巣駅~角館駅)
  • 由利高原鉄道(由利本荘駅~矢島駅)

といった第三セクター鉄道に乗れるのが大きな特徴。

第三セクター鉄道とは?
  • 国や自治体(第一セクター)と民間企業(第二セクター)が共同で運営する鉄道会社のこと
  • 例:道南いさりび鉄道、青い森鉄道、しなの鉄道、肥薩おれんじ鉄道など

秋田県内で鉄道旅をするにはうってつけの切符です。

2.あきたホリデーパスの詳細(期間・料金・対象エリア・発売箇所)

①発売期間と利用期間

発売期間: 2019年12月6日~2020年2月16日

利用期間:2019年12月14日~2020年2月16日の土日祝日および2019年12月21日~2020年1月5日の毎日

年末年始期間は土日祝日関係なく、毎日利用できます。

②料金

  • 大人料金:2,440円
  • 子ども料金:1,220円
  • 大人の休日俱楽部会員:1,880円

JRが提供しているサービス「大人の休日俱楽部」の会員であれば、通常より安く切符を買えます。

③対象エリア

引用:鉄道コム

秋田県内の主要エリアのほとんどが対象エリアになってるのが特徴です。

正月限定の臨時列車

  • なまはげ柴灯まつり号(全車指定席)
  • 大館アメッコ市号(一部指定席)
  • 犬っこまつり号(一部指定席)
  • かまくらまつり号(全車自由席)

にも乗車できます。

リゾートしらかみ、秋田新幹線、特急つがる・いなほ、急行もりよしに乗車する場合、あきたホリデーパスでは乗れません。別途で乗車券と特急券が必要です。

④発売箇所

  • 対象エリア内のみどりの窓口
  • 指定席券売機
  • びゅうプラザ
  • 主な旅行会社

3.あきたホリデーパスはどのくらいお得?

あきたホリデーパスは、どのくらいお得な料金設定になっているのでしょうか?

なか
なか
普通に切符を買って往復した料金も調べてみたよ!

秋田駅を起点として、主要エリアまでの料金のみ載せています。

出発駅到着駅通常往復料金
(子ども料金)
秋田駅能代駅2,340円
(1,170円)
男鹿駅1,540円
(770円)
鷹ノ巣駅3,040円
(1,520円)
大館駅3,960円
(1,980円)
大曲駅1,980円
(990円)
田沢湖駅3,380円
(1,690円)
横手駅2,680円
(1,340円)
羽後本荘駅1,540円
(770円)

あきたホリデーパスでJRの路線に乗るなら

  • 遠方に行く場合
  • 近場でも途中下車を何度もする場合

に使うのがおすすめです。

ちなみに秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道で通常通り往復すると、以下のようになります。

秋田内陸縦貫鉄道
出発駅到着駅通常往復料金
(子ども料金)
鷹巣駅角館駅3,400円
(1,700円)
由利高原鉄道
出発駅到着駅通常往復料金
(子ども料金)
羽後本荘駅矢島駅1,220円
(610円)

秋田内陸縦貫鉄道の場合なら往復すれば元は取れますが…

由利高原鉄道の場合はそうもいきません。

なので、僕としておすすめしたい乗り方は

秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道を1日でどっちも乗ってしまう

という方法ですね。

秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道はJRに比べて切符の料金が高いです。

それぞれの鉄道会社で発売されているフリー切符を買ったとしても

  • ホリデーフリーきっぷ全線タイプ(秋田内陸縦貫鉄道):2,000円
  • 楽楽遊遊乗車券(由利高原鉄道):1,100円

なので、2つとも買うとあきたホリデーパスの料金を超えてしまいます。

あきたホリデーパスで第三セクター鉄道を利用する場合は

  • 秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道どっちも乗る場合
  • 途中下車を何度もする場合

がおすすめです。

4.【まとめ】2019年 あきたホリデーパスが期間限定で発売!秋田での鉄道旅におすすめ

以上、今回は「【2019年】あきたホリデーパスが期間限定で発売!秋田での鉄道旅におすすめ」という内容でお届けしました。

まとめると、あきたホリデーパスは以下のような人におすすめです。

こんな人におすすめ!
  • 秋田県内で鉄道旅をしたい人
  • 鉄道を使って遠方まで行く人
  • 何度も途中下車をする予定の人
  • 鉄道の乗りつぶしがしたい人

コスパを重視するなら秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道の2つに乗るのがおすすめですね。

JRの路線に比べて料金が高いのでお得に乗れますし、車窓も見ごたえがあります。

この冬はあきたホリデーパスを使って鉄道旅をしてみては?

なか
なか
下のシェアボタンで記事をシェアしていただけると嬉しいです!ではどうも、なか(@lbxxx3535)でした!
秋田県の関連記事はこちら
塩チーズ豚骨ラーメン
【秋田市 ゆぎ屋】ラーメンにチーズ!?一度食べれば超病みつき!秋田市のラーメン屋「ゆぎ屋」に行ってきました。おすすめは何と言っても塩チーズ豚骨ラーメン。トマトラーメンもかなり好評で、とてもおすすめです。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、ゆぎ屋のメニューやアクセス方法も解説してます。...
深浦駅出発前のリゾートしらかみ
【リゾートしらかみ旅行記】日本海の絶景路線!おすすめ座席や車内・料金も紹介リゾートしらかみ5号くまげら編成に乗って、秋田駅から青森駅まで行きました。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、車内の詳しい解説やおすすめ絶景ポイントなど詳しく紹介していきます。...
701系5000番台
【田沢湖線 乗車記】新幹線との並走、峠越えの車窓が見どころ!北海道&東日本パスを利用し、田沢湖線で大曲駅から盛岡駅まで行きました。当ブログ【東北ひとりっぷ】では、乗車した感想に加え使用車両、時刻表、沿線の観光情報やアクセス方法なども紹介してきます。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です