中華・ラーメン

【味のめん匠】八戸・みろく横丁でラーメンならここ!昔懐かしいあっさり醬油

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

ここでは青森県八戸市「味のめん匠」のレポートをお届けしていきます。

味のめん匠の入口味のめん匠は、八戸市の屋台村「みろく横丁」にあるラーメン屋。

ご当地グルメの八戸らーめんを食べられるお店です。

味のめん匠の八戸ラーメン昔懐かしいあっさり醬油味でありながらも、深みのある八戸らーめん。

周辺には飲み屋が多いですし、〆ラーとしても最高の一杯です。

本八戸駅最寄り駅は、八戸線の本八戸駅。

本八戸駅からは徒歩圏内ですし、夜だけでなくランチタイムも営業しています。

鉄道旅行がてら立ち寄るのもおすすめです。

そんなわけで当ブログ「東北旅びより」では、以下の内容を紹介していきます。

  • 味のめん匠のランチタイムメニュー「八戸らーめん」「餃子3個」のレポート
  • 味のめん匠の口コミ・評判
  • 味のめん匠の営業時間、定休日、アクセス、駐車場情報など

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【味のめん匠】八戸・みろく横丁でラーメンならここ!昔懐かしいあっさり醬油

八戸線 本八戸駅から徒歩10分の味のめん匠

本八戸駅今回やってきたのは、本八戸駅。

青森県八戸市の主要駅のひとつで、八戸線が乗り入れています。

八戸市の中心街は本八戸駅周辺。

観光を楽しむなら、八戸駅周辺よりも本八戸駅周辺の方がおすすめです。

みろく横丁今回訪問した味のめん匠があるのは、みろく横丁の敷地内。

みろく横丁は、2002年の東北新幹線八戸駅開業に伴い誕生した屋台村。

中心街に位置する三日町、六日町にまたがる横丁であることから、頭文字を取って名付けられたのが由来です。

現在では、八戸のシンボルのひとつとして親しまれています。

なか
なか
観光にもおすすめのスポットだよ!
味のめん匠の入口
なか
なか
味のめん匠発見!!

味のめん匠があるのは、南の六日町側にある「やぁんせ市」と呼ばれるエリア。

ちなみに北の三日町側は「おんで市」と呼ばれています。

なか
なか
「おんでやぁんせ」は南部弁で「いらっしゃいませ」って意味なんだって!

小ぢんまりとした屋台で食べるラーメン。

嫌いなわけがありません。

横丁の雰囲気をより楽しむために、本当は夜に訪問したかったものの…都合が合わず…残念。

なか
なか
次は絶対に夜に行く!!

店内の雰囲気

味のめん匠の店内店内にはL字のカウンター席が10席と、2人掛けのテーブル席が1卓。

屋台村内にある店舗のため、比較的コンパクトな作りです。

卓上の調味料類こちらは卓上の調味料類。

水はセルフサービス水はセルフサービスです。

メニュー

味のめん匠のメニュー
メニュー(一部抜粋)
  • 八戸らーめん 650円
  • ぺろっこらーめん(しょうゆ味) 700円
  • ぺろっこらーめん(味噌カレー味) 800円
  • 濃厚出汁しょうゆ 800円
  • しじみの塩らーめん 880円
味のめん匠のランチタイムメニュー
ランチタイムメニュー(一部抜粋)
  • 八戸らーめん 500円
  • 八戸らーめん+めかぶごはんセット 700円
  • 八戸らーめん+温泉玉子ごはんセット 700円
  • 八戸らーめん+ミニカレーセット 700円
  • 餃子5個 300円
  • 餃子3個 180円
ランチサービスは11:00~14:30限定です。

ランチメニューの八戸らーめん・餃子(3個)を実食!

八戸らーめん
八戸らーめん(大盛り) 500円

注文から5分ちょっとでやってきた八戸らーめん。

ランチタイムは大盛りが無料な上、通常よりも150円安いんです。

なか
なか
ワンコイン!とってもお得~!

味のめん匠の八戸ラーメン八戸らーめんの歴史は古く、さかのぼること約90年。

1928年頃、東京で十数台のラーメン屋台を経営していた店主が、八戸市に食堂を開店し、支那そばを売り出したのが始まりと言われています。

なか
なか
昭和初期から親しまれてきたラーメンなんだね!
  • 細ちぢれ麺
  • 醤油ベースのスープ
  • 煮干し・地鶏ガラ・豚骨出汁

これが八戸らーめんの主な特徴なんだそう。

八戸らーめんのスープ昔懐かしい、あっさり醬油スープ。

綺麗に透き通った見た目とは裏腹に、鶏ガラ・煮干しの風味がガツンと効いたギャップがたまりません。

長尾中華そばなど、青森市内で食べれる煮干し系ラーメンとはまた違った印象を受けます。

鶏ガラが煮干しを中和してくれているので、煮干しに慣れていなくても比較的飲みやすいです。

八戸らーめんの麺自家製の黄色い細ちぢれ麺。

コシが強く、ツルっとしているのが特徴的です。

スープとよく絡み、食べごたえがあります。

なか
なか
この麺めっちゃくちゃ好きやわ。

八戸らーめんのチャーシュー豚バラ肉を使用した、ジューシーなチャーシュー。

しっとりとしていて柔らかく、とても食べやすいです。

ランチタイム限定の餃子3個ほどなくして餃子もやってきました。

なか
なか
羽根付きじゃんーーーテンション上がるーーー!!

外はパリッパリ、中身はジューシー。文句なしの美味しさ。

ビールによく合いそうな餃子です。

なか
なか
ごちそうさまでした!!

昔ながらのあっさり醬油味が特徴的な八戸らーめん。

周辺には飲み屋が多いですし、味のめん匠のラーメンは〆ラーとしては最高の一杯かと思います。

なか
なか
美味しかった~!また来たい!

【口コミ・評判】味のめん匠を訪問した人の感想は?

味のめん匠の店舗情報

営業時間11:00~14:30
17:00~翌1:00
定休日月曜日
住所〒031-0033
青森県八戸市六日町10-1
電話番号080-6011-8866
駐車場なし
アクセス八戸線 本八戸駅から徒歩10分
食べログhttps://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000529/dtlrvwlst/
Twitterhttps://twitter.com/mensyou_miroku

【味のめん匠】八戸・みろく横丁でラーメンならここ!昔懐かしいあっさり醬油|まとめ

以上、今回は「【味のめん匠】八戸・みろく横丁でラーメンならここ!昔懐かしいあっさり醬油」という内容でお届けしました。

  • 本八戸駅から徒歩10分
  • 昔懐かしいあっさり醬油ラーメン
  • ランチタイム限定メニューあり

味のめん匠は、八戸の中心的な屋台村「みろく横丁」にあるラーメン屋。

あっさりしていながらも、深みのある八戸らーめんが食べられます。

八戸の中心地にありますし、八戸線の本八戸駅からは徒歩圏内。

鉄道旅行がてら立ち寄るのもおすすめです。

周辺のおすすめグルメ
【陸奥湊駅前朝市】八戸市営魚菜小売市場で朝ご飯!激安で海鮮を堪能
【陸奥湊駅前朝市】八戸市営魚菜小売市場で朝ご飯!激安で海鮮を堪能当ブログ「東北旅びより」では、八戸市営魚菜小売市場の陸奥湊駅前朝市のレポートをお届けします。JR八戸線の陸奥湊駅から徒歩圏内ですし、青森・八戸で海鮮を食べるならおすすめです。...
【みなと食堂】平目漬け丼が人気!青森・八戸の行列のできる有名店で朝食
【みなと食堂】平目漬け丼が人気!青森・八戸の行列のできる有名店で朝食青森県八戸市「みなと食堂」を訪問。早朝から営業しているので、ランチだけでなく朝食にもおすすめです。当ブログ「東北旅びより」では人気メニューの平目漬け丼のレビューの他、店舗情報もお届けします。...
【イマココカフェ】八戸市中心街の穴場カフェ!ランチ・モーニングにもおすすめ
【イマココカフェ】八戸市中心街の穴場カフェ!ランチ・モーニングにもおすすめ青森県八戸市六日町「イマココカフェ」を訪問。中心街にありながら、隠れ家的でおしゃれなカフェ。観光での利用はもちろん、ひとりで落ち着きたい時などに利用するのもおすすめです。...
周辺のおすすめ路線
八戸線キハE130系
【八戸線 旅行記】海が見えるローカル線に乗って沿線を観光どうも、筆者のなか(@naka_travel)です! ここでは八戸線 八戸駅~久慈駅の乗車レポートをお届けしていきます。 八...
宮古駅に到着した三陸鉄道リアス線
【三陸鉄道リアス線 旅行記】久慈~盛全線乗り通しの旅!絶景車窓づくしの路線三連休東日本・函館パスを使い、三陸鉄道リアス線に乗車してきました。当ブログ「東北旅びより」では、久慈駅~宮古駅~釜石駅~盛駅間の乗車記や、おすすめの乗り放題切符、沿線のホテル・旅館情報などをお届けします。...
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光
【五能線 一人旅】普通列車で全線乗車!絶景車窓の路線に乗って沿線を観光五能線キハ40系に乗車して、東能代駅から途中下車しながら弘前駅まで行きました。東北屈指の絶景路線なだけあり、車窓の景色が抜群で見どころ満載。観光地も多く、一人旅にうってつけのローカル線です。...
ABOUT ME
なか
鉄道一人旅をこよなく愛する20代。学生時代の東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報やお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー