ローカル線乗車記

【男鹿線ACCUM 乗車記】カラフルすぎる!次世代を担う蓄電池電車

秋田駅に停車中の男鹿線ACCUM
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!

秋の乗り放題パスを利用して、男鹿線新型蓄電池電車ACCUM(アキュム)」に乗車してきました。

なか
なか
あんなカラフルな電車初めて見たよ!!

とてもカラフルでかわいらしい電車だったので、かなり印象に残りましたね…

ということで、当ブログ「東北ひとりっぷ」では

  • 男鹿線の新型蓄電池電車「ACCUM(アキュム)」の乗車記
  • ACCUM(アキュム)の車内運用時刻表
  • 男鹿線の乗車におすすめの切符

などをメインに紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.男鹿線ACCUM乗車に利用した秋の乗り放題パスとは?

秋の乗り放題パス秋の乗り放題パスとは、JRの普通列車や快速列車、BRTが3日間乗り放題になるフリー切符です。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム)の略
  • バス専用道などを走ることで、路線バスよりも速達性、定時性を確保できる
  • 現在、JRが運営するBRTは気仙沼線BRT、大船渡線BRTの2つ
BRTの乗車記はこちら
石巻線の車窓
【旅行記】小さな旅ホリデーパスで石巻線・気仙沼線BRTに乗車小さな旅ホリデーパスを使って、仙台から石巻、女川、気仙沼まで鉄道とBRTを乗り継ぐ旅。被災地の現状をこの目で確かめるため、約300kmの旅に出ることにしました。...
気仙沼駅
【旅行記】大船渡線BRTで気仙沼へ|激レア海鮮グルメ「かまトロステーキ」大船渡線BRTで宮城県気仙沼市へ向かい、「かまトロステーキ」という激レア海鮮グルメを食べてきたので、今回はその模様をお届けしています。気仙沼の激レア海鮮グルメ「かまトロステーキ」とは、一体どんな料理なのでしょうか?大船渡線BRTの車窓から見える絶景も必見です。...

JRの路線であれば日本中どこへでも行けてしまうので、とても便利ですよ。

7,850円で発売されているので、1日あたり約2,620円分使えば元が取れます。

秋の乗り放題パスについて詳しく知るなら
秋の乗り放題パス
【初心者向け】秋の乗り放題パス 2019年版|買い方・使い方を解説秋の乗り放題パスの2019年版の詳細が発表されました。ここでは料金や買い方、使い方、発売期間や利用期間などの基本情報に加えて、メリットとデメリット、モデルコース、注意点なども解説します。...

2.男鹿線ってどんな路線?

引用:Wikipedia

男鹿線は追分(おいわけ)駅~男鹿駅の約26kmを結ぶ路線。

ですが奥羽本線の追分(おいわけ)駅~秋田駅間にも乗り入れているので、実際は秋田駅~男鹿駅間での運行となっています。

沿線には「男鹿なまはげライン」と愛称がつけられているのも特徴。

なか
なか
男鹿半島はなまはげ発祥の地なんだよ!

3.男鹿線で走る新型車両ACCUM(アキュム)について

①蓄電池電車ACCUM(アキュム)とは?

秋田駅に停車中の男鹿線ACCUM男鹿線では新型のACCUM(アキュム)という車両が走っています。

ACCUM(アキュム)とは?
  • 男鹿線で運用されている「蓄電池駆動電車」の愛称
  • 蓄電池を意味する英単語「accumulator」が由来

蓄電池電車なので、車両にはバッテリーを搭載。

男鹿線男鹿線沿線は電線がないレール区間、いわゆる非電化区間と呼ばれるもの。

そのため電車の乗り入れができず、気動車(燃料を原動力として走る車両)を導入していました。

ですがACCUM(アキュム)は非電化区間でも走れる電車ということから、次世代を担う車両として注目を浴びています。

なか
なか
昔の車と電気自動車の違いみたいな感じだね!

②蓄電池電車ACCUM(アキュム)の車内

ACCUMの車内ACCUM(アキュム)の車内はこんな感じ。

2両編成で、座席はすべてロングシートです。

ACCUMの車内表示車内には電気の流れを表すモニターも。

なか
なか
なまはげもうつってる!かわいい~!

③蓄電池電車ACCUM(アキュム)の運用時刻表

③-1 下り(秋田駅発)

  • 秋田発8:52 男鹿着9:49
  • 秋田発12:08 男鹿着13:05
  • 秋田発15:28 男鹿着16:28

③-2 上り(男鹿駅発)

  • 男鹿発10:21 秋田着11:19
  • 男鹿発13:45 秋田着14:44
  • 男鹿発16:58 秋田着17:47

ACCUM(アキュム)は1日3往復の運行。

今のところは日中をメインに運用されているようですね。

4.【男鹿線ACCUM 乗車記】新型蓄電池電車で秋田駅から男鹿駅へ

①秋田駅からACCUM(アキュム)に乗車

秋田駅の駅名標スタートは秋田駅。

秋田県の県庁所在地、秋田市を代表する駅です。

ここから男鹿線の新型蓄電池電車ACCUM(アキュム)に乗車していきます。

秋田駅に停車中の男鹿線ACCUMホームへ行くと、すでにACCUM(アキュム)が入線してました。

なか
なか
真っ赤っか!めっちゃ目立つ!!
秋田駅に停車中のACCUM
なか
なか
でも後ろは真っ青!!

かなり目立つデザインですね…

秋田駅のなまはげちなみにこのデザイン、なまはげをモチーフに作られているんだとか。

男鹿線の車両車両の側面には男鹿線の愛称「男鹿なまはげライン」の表記が。

ACCUMの車両ACCUM(アキュム)の文字もしっかりと書かれてます。

②秋田駅を出発

追分駅秋田駅を定刻通りに出発した男鹿線。出発時点では乗客は20人ほど。

約15分で途中の追分(おいわけ)駅に到着しました。

追分(おいわけ)駅からは奥羽本線と分岐し、男鹿半島を突き進んでいきます。

③男鹿半島を走り抜ける男鹿線

男鹿半島を走る男鹿線ACCUM森林の中を走り抜ける男鹿線。

男鹿線は海沿いを走る路線ですが、防風林などが立ち並んでいて車窓から海は見えないんです…

④男鹿駅に到着 道の駅OGAREを散策

男鹿駅の駅名標秋田駅から約1時間、終点の男鹿駅に到着しました。

男鹿駅の外観男鹿駅の外に出てみることに。

男鹿駅は2017年に駅舎を新築したばかりなので、とても新しいです。

男鹿駅
なか
なか
男鹿駅は東北の駅百選に選ばれてるんだよ!

道の駅おが男鹿駅前の歩道をまっすぐ進むと、オガーレという観光施設があります。

オガーレで販売されている特産品ハタハタを始めとした特産品が売られてますし、他には飲食店なども。

観光にうってつけの場所です。

オガーレの駐車場付近オガーレから少し歩くと、男鹿半島の海岸が見えてきます。

この日は快晴だったのでとても綺麗でした。

⑤秋田駅行きの男鹿線ACCUMに乗車

男鹿駅に停車中のACCUM発車時刻が迫ってきてるので、さっそく乗り込みましょう。

先ほどのACCUM(アキュム)で折り返し秋田駅へ向かいます。

男鹿線の前面展望
なか
なか
特等席ゲット~!

車窓を楽しむのが醍醐味(だいごみ)の鉄道旅ですが、先頭車両から眺める景色もまた良くておすすめです。

キハ40と行き違いになったACCUM途中の二田(ふただ)駅では、男鹿線の旧型車両キハ40と行き違いになりました。

男鹿線こちらが男鹿線のキハ40。

重圧あるエンジン音、窓を開けて眺める風景、味のある車内…

キハ40は個人的に大好きな車両で、これほど鉄道旅の旅情を感じれるものは他にないと思ってます。

先日、JR東日本秋田支社は「将来的に男鹿線すべての車両を蓄電池電車にする」と発表しました。

つまり…男鹿線からキハ40が姿を消してしまう未来も、そう遠くはないということです。

2020年度以降に順次投入するということなので、キハ40に乗りたい人は早めに乗っておいた方がよさそうですね…

男鹿線だけでなく、近い将来キハ40を東日本で見るのは困難になってくると思われます。

なか
なか
僕の大好きな只見線でも、キハ40から新型車両に置き換わることになっちゃったからね…他の路線も近いうちにそうなるかも!
会津若松駅に停車中の只見線
只見線 復旧・全線開通は2021年度!絶景の秘境路線の魅力を語る絶景の秘境路線、只見線の特徴や魅力を紹介していきます。東北各地を鉄道旅する筆者が中でもおすすめしたいのが、このローカル線。2011年の豪雨被害の復旧状況や全線開通について、車両の置き換えについても解説します。...

秋田駅の駅名標男鹿駅から1時間、秋田駅に戻ってきた筆者。

時刻はお昼時ということで、これから”とある場所”へ向かいます。

どこへ向かったのかと言うと…?

続きはこちら
塩チーズ豚骨ラーメン
【秋田市 ゆぎ屋】ラーメンにチーズ!?一度食べれば超病みつき!秋田市のラーメン屋「ゆぎ屋」に行ってきました。おすすめは何と言っても塩チーズ豚骨ラーメン。トマトラーメンもかなり好評で、とてもおすすめです。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、ゆぎ屋のメニューやアクセス方法も解説してます。...

5.男鹿線ACCUMの乗車に便利な切符!期間限定のあきたホリデーパス

JR東日本では、期間限定であきたホリデーパスというフリー切符を発売します。

普段、秋田県では鉄道の乗り放題切符が発売されていないんです…

なか
なか
そしたらこの切符、買うっきゃないね!!

秋田県で鉄道旅ができるチャンスなので、ぜひ利用されてみては?

あきたホリデーパス
【2019年】あきたホリデーパスの使い方|期間限定!秋田の鉄道旅におすすめ秋田での鉄道旅におすすめのフリー切符「あきたホリデーパス」の2019年最新版の詳細が発表されました。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、切符の料金や期間、対象エリア、使い方などを紹介していきます。...

6.【まとめ】男鹿線ACCUM乗車記 カラフルすぎる!次世代を担う蓄電池電車

以上、今回は「【男鹿線ACCUM 乗車記】カラフルすぎる!次世代を担う蓄電池電車」という内容でお届けしました。

男鹿駅近くのオガーレでは特産品の購入はもちろん、秋田グルメを食べることも可能。

ちょっと足を運べば男鹿水族館にも行けます。

観光にうってつけなので、ぜひ男鹿まで足を運んでみては?

なか
なか
下のシェアボタンで記事をシェアしていただけると嬉しいです!ではどうも、なか(@lbxxx3535)でした!
秋田の関連記事はこちら
深浦駅出発前のリゾートしらかみ
【リゾートしらかみ旅行記】日本海の絶景路線!おすすめ座席や車内・料金も紹介リゾートしらかみ5号くまげら編成に乗って、秋田駅から青森駅まで行きました。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、車内の詳しい解説やおすすめ絶景ポイントなど詳しく紹介していきます。...
塩チーズ豚骨ラーメン
【秋田市 ゆぎ屋】ラーメンにチーズ!?一度食べれば超病みつき!秋田市のラーメン屋「ゆぎ屋」に行ってきました。おすすめは何と言っても塩チーズ豚骨ラーメン。トマトラーメンもかなり好評で、とてもおすすめです。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、ゆぎ屋のメニューやアクセス方法も解説してます。...
あきたホリデーパス
【2019年】あきたホリデーパスの使い方|期間限定!秋田の鉄道旅におすすめ秋田での鉄道旅におすすめのフリー切符「あきたホリデーパス」の2019年最新版の詳細が発表されました。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、切符の料金や期間、対象エリア、使い方などを紹介していきます。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です