お役立ち情報

八戸市の魅力や特徴とは?種差海岸の絶景と新鮮な海の幸

八戸市の魅力や特徴とは?種差海岸の絶景と新鮮な海の幸
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

どうも、筆者のなか(@naka_travel)です!

今回は青森県八戸市の魅力や特徴を紹介していきます。

青森県といえば、雪国。

そしてリンゴの産地。

そんなイメージをお持ちの方が多いのでは?

なか
なか
もしかしたらそのイメージがガラッと変わるかも!

ということで当ブログ「東北旅びより」では

  • 八戸市の特徴や魅力
  • 八戸市を走る鉄道の魅力

などを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

八戸市ってどこ?

八戸市の位置八戸市は、青森県の東部に位置する都市。

青森市、弘前市、そして八戸市…

これらの都市を合わせて、青森三大都市というように言われています。

また、かつてこの地は八戸藩が置かれていた街。

それを彷彿させるようなグルメや文化財があったり、所々で城下町のような名残を感じられたりします。

八戸には東北新幹線が停車するので、観光の際には便利です。

八戸市の魅力や特徴とは?

雪がそこまで積もらない

青森といえば、雪…

そんなイメージを持っている人もいるのでは?

実はここ八戸市、県内の他の地域に比べると雪がそこまで降らないんです。

しかも夏は涼しいので、1年を通して暮らしやすい気候に恵まれています。

なか
なか
確か一部では青森のハワイなんて言われてた気が…

年間を通して、比較的暮らしやすい場所ですね。

国の名勝「種差海岸」

八戸市には種差海岸という最高のオーシャンビュースポットがありまして、なんと国の名勝にも指定されているんです。

その壮大で開放的な空間は、人々を魅了させます。

上の写真を撮影した日は曇りだったのですが…

これが晴れでしたら、もっとすごいんでしょうね…

種差海岸駅の駅名標ちなみに種差海岸駅の駅名標はこんな感じ。

徒歩10分ほどで海岸まで行けるので、アクセスも抜群です。

ウミネコなんと、海岸ではウミネコを見れちゃいます。

近隣には蕪島(かぶしま)という観光スポットがありまして、ウミネコの繁殖地として有名なんです。

とても癒されるのでおすすめですよ。

オリジナリティ溢れるご当地グルメ

せんべい汁に、いちご煮などなど。

八戸ならではのグルメが数多く揃っています。

なお補足ですが「いちご煮」とは果物のいちごを煮たものではありません。

なか
なか
それ、ただのイチゴジャムや…

いちご煮(いちごに)とは青森県八戸市とその周辺の三陸海岸の伝統的な料理で、ウニ(キタムラサキウニ、エゾバフンウニなど)とアワビ(ツブ貝等で代用されることもある)の吸物である。古くから上客への出し物として使われてきた。赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名が付いた。

引用:Wikipedia

ちなみにいちご煮は、農山漁村の郷土料理百選にも選ばれています。

またみろく横丁といった昔懐かしい屋台など…

八戸グルメを思う存分に楽しめるスポットが多数ありますよ。

八戸市を走る鉄道の特徴や魅力

八戸駅青森県八戸市のターミナル駅、八戸駅。

ここには主に3つの路線が乗り入れています。

東北新幹線

仙台駅に停車中のE2系とE5系東北新幹線は東京駅~新青森駅間の約713kmを結ぶ新幹線。

JR東日本が管轄する新幹線の中では、最も営業距離が長い路線です。

2016年3月に北海道新幹線が開業したことにより、一部の車両はJR北海道内まで乗り入れています。

そんな東北新幹線には

  • はやぶさ
  • はやて
  • やまびこ
  • なすの

の4つの種類の列車があるんです。

さらに連結して運転される

  • 山形新幹線つばさ
  • 秋田新幹線こまち

を合わせると、実質6種類の運行形態があることになりますね。

ですが八戸駅まで乗り入れているのは、はやぶさのみ。

新幹線で八戸まで行く場合はご注意を!

東北新幹線について詳しく知るなら

東北新幹線の種類|はやぶさ・やまびこ・つばさ・こまち・はやて・なすのの違い
東北新幹線の種類|はやぶさ・やまびこ・つばさ・こまち・はやて・なすのの違い当ブログ「東北旅びより」では、東北新幹線はやぶさ、はやて、やまびこ、なすのの車両の種類、違いについて早い順に紹介します。また連結される山形新幹線つばさ、秋田新幹線こまちについても紹介します。...

八戸線

八戸線の車窓八戸線は青森県の八戸駅と、岩手県の久慈駅を結ぶ路線。

八戸線の車窓太平洋に沿って走る路線なので、車窓からは海が見えます。

沿線には蕪島(かぶしま)や種差海岸といった観光名所もあるので、鉄道旅にはうってつけの路線です。

八戸線の旅行記はこちら

八戸線キハE130系
【八戸線 旅行記】海が見えるローカル線に乗って沿線を観光どうも、筆者のなか(@naka_travel)です! ここでは八戸線 八戸駅~久慈駅の乗車レポートをお届けしていきます。 八...

青い森鉄道

青い森鉄道青い森鉄道は、目時駅~青森駅を結ぶ第三セクター鉄道路線。

第三セクター鉄道とは?
  • 国や自治体(第一セクター)と民間企業(第二セクター)が共同で運営する鉄道のこと
  • 旧国鉄・JRから転換された第三セクター鉄道もいくつかある
  • 例:三陸鉄道リアス線・IGRいわて銀河鉄道・しなの鉄道など

かつては東北本線として運行していたこの路線。

2010年に東北新幹線の八戸駅~新青森駅間が開業したことにより、JRから第三セクター鉄道に転換となりました。

これによって、青春18きっぷ利用者はかなり注意しなければいけない区間になってしまったんです…

詳しくはこちら

【青森~盛岡】青春18きっぷでいわて銀河鉄道・青い森鉄道は乗れる?東北各地で鉄道旅をしてきた筆者が特に注意してほしいと思う路線が、IGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道。これらの路線を利用する際の注意点や代わりの移動手段、おすすめの乗り放題切符などを紹介していきます。...

八戸市へのアクセス【新幹線・普通列車・飛行機】

東京駅から新幹線でのアクセス

アクセス情報
  • 料金:16,290円~
  • 所要時間:約2時間50分

関東にお住まいでしたら新幹線でのアクセスが便利です。

東京駅からですと、八戸駅までは東北新幹線で約2時間50分で着きます。

本八戸駅ちなみに八戸市の市街地は八戸駅周辺ではなく、こちらの本八戸駅周辺なので気をつけてください。

八戸駅から八戸線で約10分です。

東京駅から普通列車でのアクセス

アクセス情報
  • 料金:約1,620円~
  • 所要時間:約7時間

青春18きっぷ北海道&東日本パスのシーズンの場合、普通列車を利用して八戸へ行くのもいいですね。

青春18きっぷを使えば、実質1日2,410円。

北海道&東日本パスを使えば、実質1日約1,620円で移動できます。

なお、それぞれの切符の詳しい買い方や使い方は「青春18きっぷについて」「北海道&東日本パスについて」にて解説しています。

【旅ブロガー直伝】これで丸わかり!青春18きっぷの基礎から使い方・裏技まで紹介
【初心者向け】青春18きっぷ攻略ガイド|使い方から裏ワザまで徹底解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷの発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記など、基礎から裏ワザまで解説します。...
【初心者向け】北海道&東日本パス|普通列車が1週間乗り放題に!使い方・範囲・モデルコースを紹介
【初心者向け】北海道&東日本パス 2024年春|普通列車が1週間乗り放題に!使い方・範囲・モデルコースを紹介北海道&東日本パスの2024年春の情報が発表されました。当ブログ「東北旅びより」では切符の発売期間や利用期間、対象範囲・エリア、モデルコース・旅行記、おすすめ路線などを紹介していきます。...

主要地域から飛行機でのアクセス

アクセス情報
  • 料金:約8,000円~
  • 所要時間:約1時間15分

本数はそこまで多くないですが、飛行機でもアクセスは可能です。

八戸市の最寄りの空港は、車で40~50分ほどの場所にある三沢空港。

羽田空港、伊丹空港、丘珠空港への国内便が発着しています。

各空港からの所要時間
  • 羽田空港(東京)⇔三沢空港(八戸):約1時間25分
  • 丘珠空港(札幌)⇔三沢空港(八戸):約1時間
  • 伊丹空港(大阪)⇔三沢空港(八戸):約1時間35分

三沢空港と八戸市は連絡バスで結ばれているので、そこまで困ることはありません。

また三沢空港周辺にはレンタカーの営業所もあるため、より青森県内の観光を楽しむことができます。

札幌や大阪付近から行く人にとっては、飛行機でのアクセスが便利ですね。

八戸市の魅力や特徴とは?種差海岸の絶景と新鮮な海の幸|まとめ

以上、今回は「八戸市の魅力や特徴とは?種差海岸の絶景と新鮮な海の幸」という内容でお届けしました。

食、気候、文化などなど…多彩な魅力をもった都市、八戸市。

観光にうってつけの場所なので、機会があればぜひ一度いらしてみてくださいね。

関連記事はこちら
【2023年】都道府県&市町村魅力度ランキング 東北の順位まとめ都道府県&市町村魅力度ランキングの2023年最新版が公開されました。当ブログ「東北旅びより」では、全体のランキングに加えて東北各県、各市町村の順位を紹介していきます。...
八戸線キハE130系
【八戸線 旅行記】海が見えるローカル線に乗って沿線を観光どうも、筆者のなか(@naka_travel)です! ここでは八戸線 八戸駅~久慈駅の乗車レポートをお届けしていきます。 八...
ABOUT ME
なか
当ブログの筆者。鉄道一人旅が趣味。北海道&東日本パスを使った東北一周旅行をきっかけに、東北のローカル線にドハマりしました。ブログでは東北の絶景ローカル線の他、沿線のグルメ情報や、実際に利用したお得な切符情報などもお届けしています。詳しいプロフィールはこちらから。
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー