旅行記

Wきっぷで仙台から福島へ|円盤餃子と飯坂温泉を堪能!

福島駅の入口
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!

Wきっぷを使って仙台から福島へ行き日帰り旅行をしてきたので、今回はその模様をお届けしていきます。

今回の内容
  • Wきっぷってどんな切符?
  • Wきっぷを使った仙台・福島日帰り旅行
  • Wきっぷ以外の仙台~福島のアクセス方法
  • Wきっぷの評判は?

ご当地グルメの円盤餃子や超絶品スイーツ、さらには温泉まで…かなり旅を満喫できました。

福島を観光する際の参考になるかと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

1.Wきっぷ(ダブルきっぷ)とは?

仙台~福島間のダブルきっぷWきっぷとは、JR東日本が発売している2枚セットの切符です。

仙台〜福島、仙台~石巻、仙台〜山形、福島〜郡山など、南東北の区間が対象になっています。

1,560円というリーズナブルな価格で往復できる区間もあるので、とてもお得な切符ですね。

なおWきっぷについては「Wきっぷとは?」にて詳しく解説しています。

こちらも合わせてご覧になると分かりやすいですよ。

2.【旅行記】Wきっぷで仙台から福島へ|円盤餃子と飯坂温泉を堪能!

①仙台駅から快速シティラビットに乗車

仙台駅の駅名表今回の出発地は仙台駅。ここから東北本線に乗って福島駅まで向かいます。

快速シティラビット仙台駅~福島駅間では「快速シティラビット」という快速列車が走っています。

こちらに乗車して終点の福島駅まで向かいましょう。

ちなみに余談ですが、快速とはなっているものの正直そこまで速くありません…

快速シティラビットの路線図
なか
なか
ほぼ普通列車だね…

通過する駅がほとんどないので、普通列車と10分くらいしか所要時間が変わらないんです…

しかし少しでも早く到着できるのはありがたいことですね。

さっそく福島駅まで向かうとしましょう。

②福島駅に到着 照井で円盤餃子を堪能

福島駅の入口仙台駅から約1時間15分、終点の福島駅に到着しました。

ここ福島市は仙台からだと気軽に来れる街なので、ちょっとした日帰り旅行に最適ですね。

時刻は13時半頃。お腹が空いてきたことですしランチを食べに行きたいと思います。

照井 福島駅東口店の入口ここ福島市の有名なグルメといえば、円盤餃子。

こちらの「照井」は、その円盤餃子が食べられるお店として有名なんです。

福島駅東口から右側へ歩いてすぐのところにあるので、アクセス抜群ですね。

照井の円盤餃子Bセットこちらが実際に食べた円盤餃子のセットです。

パリパリの皮に油控えめの餡が特徴の円盤餃子、とても食べやすい一品でした。

1,000円ほどで食べられるのでおすすめですよ。

なお照井については「餃子の照井を訪問」にて詳しく紹介しています。

③福島駅から飯坂線で飯坂温泉駅へ

福島市には温泉街がいくつかありますが、中でも飯坂温泉は鉄道で行けるのでアクセスしやすいです。

宿泊の他にも日帰り入浴をやっている旅館や共同浴場が沢山あるんですよ。

なか
なか
温泉入りたい気分だし行ってみよ~っと!

なお飯坂温泉へ向かうには、福島交通飯坂線に乗車する必要があります。

JRとは乗り場が少し離れているので注意が必要ですね。

福島駅の飯坂線乗り場福島駅東口を左側に出てしばらく歩くと入口があるので、ここから乗車しましょう。

飯坂線、そして槻木(つきのき)駅~福島駅を結ぶ阿武隈急行線に乗る場合はこちらのホームから乗車することになります。

福島駅に停車中の飯坂線飯坂線がやってきました。こちらに乗って終点の飯坂温泉駅へ向かいます。

飯坂温泉駅までは30分ほどで、料金は片道370円です。

飯坂温泉駅終点の飯坂温泉駅に到着しました。温泉街のような雰囲気が漂っていて、とても落ち着く街ですね。

④飯坂温泉の共同浴場でリフレッシュ

鯖湖湯飯坂温泉の共同浴場で代表的なのが、こちらの「鯖湖湯(さばこゆ)」というところですね。

鯖湖湯は飯坂温泉の中でも一番歴史が長い湯と言われています。

日本最古の木造建築共同浴場として親しまれてきましたが、平成5年に改築されました。

正岡子規や与謝野晶子、松尾芭蕉、ヘレンケラーなどが訪れた場所としても有名です。

そしてもうひとつの特徴として、鯖湖湯のお湯はかなり熱いです。46~48度あります。

鯖湖湯だけでなく、飯坂温泉のお湯は全体的にアツアツなのが特徴ですね。

波来湯
アツアツのお風呂は苦手なんだよな~…

そんな人はこちらの波来湯(はこゆ)がおすすめですね。

飯坂温泉駅からかなり近いのでアクセス抜群です。

波来湯では熱いお湯(45度)とぬるいお湯(42度)が用意されているので、熱いのが苦手でも安心ですよ。

なか
なか
飯坂温泉でぬるいお湯に入れるのはここだけだよ!

飯坂温泉駅に停車中の飯坂線さて、それでは福島駅に戻るとしましょう。

飯坂温泉の共同浴場は200~300円で利用できるので、日帰りの利用にも最適です。

機会があればぜひ行ってみては?

⑤珈琲グルメの絶品スイーツ「珈琲ババロア」

珈琲グルメの看板飯坂線で約30分、福島駅に戻ってきました。

なか
なか
何か甘いものが食べたいなあ~…

ということでお邪魔したのが、こちらの「珈琲グルメ」というカフェ。

実はとあるスイーツを求めてこちらへやってきました。

珈琲ババロアそれがこの「珈琲ババロア」というスイーツ。

コーヒー味のババロアにソフトクリームを乗せたスイーツです。


これがとにかく反則級の美味しさだったので、福島にいらした際にはぜひ食べていただきたいですね…

ちなみに珈琲グルメは地元民の方のおすすめスポットでもあります。

僕が行ったときは平日の夕方だったのでそこまで混雑していませんでしたが、土日はとんでもないようですね…

福島駅から徒歩5分ほどなので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

なお珈琲グルメの詳しいアクセス情報やメニュー料金などは「珈琲グルメを訪問」にて解説しています。

美味しいスイーツを食べ、こうして今回の旅は終了したのでした。

かなり充実した日帰り旅行になりました。

3.Wきっぷ以外で仙台から福島へ行くには?【新幹線・高速バス】

①新幹線Wきっぷ

料金:4,700円(子ども2,340円)

所要時間:約20~30分

JR東日本では新幹線Wきっぷというお得な切符も販売しています。

簡単に言うとWきっぷの新幹線バージョンですね。

仙台駅~福島駅間の切符を通常通り購入すると、やまびこの自由席で片道3,210円です。

つまり往復だと6,420円ということになります。

なか
なか
新幹線Wきっぷなら2,000円近くお得になるね!

なるべく時間をかけずに往復利用したい場合は、新幹線Wきっぷがおすすめですよ。

②高速バス

料金:1,200円(子ども600円)

所要時間:約1時間10分

仙台駅~福島駅間では高速バスも発着しています。

在来線で向かうよりも500円ほど料金が高めですが…

平日は24往復、土日祝日は27往復と、バスの方が在来線よりも運行本数が少し多めです。

ちなみに回数券もありまして、往復分2,000円(子どもは1,000円)で販売されています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

4.【口コミ・評判】Wきっぷを実際に使った人の感想は?

①Twitter

②YouTube

実際にWきっぷを使って旅行を楽しんでいる人が多いようですね。

一人で往復利用したり、二人で片道利用したりと使い勝手がいい切符なのでおすすめです。

5.【まとめ】Wきっぷで仙台から福島へ|円盤餃子と飯坂温泉を堪能!

以上、今回はWきっぷを使った仙台・福島日帰り旅行の模様をお届けしました。

Wきっぷはちょっとした日帰り旅行などにピッタリの切符です。

リーズナブルな価格で購入できるので、機会があればぜひWきっぷを利用されてみては?

なか
なか
下のシェアボタンで記事をシェアしていただけると嬉しいです!ではどうも、なか(@lbxxx3535)でした!
あなたにおすすめ!
東北で使えるおすすめフリー切符まとめ
【おすすめ】東北で使えるお得なフリー切符を鉄道旅好きが厳選!鉄道旅をこよなく愛する筆者が、東北で使える格安でお得なフリー切符を紹介していきます。イメージが湧きやすいように、切符を実際に使った旅行記、乗車記もセットで紹介していくので参考にしてみてくださいね。...
東北のおすすめ絶景ローカル線まとめ
【2020年】ぜひ乗ってほしい東北のおすすめ絶景ローカル線5選東北で鉄道旅がしたいあなたへ。これまでに東北の各地で鉄道旅をしてきた筆者が、電車旅におすすめしたい絶景ローカル線を5つ、厳選して紹介していきます。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー