東北ひとりっぷ

福島生まれ、宮城育ち。そんな生粋の東北人であるなかが、一人旅をしながら東北の魅力を発信していくブログ。

東北ひとりっぷ



【乗車記】常磐線の普通列車で活躍する、元スーパーひたち651系に乗ってみた


651系普通列車


みなさんどーも!

東北アンバサダーのなか(@lbxxx3535)です!

 

常磐線のいわき~富岡間で運用されている、特急型車両の651系普通列車に乗ってきたので、今回はその模様をお届けしていきます!

 

今回の内容
  • そもそも651系とは?
  • 651系普通列車の運転時間帯など
  • 651系普通列車に乗ってみた感想
  • いわき駅、富岡駅へのアクセス方法

 

こんな感じの内容でやっていこうかと思います!

それでは早速いってみよ~!

 

1.そもそも651系とは?

651系

651系は、国鉄時代に開発された特急列車です。

その真っ白なタキシードボディ・・・

そして在来線では最速の130km/h走行・・・

 

などなど、当時の鉄道界の常識を180度ひっくり返した存在として、当時はかなりの注目を浴びました。

 

運用開始から数十年が経った現在でも、スワローあかぎや伊豆クレイル、特急草津として、関東で活躍を続けております。

そんな651系ですが、かつては常磐線特急スーパーひたちとしても活躍していました。

 

常磐線の大スターだったスーパーひたち・・・

東日本大震災の影響で、今ではもうその名前は残っておりません。

また、新型車両E657系への置き換えなども重なり・・・

常磐線内で651系の姿を見ることはできなくなってしまいました。

 

これがE657系▼

E657系

常磐線特急列車、651系は・・・

こうしてその役目を終えたのです。
 

2.元スーパーひたち651系が普通列車として常磐線に復帰

悲しい形で役目を終えることになった651系・・・

そんな651系が、震災の数年後に再び常磐線内で復活を遂げることとなります。

詳しくは下の記事をご覧ください!

 

 

常磐線の大スターとして活躍した651系が・・・

なんと特急列車ではなく、普通列車としての運用が決まったのです!

その理由としては、どうやら常磐線内で使用する車両の不足を補うためなのだとか・・・

 

しかし理由はどうあれ、651系が再び鉄路を走るということで、沿線住民や鉄道ファンの間では、かなり話題になりました。

現在、こちらの651系普通列車は福島県のいわき駅~富岡駅間のみでの運行となっています。

 

3.元スーパーひたち651系普通列車の運行時刻表

651系普通列車の運転時間帯
  • いわき 10時27分発
  • いわき 16時13分発
  • 富岡 11時30発
  • 富岡 17時46発

651系普通列車は、1日2往復の運転です。 

鉄道旅の乗り継ぎなどにも使いやすい時間帯ですし、富岡~原ノ町間で運行している代行バスへの接続もしっかりしています。

 

4.元スーパーひたち651系普通列車に乗車する方法(新幹線・特急・普通列車)

①関東方面からいわき駅までのアクセス

いわき駅と富岡駅

関東方面からですと、富岡駅よりもいわき駅まで行った方が位置的に近いので便利です。

代表的なルートをあげると、以下のようになります。

アクセスルート
  • 特急ひたちでいわき駅へ
  • 東北新幹線で郡山駅まで行き、磐越東線でいわき駅へ
  • 常磐線の普通列車を乗り継いでいわき駅へ

ルートとしてはこの3つがあげられますが、一番速くて楽なのは特急ひたちでいわき駅まで行く方法です。

 

ひたちなら乗り換えなしでいわき駅まで行けますし、速達性も十分にあります。

しかも終点がいわき駅なので、終点までずっと乗っていればいいだけですからとても楽ですね・・・

 

東北新幹線と磐越東線を利用するルートは速達性があるものの、列車の接続があまりよくないのでおすすめはできません。

残る常磐線の普通列車を乗り継いで行くルートは、青春18きっぷなどを利用する場合に限っておすすめできますね。

 

品川駅~いわき駅間の運賃は3,670円なので、片道分だけで青春18きっぷの1日あたりの元をとれてしまいます。

 

青春18きっぷの詳しい料金や使い方、買い方については下の「初めての青春18きっぷ!使い方から料金、買い方まで徹底解説!」でまとめています。

こちらも合わせてご覧になると、より分かりやすいですよ。

 

②東北、北海道方面から富岡駅までのアクセス

いわき駅と富岡駅

対して東北、北海道方面からの移動になると、今度は富岡駅の方が位置的に近くなりますね。

 

東北、北海道方面から富岡駅に行くには、北海道新幹線、東北新幹線で仙台駅へ行き、そこから常磐線を乗り継いで行くしか方法はありません。

 

もしくは東北新幹線で郡山駅まで行き、そこから磐越東線でいわき駅へ行くか・・・

というルートになりますが、これはかなり時間がかかってしまうのでおすすめできません。

 

そして常磐線の途中駅(浪江駅~富岡駅)ではまだ列車が復旧しておらず、代行バスを使うことになるので時間に気を付けなければいけません・・・

こちらだけ注意が必要です。

 

代行バスの時刻表はこちら:【JR常磐線(富岡駅~浪江駅「一部原ノ町駅」間)・列車代行バス時刻表】

 

ちなみに北海道新幹線、東北新幹線はすべての列車が仙台駅に停車するので、こちらは安心して利用できますね!

 

5.【乗車記】常磐線の普通列車で活躍する、元スーパーひたち651系に乗ってみた

富岡駅

ということで・・・

富岡駅から651系普通列車で、終点のいわき駅まで向かいます!

 

651系普通列車

純白のタキシードボディは健在ですね。

651系に乗ることは、実は僕の夢でもあったので・・・

本当にワクワクが止まりません!

 

楽しみ~!!

 

651系普通列車

車内はこのようになっています。

座席をそれぞれ向かい合わせにしているようですね・・・

 

651系普通列車

座席の真上にある読書灯や・・・

 

651系普通列車

車内の案内板などなど・・・

スーパーひたち時代の面影を感じるものが数多くあり、とても嬉しく思いました。

 

651系普通列車

富岡駅から40分ほど・・・

あっという間に、終点のいわき駅に到着です。

 

元々は特急として運用されていたこの列車・・・

シートももちろん特急仕様なわけですので・・・

 

かなりフカフカで快適!!

 

まさに乗り得な列車と言えます。

とても良い旅でした!

 

 

6.【感想】常磐線の普通列車で活躍する、元スーパーひたち651系に乗ってみた

「さすが特急車両だな・・・」

この言葉に尽きますね・・・

 

車両自体は古いので、新型の車両に比べれば揺れはあるものの・・・

座席のフカフカ感、窓の大きさや車窓の見映えなど、とても素晴らしかったです。

特に座席のフカフカ感に関しては本当に最高で、数十年前に作られた車両だとは思えませんでしたね。

 

最近の普通列車の座席は固いものが多いので、フカフカな座席のありがたみを10倍増しで感じることができました!

そんな空間の車窓から見える太平洋の景色は、本当に特別なものに感じます。

 

2020年に常磐線が全線開通したとしても・・・

どうかこのまま、常磐線で活躍し続けてほしい。

できることなら普通列車ではなく、もう一度特急列車651系として活躍する姿を見たい。

そう願うばかりです。

 

651系に乗ることは幼少の頃からの夢だったこともあり、今回の鉄道旅は特別なものとなりました。

・・・また絶対、乗りに来ます!

 

7.【口コミ・評判】元スーパーひたち651系普通列車に乗った人の感想は?

 

 

651系普通列車に、当時のスーパーひたちの面影を重ねる人が多い印象を受けました。

 

そしてやはり、車内の快適さは健在のようですね。

僕自身もそう思っています。

 

8.【まとめ】常磐線の普通列車で活躍する、元スーパーひたち651系に乗ってみた

常磐線の車窓

以上、今回は651系普通列車の概要と実際に乗ってみた感想、そして現地へのアクセス方法などをお届けしました!

 

今回の鉄道旅は、控えめに言って最高でしたね・・・

幼少の頃から乗りたかった651系に乗って眺める車窓は、とても特別な景色に見えました。

 

沿線住民として、鉄道ファンとして・・・

どうか今後も、651系が常磐線で活躍し続けてほしいと願うばかりです。

あなたも機会があればぜひ、651系に乗りに福島県にいらしてください!

 

よろしければ下のシェアボタンで、記事をシェアしていただけると嬉しいです!

それではまた!