お得なきっぷ

【初心者向け】あきたホリデーパス 2022夏|期間限定!秋田のJR線などが乗り放題になるフリー切符

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

JR東日本ニュース」にある通り、あきたホリデーパスの2022年版の詳細がJRから正式に発表されました。

なか
なか
秋田で鉄道一人旅するならおすすめの切符だよ~!

ここだけの話ですが、秋田県では通年で販売しているJRのフリー切符がほとんどないんですよね…

そのため、秋田県内での鉄道旅行を検討している人には朗報と言えます。

鷹巣駅に停車中の秋田内陸線何と言ってもあきたホリデーパスの最大の魅力は、JR線以外の秋田内陸線・由利高原鉄道も乗り放題になる点。

なか
なか
秋田の日帰り旅行におすすめ!ぜひ!

当ブログ「東北旅びより」では、これまでに様々な乗り放題切符で旅をしてきた筆者が、以下の内容を紹介していきます。

  • あきたホリデーパスの発売期間・利用期間や料金、対象エリア
  • あきたホリデーパスの魅力・メリット
  • あきたホリデーパスはどのくらいお得なのか?
  • あきたホリデーパスで乗車したいローカル線

ぜひ旅行の参考にしてみてくださいね。

あきたホリデーパスとは?

あきたホリデーパスあきたホリデーパスは、秋田県内の対象エリアが1日乗り放題になるフリー切符。

  • 秋田内陸縦貫鉄道(鷹ノ巣駅~角館駅)
  • 由利高原鉄道(由利本荘駅~矢島駅)

以上のJR以外の路線にも乗れるのが大きな特徴です。

秋田県内で日帰り鉄道旅をするならうってつけの切符ですよ。

あきたホリデーパスの期間・料金・対象エリア・発売箇所・買い方・払い戻し方法について

発売期間と利用期間

発売期間紙の切符:2022年8月19日(金)~2022年9月25日(日)
デジタル版:2022年8月27日(土)~2022年9月25日(日)
利用期間2022年8月27日(土)~2022年9月25日(日)までの土・日・祝日

2022年版からは新たにデジタル版が登場しました。

デジタル版を使用する場合は、スマートフォン上の専用サイト「TOHOKU MaaS」にて購入する必要があります。

そのため、デジタル版はみどりの窓口では買えないのでご注意を!

※利用日当日でも購入できます

料金

大人2,440円
子ども1,220円
大人の休日俱楽部会員1,880円

「大人の休日俱楽部」の会員であれば、通常より安く切符を買えます。

デジタル版には、大人の休日倶楽部会員用はありません。

対象エリア

あきたホリデーパスの対象エリア以上のエリアが1日乗り放題になります。

県内主要エリアのほとんどが対象になっているので、日帰り旅行にはうってつけの切符といえますね。

秋田新幹線やリゾートしらかみ、特急つがる・いなほ、急行もりよしに乗車する場合、別途で特急券や急行券、指定席券が必要です。

発売箇所

  • 対象エリア内のみどりの窓口
  • 指定席券売機
  • びゅうプラザ
  • 主な旅行会社

指定席券売機での買い方

仙台駅の指定席券売機ここでは指定席券売機での、あきたホリデーパスの購入方法を紹介します。

なか
なか
指定席券売機は、紫色の自動券売機のことだよ!

お得なきっぷをタッチするまずはトップ画面から「おトクなきっぷ」を選択。

おトクなきっぷをタッチ上の「おトクなきっぷ」のボタンを選択。

指定席券売機であきたホリデーパスを購入する方法購入可能なフリー切符が複数出てくるので、その中なら「あきたホリデーパス」を選択。

あきたホリデーパスの指定席券売機での購入方法切符を使用する日付を選択。

日付は購入日当日から1ヶ月先まで選択可能です。

あきたホリデーパスを券売機で買う方法最後に、切符が必要な人数を選択。

あきたホリデーパスを指定席券売機で購入するやり方最終確認画面。

内容を確認して正しければ購入します。

ぜひ参考にしてみてください。

大人の休日俱楽部会員用を購入する場合は、以下の手順になります。

  1. 「大人の休日俱楽部割引きっぷ」をタッチ
  2. 大人の休日俱楽部カードを挿入し「確認」をタッチ
  3. 「おトクなきっぷ」をタッチ
  4. 「大人の休日倶楽部会員限定きっぷ」をタッチし、あきたホリデーパスを選択

払い戻し方法

払い戻しは、未使用で有効期間内に限り、フリーエリア内の駅員のいる窓口で可能です。

払い戻しの際、220円の手数料がかかります。

「大人の休日倶楽部会員用」の払戻しの際は、切符の購入時に使用した「大人の休日倶楽部カード」をご持参ください。

【メリット】あきたホリデーパスの魅力はこれ!

鉄道旅行シーズンを避けて旅ができる

あきたホリデーパスの利用期間は、2022年8月27日~2022年9月25日。

9月中頃になれば、夏休みなどの旅行シーズン真っ只中ではないですし、青春18きっぷシーズンのような混み合う時期でもない…

そのため人混みを避けて、ゆったりと鉄道旅を楽しむことができるのです。

なか
なか
特に今のご時世はありがたい!

JR以外の路線(秋田内陸線・由利高原鉄道)にも乗れる

鷹巣駅に停車中の秋田内陸線JR線の他、第三セクター鉄道路線である秋田内陸線・由利高原鉄道に乗車することも可能。

青春18きっぷなどでは乗車できない路線ですし、観光がてら乗ってみるのもアリかと思います。

NewDays・NewDaysKIOSKでの買い物がお得に

利用日にフリーエリア内のNewDays・NewDaysKIOSKで「あきたホリデーパス」を提示すると、以下のような割引サービスを受けられます。

  • 紙のきっぷ合計金額が4,500円(税込)以内の買い物1回に限り、5%割引
  • デジタル版合計金額にかかわらず、回数無制限で5%割引

※割引対象外の商品もあります

※他の割引サービス・クーポン券・特典等と併用できません

※割引サービスは各店舗の有人レジでお申し出ください

※セルフレジ、NewDaysKIOSK東能代駅店(セルフレジのみ設置の店舗)は、割引サービスは受けられません

あきたホリデーパスはどのくらいお得?

旅行者
旅行者
あきたホリデーパスってどのくらいお得なの?
なか
なか
それを下の表に簡単にまとめてみたよ!

秋田駅を起点として、主要エリアまでの料金だけ載せています。

スマホで閲覧の場合、表は横にスクロール可能です。
出発駅到着駅通常往復料金
(子ども料金)
秋田駅能代駅2,340円
(1,170円)
男鹿駅1,540円
(770円)
鷹ノ巣駅3,040円
(1,520円)
大館駅3,960円
(1,980円)
大曲駅1,980円
(990円)
田沢湖駅3,380円
(1,690円)
横手駅2,680円
(1,340円)
羽後本荘駅1,540円
(770円)
  • いくつかの路線を乗り継ぎながら、遠方に行く場合
  • 途中下車を何度もする場合

あきたホリデーパスでJRの路線に乗るなら、以上の場合に使うと元を取りやすいです。

ちなみに秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道で通常通り往復すると、以下のようになります。

スマホで閲覧の場合、表は横にスクロール可能です。
秋田内陸縦貫鉄道
出発駅到着駅通常往復料金
(子ども料金)
鷹巣駅角館駅3,400円
(1,700円)
秋田駅角館駅
(鷹巣駅経由)
3,220円
(1,610円)
※片道料金
由利高原鉄道
出発駅到着駅通常往復料金
(子ども料金)
羽後本荘駅矢島駅1,220円
(610円)
秋田駅矢島駅
(羽後本荘駅経由)
2,760円
(1,380円)

ちなみに由利高原鉄道、秋田内陸縦貫鉄道では、以下のフリー切符も販売してます。

  • 秋田内陸ワンデーパス全線タイプ(秋田内陸縦貫鉄道):2,500円
  • 楽楽遊遊乗車券(由利高原鉄道):1,100円

合わせて参考にしてみてください。

【おすすめ路線】あきたホリデーパスで乗りたい秋田のローカル線

男鹿線(秋田~男鹿)

男鹿駅に停車中のACCUM男鹿線は、秋田駅から奥羽本線を経由して追分(おいわけ)駅~男鹿駅の約26kmを結ぶローカル線。

沿線には「男鹿なまはげライン」と愛称がつけられているのが特徴です。

なか
なか
男鹿半島はなまはげ発祥の地なんだよ!

2021年3月のダイヤ改正で、男鹿線で使われていた国鉄車両キハ40系は、新型車両のACCUM(アキュム)に置き換えられました。

秋田駅に停車中の男鹿線ACCUMちなみにこちらが蓄電池電車ACCUMと呼ばれるEV-E801系。

なか
なか
なんとまあ目立つデザイン。

男鹿線沿線は電線がないレール区間…

いわゆる非電化区間と呼ばれるもの。

そのため電車の乗り入れができず、気動車(燃料を原動力として走る車両)を導入していました。

ですがACCUM(アキュム)は非電化区間でも走れる電車ということから、次世代を担う車両として注目を浴びています。

男鹿駅の外観終点の男鹿駅は、2017年に駅舎が新しくなったのでピカピカです。

男鹿駅
なか
なか
男鹿駅は東北の駅百選に選ばれてるんだよ!

道の駅おが男鹿駅前の歩道をまっすぐ進むと、オガーレという観光施設があります。

しょっつるソフト
オガーレで販売されている特産品

ハタハタを始めとした特産品が売られてますし、他には飲食店なども。

観光にうってつけの場所です。

男鹿線のレポートはこちら
秋田駅に停車中の男鹿線ACCUM
【男鹿線ACCUM 乗車記】車内や運用時刻表なども一挙紹介!秋の乗り放題パスを利用して、男鹿線の新型蓄電池電車ACCUM(アキュム)に乗車しました。当ブログ「東北旅びより」ではACCUMの乗車記に加え、車内や運用時刻表、男鹿線の乗車におすすめの切符を紹介していきます。...

由利高原鉄道(羽後本荘~矢島)

由利高原鉄道の鳥海山ろく線は、秋田県由利本荘市の羽後本荘駅~矢島駅間を結ぶ路線。

国鉄の特定地方交通線であった矢島線を引き継ぎ誕生しました。

基本的にワンマン運転ですが、午前中の1往復はアテンダントが乗務する「まごころ列車」として運転しています。

その名の通り、車窓からは鳥海山を始めとした美しい風景を楽しめますよ。

羽越本線 特急いなほ(秋田~象潟のみ)

新潟駅に停車中の特急いなほ特急いなほは、羽越本線・白新線経由で運行する特急列車。

新潟駅~酒田駅~秋田駅間を約3時間半で結んでいます。

特急いなほグリーン車のA席・B席特急いなほの最大の特徴は、圧倒的な快適性を誇るグリーン車

  • 2列+1列の3列広々シート
  • 新幹線をはるかに上回るシートピッチ
  • 充電コンセント付き
  • 車窓を楽しめるフリースペースあり
シートピッチとは、座席前方の足元の空間のことを指します。
なか
なか
こりゃとんでもねえぞ。

鉄道旅行者の中では「豪華すぎるグリーン車」として有名で、在来線の特急列車としては最高のスペックだと言われています。

筆者はこれまでに様々な車両に乗ってきましたが、特急いなほのグリーン車は間違いなくトップクラスの快適性です。

特急いなほグリーン車の車窓から見える日本海
陸羽西線の車窓から見える鳥海山

座席だけでなく、車窓の景色も抜群。

羽越本線の魅力はなんといっても、その風光明媚な車窓です。

車窓はもちろん、在来線トップクラスとも言える特急いなほのグリーン車。

一度は乗る価値アリですよ。

なか
なか
旅の思い出にぜひ!
特急いなほグリーン車のレポートはこちら
【特急いなほグリーン車 乗車記】驚愕!豪華すぎると噂の快適車両に乗ってきた
【特急いなほグリーン車 乗車記】驚愕!豪華すぎると噂の快適車両に乗ってきた特急いなほ7号のグリーン車に乗車し、新潟駅から秋田駅へ。充電コンセント付き・広々とした座席・海が見える車窓という豪華設備の車内。特に最前列はおすすめです。酒田・鶴岡や秋田での観光のお供にぜひ!...

秋田内陸縦貫鉄道 秋田内陸線(鷹巣~角館)

鷹巣駅に停車中の秋田内陸線秋田内陸縦貫鉄道は、鷹巣駅と角館駅を結ぶ第三セクター鉄道路線。

秋田内陸線の魅力は何と言っても、ほぼ全線を通して広大な自然を車窓から楽しめるところ。

なか
なか
季節によって違った風景を見れるから、いつ乗っても楽しいよ!

中でも冬の秋田内陸線の車窓は、とてもおすすめ。

車窓から見える雪景色がまるで水墨画のようで、思わず見入ってしまいます。

打当温泉マタギの湯
阿仁前田温泉クウィンス森吉

「打当温泉マタギの湯」「阿仁前田温泉クウィンス森吉」など、沿線には温泉地も数多く、途中下車して日帰り入浴をするのもおすすめです。

なか
なか
いい温泉だしぜひぜひ!
秋田内陸線のレポートはこちら
鷹巣駅に停車中の秋田内陸線
【秋田内陸線 旅行記】冬の絶景車窓に温泉!雪景色を堪能しつつ沿線を観光秋田内陸線に乗車し、雪景色と温泉を堪能しながら全線乗車してきました。特に冬の車窓はとても魅力的。当ブログ「東北旅びより」では旅行記の他、車両の詳細やおすすめのフリーきっぷ、沿線の宿泊情報などもお届けします。...
打当温泉マタギの湯のレポートはこちら
打当温泉マタギの湯
【打当温泉マタギの湯】体の芯からぽかぽかに!日帰り入浴しながら雪景色を堪能秋田県北秋田市「打当温泉マタギの湯」にて日帰り入浴をしてきました。最寄り駅の阿仁マタギ駅からは離れてますが、事前予約で送迎も可能。日帰り利用もできるので、秋田内陸縦貫鉄道の旅行がてら立ち寄るのもおすすめです。...

花輪線(大館~湯瀬温泉)

十和田南駅に停車中の花輪線キハ110花輪線は、岩手県盛岡市の好摩駅から、秋田県大館市の大館駅までの約107kmを結ぶ路線。

全列車がいわて銀河鉄道線の盛岡駅〜好摩駅を経由して、大館方面へ直通します。


路線の愛称は、十和田八幡平四季彩(とわだはちまんたいしきさい)ライン。

その名にふさわしい、山や渓谷などの風光明媚な車窓が魅力のローカル線です。

特に秋の紅葉や、冬の雪景色の車窓は圧巻…

沿線には温泉地も点在していますし、乗り鉄にもおすすめですよ。

花輪線の旅行記はこちら
【花輪線 盛岡~大館 旅行記ブログ】冬の車窓は必見!秘境ローカル線に乗って雪見鉄
【花輪線 盛岡~大館 旅行記ブログ】冬の車窓は必見!秘境ローカル線に乗って雪見鉄青春18きっぷを使い、盛岡発大館行きの花輪線に乗車。山や渓谷、紅葉、雪景色など風光明媚な車窓が魅力的な路線。当ブログ「東北旅びより」では旅行記・乗車記の他、乗り方や見どころなども紹介していきます。...

【初心者向け】あきたホリデーパス 2022夏|期間限定!秋田のJR線などが乗り放題になるフリー切符|まとめ

以上、今回は「【初心者向け】あきたホリデーパス 2022夏|期間限定!秋田のJR線などが乗り放題になるフリー切符」という内容でお届けしました。

まとめると、あきたホリデーパスは以下のような人におすすめです。

こんな人におすすめ!
  • 秋田県内で鉄道旅行がしたい
  • 鉄道で遠方まで行く
  • 何度も途中下車をする予定
  • 鉄道の乗りつぶしがしたい

機会があればぜひ、あきたホリデーパスを使って鉄道旅行をしてみては?

東北で使えるお得な切符
【東北版】お得な乗り放題切符を鉄道旅好きの筆者が厳選!
【東北版】お得な乗り放題切符を鉄道旅好きの筆者が厳選!鉄道旅をこよなく愛する筆者が、東北で使える格安でお得なフリー切符を紹介していきます。イメージが湧きやすいように、切符を実際に使った旅行記、乗車記もセットで紹介していくので参考にしてみてくださいね。...
青春18きっぷ完全攻略ガイド|使い方から裏技まで徹底解説
【初心者向け】青春18きっぷ攻略ガイド|使い方から裏ワザまで徹底解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷの発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記など、基礎から裏ワザまで解説します。...
【初心者向け】北海道&東日本パス|普通列車が1週間乗り放題に!使い方・範囲・モデルコースを紹介
【初心者向け】北海道&東日本パス 2022年夏|普通列車が1週間乗り放題に!使い方・範囲・モデルコースを紹介北海道&東日本パスの2022ー23年春・夏・冬の情報が発表されました。当ブログ「東北旅びより」では切符の発売期間や利用期間、対象範囲・エリア、モデルコース・旅行記、おすすめ路線などを紹介していきます。...
週末パスの使い方・買い方・おすすめルートを解説
【2021年版】週末パスの使い方・買い方・おすすめルートを解説日帰りでの乗り鉄旅行や1泊2日のお出かけ、帰省など幅広い使い方ができるフリーパス、週末パス。当ブログ「東北旅びより」では、切符の期間や料金、エリア、元を取る方法、実際の旅行記・おすすめルートなどを紹介します。...
ABOUT ME
なか
鉄道一人旅をこよなく愛する20代。学生時代の東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報やお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー