カフェ

【仙台】カフェ モーツァルト メトロ|駅直結のモダンなカフェ

モーツァルトメトロ
なか
なか
東北アンバサダーのなか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら、東北の魅力を発信してます!

今回は仙台の国際センター駅直結のカフェ「モーツァルト メトロ」を紹介していきます。

自然に囲まれた、とても落ち着く空間が特徴のカフェなのでおすすめですよ。

1.仙台に展開するカフェモーツァルトとは?

今回紹介するモーツァルトメトロですが、カフェモーツァルトの系列店です。

仙台にお住まいのカフェ好きであれば、一度は耳にしたことがあるであろうカフェモーツァルト。

一番町にある本店、米ヶ袋のアトリエ、宮城県美術館内にあるフィガロとパパゲーノ、東北大学川内萩ホール内のクレーズコーヒー、今回紹介するメトロ。

そして2018年12月に新たにオープンした、名取市のユリイカ。

現在、宮城県内では仙台市を中心に7店舗が展開されています。

2.カフェモーツァルトメトロの駐車場

カフェモーツァルトメトロには、備え付けの駐車場がありません。

そのため、付近のパーキングを利用することになります。

周辺の駐車場はこちらから:NAVITIME

3.仙台駅からカフェモーツァルトメトロまでのアクセス

国際センター駅モーツァルトメトロは、仙台市営地下鉄東西線「国際センター駅」の2階にあります。

仙台駅から八木山動物公園行きの列車に乗車すると、5分ほどで到着です。

駅直結のカフェということもあり、アクセスはかなり良好ですよ。

カフェ モーツァルトの看板2階へ上がる階段の前には、このようなメニュー表が設置されています。

食事はもちろん、ケーキなどの軽食をとることもできます。

4.カフェモーツァルトメトロの店内、メニュー

カフェ モーツァルトの店内2階へ上がると、このようになっています。

手前に3~4人が座れそうな丸机がいくつかあり、奥には大テーブルが4つほど。

昼時や昼過ぎなどの混み合いそうな時間帯を避ければ、余裕で座れそうです。
カフェモーツァルトのメニューちなみに、メニューはこんな感じになっています。仙台名物のずんだもちも食べれるようです。

とりあえずお試しということで、飲み物はモーツァルトブレンドのCOLD(350円)にしましょう。

そしてモーツァルト系列では、メトロでしか食べれないというシュガードーナツ(250円)も頼むことに。

モーツァルトメトロのコーヒーとドーナツそれでは早速、いただいてみることに。

まずはドーナツを一口…

なか
なか
…!!ふわっふわ!

それでいて甘さも控えめで、味がまったくくどくありません。では、この調子でコーヒーも一口…

なか
なか
…!!なんだこれは!水のように口になじむぞ…!

苦味があまりなくて、かなり飲みやすいです。

これはコーヒーがあまり得意ではない人でも飲めそうですね…

なか
なか
ごちそうさまでした~!

5.カフェモーツァルトメトロは作業場にもおすすめ

カフェ モーツァルトメトロの店内周りを見渡してみると、パソコンで作業をしている方や、ミーティングをしているビジネスマンがちらほら。

確かにこれは作業場としては、かなり最高の場所でしょう。

食べ物や飲み物は美味しいですし、余計な騒音もない。

見晴らしのいい展望テラスで気分転換もできる。

カフェでよく作業をする方にとっては、とてもいい場所ですね。

6.仙台に展開するカフェモーツァルトの詳細【アクセス・営業時間】

①カフェモーツァルト本店

関連ランキング:カフェ | 青葉通一番町駅広瀬通駅勾当台公園駅

②カフェモーツァルトアトリエ

関連ランキング:カフェ | 青葉通一番町駅大町西公園駅あおば通駅

③カフェモーツァルトフィガロ

関連ランキング:カフェ | 国際センター駅川内駅大町西公園駅

④カフェモーツァルトパパゲーノ

関連ランキング:カフェ | 国際センター駅川内駅大町西公園駅

⑤カフェモーツァルトクレーズコーヒー

関連ランキング:カフェ | 国際センター駅川内駅大町西公園駅

⑥カフェモーツァルトメトロ

関連ランキング:カフェ | 国際センター駅川内駅大町西公園駅

⑦カフェモーツァルトユリイカ

関連ランキング:カフェ | 名取駅

7.【まとめ】カフェ モーツァルト メトロ|仙台市 駅直結のモダンなカフェ

仙台のカフェ モーツァルトメトロの内観以上、今回は仙台のカフェ「モーツァルトメトロ」の実態をお届けしました。

正直、かなりの穴場を見つけてしまいましたね…

店内はオシャレで綺麗ですし、居心地も抜群だなんて…

ぜひあなたも、モーツァルトメトロに行かれてみては?

モーツァルトメトロの詳細を見る

よろしければ下のシェアボタンで、記事をシェアしていただけると嬉しいです!
それではまた!

記事が気に入ったらフォローしよう