東北ひとりっぷ

福島生まれ、宮城育ち。そんな生粋の東北人であるなかが、一人旅をしながら東北の魅力を発信していくブログ。

東北ひとりっぷ



【初心者向け】青春18きっぷの買い方から使い方まで解説【2019年度】


青春18きっぷ

みなさんどーも!

東北アンバサダーのなか(@lbxxx3535)です!

 

今回は青春18きっぷを紹介していこうと思います!

一度はこの名前を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

青春18きっぷを使ったことがない方、はじめて青春18きっぷを使う方など・・・

そんなあなたのために徹底解説していこうと思います!

 

それでは早速いってみよ~!

 

1.青春18きっぷとは?

青春18きっぷ

青春18きっぷとは、JRの普通列車や快速列車、BRTが全線乗り放題になる切符です。

 

JRの路線であれば日本中どこへでも行けてしまうので、鉄道を乗り継いで北海道から九州へ行くこともできてしまいますよ。

 

5日間利用が可能で、11,850円で発売されています。

つまり、1日あたり2,370円という計算になりますね。

 

それでは、こちらの切符の詳細に迫っていきましょう!

 

2.【2019年】青春18きっぷの詳細(発売期間・利用期間・買い方)

①青春18きっぷの発売期間

発売期間
  • 春季:2019年2月20日〜3月31日
  • 夏季:2019年7月1日〜8月31日
  • 冬季:2019年12月1日〜12月31日

 

②青春18きっぷの利用期間

利用期間
  • 春季:2019年3月1日〜4月10日
  • 夏季:2019年7月20日〜9月10日
  • 冬季:2019年12月10日〜2020年1月10日

 

このように青春18きっぷは発売期間、利用期間が決められております。

 

③青春18きっぷの買い方

購入場所
  • JR各社のみどりの窓口
  • 各地の旅行センター、旅行会社
  • びゅうプラザ
  • JR各社の指定席券売機(一部は除く)

 

これらの場所で青春18きっぷを購入することが可能です。

 

3.青春18きっぷ北海道新幹線オプション券とは?

f:id:lbxxx3535:20180512174937j:plain

本州と北海道を鉄道で相互移動するためには、北海道新幹線を使うしか方法はありません。

 

しかし青春18きっぷは普通列車、快速列車などでしか使用できないため、新幹線や特急列車は乗車できないのです。

 

そこで必要になってくるのが、北海道新幹線オプション券です。

この北海道新幹線オプション券を別途で購入すれば、以下の区間を利用することが可能になります。

 

利用可能になる区間
  • 北海道新幹線:奥津軽いまべつ駅~木古内駅間
  • 道南いさりび鉄道:木古内駅~五稜郭駅間

 北海道新幹線オプション券を購入すれば、これらの区間が利用可能になります。

1枚(片道分)2,300円で販売されているので、北海道方面へ行きたい方は検討されてみてはいかがでしょうか。

 

また鉄道ではありませんが、青森から函館までフェリーで移動することも可能です。

こちらも参考になると思いますので、フェリーの詳細を載せておきます。

 

フェリーの詳細はこちら:津軽海峡フェリー株式会社

 

4.【参考】青春18きっぷと北海道&東日本パスの違い

北海道&東日本パス

青春18きっぷと似たような切符で、北海道&東日本パスというフリー切符があります。

 

青春18きっぷと、北海道&東日本パスはどのような違いがあるのか?

そんな疑問をもつ方は、実はけっこういらっしゃいますので・・・

 

それぞれの特徴を踏まえて、次の章で青春18きっぷのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

なお「東北の鉄道旅行には「北海道&東日本パス」が断然オススメ!」では、それぞれの特徴をふまえて北海道&東日本パスのメリットとデメリットを記載しています。

 

北海道&東日本パスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

5.青春18きっぷのメリットとデメリット

①青春18きっぷのメリット

①-1 JRの普通列車なら全国どこでも使用可能

北海道&東日本パスの場合は、JR北海道、JR東日本の範囲内のみでの使用となります。

しかし青春18きっぷの場合は、全国のJRの路線が使用可能です。

これはかなりの強みですね。

 

①-2 飛び飛びの日程で予定を組むことができる

北海道&東日本パスは、7日間という長い期間での使用ができるものの、連続した日程でなければなりません。

対して青春18きっぷは5日間と、少し期間が短くなってしまいますが、飛び飛びの日程での使用が可能です。

 

連続した休みが取れないような社会人の方には、かなり向いている切符といえます。 

①-3 1枚の切符を複数人で使用することができる

青春18きっぷは1枚の切符を複数人で使用することが可能です。

(例:日帰り旅行で1枚を5人で使用→5回分使用)

(例2:1泊2日の旅行で1枚を2人で使用→往路2回分、復路2回分、計4回分使用)

 

北海道&東日本パスではこのような使い方はできませんので、これはメリットと言えますね。

 

①-4 JR西日本宮島フェリーに乗車することができる

JR西日本宮島フェリーという船があるのですが、こちらはJR西日本が運営している船ですので、乗車が可能です。

 

日本三景で有名な、あの厳島神社の観光ができてしまいますね。

 

②青春18きっぷのデメリット

②-1 北海道&東日本パスより1,000円高い

北海道&東日本パスの値段は10,850円に対し、青春18きっぷは11,850円です。

わずか1,000円の差ではありますが、少し高めの値段に設定されています。

 

②-2 自動改札機を使うことができない

青春18きっぷでは、自動改札機を通ることができません。 

そのため、改札を出るときは駅員さんのいる窓口を使用しなければならないのです。

 

北海道&東日本パスの場合は、自動改札機を使えるのですが・・・

人によってはストレスが溜まってしまうかもしれませんね。

 

③-3 青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道に乗車することができない

北海道&東日本パスでは、青い森鉄道やIGRいわて銀河鉄道といった、JR以外の路線に乗車することができます。

しかし青春18きっぷでは、基本的にこれらの路線を利用することができません。

 

ただ例外として、以下の場合でのみ利用が可能です。

 

この場合は利用可能
  • 青い森鉄道の青森~八戸間で下車せず、通過利用だけする場合
  • 青い森鉄道の青森~野辺地間で下車せず、通過利用だけする場合
  • 青い森鉄道の八戸~野辺地間で下車せず、通過利用だけする場合

 青い森鉄道ではこのような特例があるものの、IGRいわて銀河鉄道ではこのような特例はありません。

もし乗車する場合は、いかなるときでも運賃が必要です。

 

なお「初めての青春18きっぷ!よくある質問をすべてまとめてみた」では、その他の青春18きっぷに関するよくある質問をまとめています。

もしもの時のために、こちらも参考にしておくといいでしょう。

 

6.【まとめ】青春18きっぷの買い方から使い方まで解説【2019年度】

f:id:lbxxx3535:20180512174754j:plain

以上、今回は青春18きっぷの紹介をさせていただきました!

 

「結局、北海道&東日本パスと青春18きっぷってどっちがお得なの?」

と思った方が中にはいると思いますが、目的によって使い分けるべきですね!

 

切符の使い分け方
  • 北海道&東日本パス:北海道や東北をメインに旅する方向け
  • 青春18きっぷ:関東より南側を旅する、連休がとれない方向け

 2つのフリー切符をうまく使い分けて、鉄道旅を楽しんでくださいね!

  

よろしければ下のSNSボタンで、こちらの記事をシェアしていただけるととても嬉しいです!

それではまた!