旅行記

【ダブルきっぷ旅行記】仙台から山形へ!三津屋の絶品そばを堪能

仙台駅に停車中の仙山線

どうも、グルメ旅行にハマっている筆者のなか(@lbxxx3535)です!

ダブルきっぷを利用して、日帰りで仙台から山形へ行ってきました。

なか
なか
なんか無性に〇〇が食べたい…!

そんなことを思ったことはないですか?

僕はあります。何度も何度もあります。

今回もまさにそんな感じです。

「なんか無性に蕎麦が食べたい!」

「蕎麦と言ったらやっぱり山形!」

「よっしゃ~山形行くぞ~!」

計画時間およそ1分、山形への弾丸日帰り旅行…

そんな行き当たりばったりの旅行記をお楽しみください…

今回の内容
  • ダブルきっぷってどんな切符?
  • 今回お邪魔した「そば処三津屋 出羽路庵 駅前大通り店」の紹介
  • 仙台山形間のおすすめのアクセス方法

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダブルきっぷとは?

仙台~福島間のダブルきっぷダブルきっぷとは、JR東日本が発売している2枚セットの切符

  • 仙台~盛・気仙沼
  • 仙台~福島
  • 仙台~山形
  • あおば通~石巻
  • 福島~郡山
  • 郡山~会津若松から喜多方の各駅

など、南東北の区間が対象になっています。

普通に往復分の切符を買うよりも値段が抑えられるので、かなりお得です。

ダブルきっぷについて詳しく知るなら

ダブルきっぷとは?
Wきっぷの使い方【旅行記あり】|仙台~福島・山形を格安で往復Wきっぷ(ダブルきっぷ)について紹介していきます。仙台~福島・山形・石巻間などの区間を1,540円で往復できるのでおすすめですよ。発売期間、利用期間、買い方、モデルコースや旅行記などもまとめています。...

【ダブルきっぷ旅行記】仙台から山形へ!三津屋の絶品そばを堪能

仙台駅から仙山線で山形駅へ

仙台駅始まりは仙台駅。

ここから仙山線に乗車し、終点の山形駅を目指します。

仙台駅の電光掲示板仙山線は7番線、8番線からの発車です。

18時45分発の山形行きに乗車します。

仙台駅に停車中の仙山線こちらがこれから乗る仙山線。

仙台ではよく見かける、E721系という車両です。

仙山線の沿線には高校や大学が密集してることから、利用者の大半は学生。

そのため時間帯によってはけっこう混みます。

余談ですが、沿線の愛子(あやし)駅は難読駅名としてとても有名なんですよ。

東北地方の難読駅名まとめ
【東北版】いくつ読める?難読駅名まとめ!当ブログ「東北旅びより」では、東北地方の難読駅名について紹介していきます。撫牛子、勿来…東北には難しい読み方の駅名が沢山。あなたはいくつ読めますか?...

仙山線の車窓仙台駅を定刻通りに出発した仙山線。

この時点ですっかり日が暮れてしまっていました。

乗客は仕事帰りのサラリーマンや、学校帰りの学生がほとんど。

旅行客と思わしき人はいません。

そうに決まってます…

そもそも、こんな時間に仙台から山形まで旅に出ようと思う人間はいないですよね…

なか
なか
どうしても山形の蕎麦が食べたかったんだ…!!

山形駅に到着 そば処三津屋を訪問

山形駅仙台駅から1時間半ほどで、終点の山形駅に到着しました。

三津屋の入口今回お邪魔したのはそば処三津屋 出羽路庵 駅前大通り店。

三津屋は山形で展開している蕎麦屋で、その歴史はなんと大正時代まで遡るのだそう。

伝統的な山形蕎麦を食べれるお店として親しまれています。

実は仙台にも1店舗だけ三津屋がありまして、そっちに行った方が断然近かったんですが

なか
なか
どうせ食べるならやっぱり本場で食べたいよね!

ということで、はるばる山形までやって来ました。

三津屋の店内・メニュー

三津屋の店内店内はこんな感じ。

20時半過ぎくらいだったので、お客さんは僕を含めて2人しかいませんでした。

僕が蕎麦を食べるためだけにわざわざ仙台から山形へやってきたクレイジーな人間だということは、この店内にいる方々には予想もつかなかったでしょう。

仕事終わりの20代山形県民男子を華麗に演じつつ、素知らぬ顔でメニューをささっと開きます。

三津屋のメニュー三津屋のメニューメニューはざっとこんな感じ。

温かいそば、冷たいそば、店舗限定メニューや一品料理、アルコールなど…

種類豊富に揃ってます。

ざるそばを注文

三津屋のざるそば今回はシンプルなざるそばを注文。

注文から5分ちょっとで到着しました。

なか
なか
早い…!

硬めの茹で加減で、ほのかな香りがある山形の蕎麦。

個人的にとても好みです。

また、めんつゆも見た目こそさっぱりしているものの出汁が効いててこれまた美味しい。

さすが麺王国、山形…

山形には鳥中華を始めとした絶品グルメが数多くありますが、蕎麦も外せないですね…

次に来た時は違うメニューを注文してみようかと思います。

なか
なか
ごちそうさまでした~!

仙山線で仙台へ

山形駅に停車中の仙山線山形駅に戻ってきました。

再び仙山線に乗り仙台駅へ戻ります。

なんと終電での帰宅です…

なか
なか
さすがに仙台出発するのが遅すぎたかあ~…

こうして山形日帰り弾丸旅行が終了したのでした。

そば処三津屋 出羽路庵 駅前大通り店の営業時間・定休日・アクセス・駐車場

駐車場:あり

定休日:水曜日(祝祭日除く)

営業時間:【月・火・木・金】11:00~15:00 17:00~24:00【土・日・祝】11:00~24:00

アクセス:JR山形駅から徒歩7分

口コミ・評判:そば処 三津屋 出羽路庵 駅前大通り店|食べログ

ダブルきっぷ以外での仙台から山形へのアクセス方法

仙山線

【片道料金】1,170円

【往復料金】2,340円

【ダブルきっぷの料金】1,560円

仙台駅~山形駅間は1,170円なので、往復料金は2,340円。

ダブルきっぷの方が780円お得になるのでおすすめです。

高速バス

【片道料金】950円

【往復料金】1,700円

仙台駅~山形駅間では高速バスも運行しています。

時間帯によっては10分に1本走ってるので、利便性がかなり高いです。

仙山線はダブルきっぷを使えば高速バスよりも安いですが、本数はなんと1時間に1本…

安さを取るなら仙山線ですが、利便性を考えるなら高速バスがおすすめです。

高速バス山形仙台線の乗車レポートはこちら

山形駅前に停車した高速バス
【乗車記】仙台~山形の高速バスが予想以上に快適だった仙台市と山形市を結ぶ高速バス「山形~仙台線」に乗車してきました。車内にはコンセント・Wi-Fiが完備されていてとても快適。山形、仙台への旅行や観光に重宝したいと思ったバスでした。...

【ダブルきっぷ旅行記】仙台から山形へ!三津屋の絶品そばを堪能|まとめ

以上、今回は「【ダブルきっぷ旅行記】仙台から山形へ!三津屋の絶品そばを堪能」という内容でお届けしました。

ダブルきっぷは日帰り旅行にも便利な切符です。

時間の関係上、今回はそばを食べて終わってしまいましたが…

早い時間から現地へ行けば十分に観光を楽しめます。

またダブルきっぷの有効期間は1ヵ月とかなり長め。

ちょっとした帰省にも使えるお得な切符です。

機会があればぜひ、ダブルきっぷを使ってみては?

関連記事はこちら
福島駅の入口
【Wきっぷ日帰り旅行】仙台から福島へ!円盤餃子と飯坂温泉を堪能Wきっぷを使って仙台から福島へ行き日帰り旅行をしてきたので、その模様をお届けしていきます。日帰り旅行の内容の他に、Wきっぷとはどんな切符なのか、Wきっぷ以外の仙台~福島のアクセス方法はあるのか、Wきっぷの評判なども解説しています。...
金の鳥中華
【山形 新旬屋本店】金の鳥中華が売り!新庄市の人気ラーメン屋山形県新庄市のラーメン屋「新旬屋本店」に行ってきました。山形名物の鳥中華を扱っているお店ですが、中でもイチオシは金の鳥中華。新庄駅から徒歩4分と好立地ですし、とてもおすすめですよ。...
山形市の特徴や魅力
山形市の魅力や特徴とは?|観光に外せないおしゃれスポットにグルメ山形県山形市の特徴や魅力を紹介していきます。蔵王温泉、山寺、さらにはそば、ラーメンなどの超絶品グルメ。山形市は街並みもおしゃれで、実は観光に最適な場所なんです。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー