カフェ・スイーツ・レストラン

【福田パン 長田町本店】岩手県盛岡市の人気店!昔懐かしいコッペパンが魅力

【福田パン 長田町本店】岩手県盛岡市の人気店!昔懐かしいコッペパンが魅力

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

岩手県盛岡市「福田パン 長田町本店」のレポートをお届けします。

外観と駐車場
ハム

福田パンは、岩手県内で展開するパン専門店。

昔懐かしいコッペパンを売りにしており、岩手県民のソウルフードとして親しまれています。

リーズナブルですし、盛岡駅からは徒歩圏内。

鉄道旅行がてら立ち寄るのもおすすめです。

なか
なか
盛岡での観光のお供にぜひ!!

当ブログ「東北旅びより」では、以下の内容を紹介していきます。

  • 福田パン 長田町本店の人気メニュー「抹茶あん」「ハムサンド」のレビュー
  • 福田パン 長田町本店の口コミ・評判
  • 福田パン 長田町本店の営業時間・定休日・アクセス情報など

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【福田パン 長田町本店】岩手県盛岡市の人気店!昔懐かしいコッペパンが魅力

盛岡駅から徒歩13分の福田パン 長田町本店

盛岡駅の外観福田パン 長田町本店の最寄り駅は盛岡駅。

岩手県の県庁所在地である盛岡市のターミナル駅で、合計7路線が乗り入れています。

新幹線開業前は多数の特急や急行などが発着していたこともあり、在来線のホーム数は東北最多を誇るのだそう。

福田パンの外観盛岡駅東口を出て、ひたすらまっすぐ進むこと約15分。

福田パン長田町本店が見えてきました。

盛岡市の中心地からは少し離れており、比較的静かな通り沿いにあります。

なか
なか
ほんとにTHE 地元のパン屋って感じ。

外観と駐車場福田パンは、岩手県内に4店舗(2022年現在)展開するパン専門店。

その他、姉妹店として「吉田パン(東京都)」「山本パン(福岡県)」を構えています。

そんなパン専門店の本店があるのが、ここ盛岡市長田町。

昔懐かしいコッペパンを売りにしており、これがなんでも岩手県民のソウルフードなんだとか。

なか
なか
コッペパンがソウルフードってのも初めて聞いたかも。

岩手県民なら存在を知らない人はいない、と言っても過言ではないほど地元民から厚い支持を得ているコッペパン。

仙台でもたまに販売しているところを見かけていましたし、前々から気になってはいたんですよね。

でもどうせ食べるなら、やはり盛岡の本店で出来立てのパンを食べたい。

今回は盛岡まで来たということで、せっかくですし立ち寄ってみることにしました。

なか
なか
念願の福田パン、楽しみすぎる。

盛岡駅からは徒歩圏内ですし、時間に余裕がある際は訪れてみるのもいいかもです。

店内の雰囲気

福田パンのメニュー中へ入ると、メニューがびっしり。

メニューが多いと噂では聞いてましたが、まさかこれほどとは。

なか
なか
どれもうまそ~~迷っちゃうな~~。

筆者が訪問したのは確か午前11時頃でしたが、お客さんはざっと10組以上はいたでしょうか。

大体カウンターから入口付近まで並ぶほどの混み具合でした。

おそらくラッシュ時だともっと混むのでしょうね…

なか
なか
ものすごい人気ぶりだ…

お客さんは地元民と思われる人がほとんど。

旅行客っぽい人もちらほらいましたが、大半が車で来ているようでした。

幅広い年齢層の人が利用していて、やはり岩手のソウルフードなんだと再認識。

なか
なか
地元民に愛されてるんだねえ。

メニュー

福田パンのメニュー
福田パンのメニュー
メニュー(一部抜粋)
  • ピーナツ
  • ジャム
  • バター
  • ブルーベリークリーム
  • ヨーグルト
  • あん
  • 粒あん
  • 抹茶
  • メロンクリーム
  • いちごミルククリーム
  • ホイップクリーム
  • 粒入りごまクリーム
  • ブルーベリージャム
  • ハムサンド
  • ポテトサラダ
  • キーマカレー
  • ごぼうサラダ
  • 焼きそば
  • れんこんしめじ
  • ツナ
組み合わせ人気ランキング
料金設定の案内

ちなみにコッペパンは2種類まで組み合わせることも可能。

ただし甘い系、調理系を合わせるのは不可能のようです。

ピーナツ+チョコ(甘い系+甘い系)、ハムサンド+たまご(調理系+調理系)

ハムサンド+バター(調理系+甘い系)、たまご+チョコ(調理系+甘い系)

ハム・抹茶あんを注文

ハム
抹茶あん

ということで買ってきました。

予想してたよりもなかなかボリューミーで少し驚いております。

メニューが非常に多く迷いましたが、筆者はハムサンドと抹茶あんをチョイス。

ハム
ハムサンド 260円

こちらはハムサンド。

ハムとレタスを挟んだシンプルなコッペパンです。

なか
なか
やっぱシンプルが一番ね。

一口食べると、まずパンがとにかくフワフワでモッチモチなことに驚きます。

マヨネーズもほどよい酸味で、素材の味をそこまで邪魔していません。

いい意味で昔ながらの素朴な味わい。

朝食にとりたいような優しい味ですね。

抹茶あん
抹茶あん 168円

あんバターサンドと迷いに迷った末、抹茶あんを注文。

抹茶クリーム(168円)とあん(168円)のミックスを注文しましたが、甘い系の組み合わせは値段の高い方の料金しか取られません。

  • 例-1:甘い系①(168円)+甘い系②(168円)168円
  • 例-2:甘い系①(168円)+甘い系②(178円)178円

そのため、抹茶とあんを組み合わせても168円となります。

なか
なか
お得~!!

こちらもハムサンド同様、パンがフワッフワのモッチモチ。

抹茶のクリームは少し大人っぽい味わいで、後味に少し渋みが残るのが特徴的です。

あんもどちらかと言うと甘さ控えめの味わい。

くどくないので、最後まで飽きずに食べられます。

なか
なか
抹茶あん超好き…もう1個買えばよかったかも。

盛岡のソウルフード、福田パン。

実際に食べてみると、納得…

県民に愛される理由がよく分かった気がします。

リーズナブルですし、盛岡駅からは徒歩圏内。

盛岡での観光のお供に立ち寄るのもおすすめです。

なか
なか
ごちそうさまでした!!!

【口コミ・評判】福田パン 長田町本店を訪問した人の感想は?

盛岡市民ソウルフードの代表格。
小生はパン好きで普段は好んで食べないコッペパンベースなので、どんなものかと半信半疑で赴いたが食べて納得、大満足!

引用:Googleの口コミより

盛岡では有名なパン屋さんだということで行ってみました。
コッペパンにいろいろな具材を挟んで提供される形になっていて、種類はかなり多いです。
また組み合わせ次第では2種類を選ぶことも可能です。

引用:Googleの口コミより

コッペパンは給食で食べていたコッペパンとは全く別物で、パン自体がふわふわしてとってもおいしい!!
フィリングも全部おいしくて、人気なのが納得でした!!盛岡に行ったらぜひ行ってほしいお店です☆

引用:Googleの口コミより

福田パン 長田町本店の店舗情報

営業時間7:00~17:00
※売り切れ次第終了
定休日火曜日
住所〒020-0062
岩手県盛岡市長田町12-11
電話番号019-622-5896
駐車場あり
アクセス盛岡駅東口から徒歩13分

【福田パン 長田町本店】岩手県盛岡市の人気店!昔懐かしいコッペパンが魅力|まとめ

以上、今回は「【福田パン 長田町本店】岩手県盛岡市の人気店!昔懐かしいコッペパンが魅力」という内容でお届けしました。

  • 盛岡駅から徒歩13分
  • 岩手県民のソウルフード
  • 昔懐かしいふわモチコッペパン

福田パンは、岩手県内で展開するパン専門店。

昔懐かしいコッペパンを売りにしており、岩手県民のソウルフードとして親しまれています。

リーズナブルですし、盛岡駅からは徒歩圏内。

鉄道旅行がてら立ち寄るのもおすすめです。

なか
なか
盛岡での観光のお供にぜひ!!
周辺のおすすめグルメ
【SAIEN COFFEE(サイエンコーヒー)】盛岡城跡公園近くのおしゃれカフェ!ランチメニューなども充実
【SAIEN COFFEE(サイエンコーヒー)】盛岡城跡公園近くのおしゃれカフェ!ランチメニューなども充実岩手県盛岡市「SAIEN COFFEE(サイエンコーヒー)」を訪問。ひとりでも入りやすいですし、岩手公園など市内の観光エリアに近いので、ショッピングなどの後にに訪問するのもおすすめのカフェです。...
【柳家 総本店】盛岡のソウルフード「キムチ納豆ラーメン」を食べてきた!
【柳家 総本店】盛岡のソウルフード「キムチ納豆ラーメン」を食べてきた!岩手県盛岡市「柳家 総本店」を訪問。中心市街地に位置する県内屈指の人気ラーメン屋。名物のキムチ納豆ラーメンは特におすすめです。当ブログ「東北旅びより」ではレビューの他、口コミや店舗情報などもお届けします。...
【4番目の珈琲店】クロステラス盛岡併設の一人のんびり過ごせるカフェ!モーニングもあり
【4番目の珈琲店】クロステラス盛岡併設の一人のんびり過ごせるカフェ!モーニングもあり岩手県盛岡市「4番目の珈琲店」を訪問。4番目の珈琲店はクロステラス盛岡内併設のカフェ。落ち着いて一人のんびりと過ごせる雰囲気が魅力です。盛岡駅から徒歩圏内なので、鉄道旅行がてら立ち寄るのもおすすめですよ。...
周辺のおすすめローカル線
【SL銀河 乗車記】引退決まる…岩手を走る観光列車に乗って沿線を巡る旅
【SL銀河 乗車記】引退間近の岩手を走る観光列車に乗って沿線を巡る旅2023年6月に引退する観光列車「SL銀河」の釜石発花巻行きに乗車。沿線での観光も楽しめるおすすめの列車です。当ブログ「東北旅びより」では乗車記の他、車窓の見どころや車内案内、予約方法などもお届けします。...
【乗り方ガイド】高速バス アーバン号に乗車!仙台~盛岡を格安で移動するならこれ
【乗り方ガイド】高速バス アーバン号に乗車!仙台~盛岡を格安で移動するならこれ当ブログ「東北旅びより」では、仙台~盛岡を結ぶ高速バス「アーバン号」の乗り方ガイド・レビューをお届けします。新幹線に比べれば時間がかかるもののリーズナブルで快適。移動手段としてはなかなか優秀です。...
【快速はまゆり乗車記ブログ】盛岡~釜石を結ぶリクライニング指定席付き列車!釜石線の車窓は必見
【乗車記】快速はまゆり号 盛岡~釜石|釜石線のリクライニング指定席付き列車!料金や時刻表・停車駅も紹介釜石線の快速列車「快速はまゆり号」に乗車。盛岡駅から釜石駅へ向かいました。指定席はリクライニング席完備なので超快適。東北で鉄道旅行するなら、一度は乗車しておきたい列車のひとつです。...
ABOUT ME
なか
当ブログの筆者。鉄道一人旅が趣味。北海道&東日本パスを使った東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報や、実際に利用したお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー