旅行記

【651系普通列車 乗車記】引退間近の乗り得車両に乗って富岡からいわきへ

651系普通列車
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!

常磐線いわき富岡間で運用されている、特急型車両の651系普通列車に乗ってきました。

始めに言っておきますが、この列車…乗り得すぎます…

なか
なか
特急料金ナシで特急に乗ってるようなもんだからね…

青春18きっぷ北海道&東日本パス利用者には特におすすめです。

ということで、当ブログ「東北ひとりっぷ」では

  • 651系についての紹介
  • 651系普通列車として使われている理由
  • 651系普通列車乗車記
  • いわき駅富岡駅までのアクセス方法
  • 651系普通列車引退時期はいつ?

など、これから乗る人のために詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ではまずは、651系とはどんな列車なのか簡単に紹介していきます。

1.元常磐線特急 651系普通列車とは?

651系普通列車651系はそもそも普通列車ではなく、特急列車として誕生しました。

真っ白なタキシードボディという斬新なデザイン…

その当時の在来線としては初の130km/h走行など…

651系は当時の鉄道界の常識を180度ひっくり返した存在として、かなりの注目を浴びました。

運用開始から数十年が経った現在でも、スワローあかぎや伊豆クレイル、特急草津として、関東で活躍を続けています。

そんな651系ですが、かつては常磐線特急スーパーひたちとしても活躍していました。

常磐線の大スターだったスーパーひたち。

東日本大震災の影響で、今ではもうその名前は残っていません。

いわきに停車中のE657系新型車両E657系への置き換えなども重なり…

常磐線内で651系の姿を見ることはできなくなってしまいました。

常磐線特急列車、651系はこうしてその役目を終えたのです。

常磐線について詳しく知るなら

いわきに停車中のE657系
常磐線 復旧・全線開通は3月14日!特急運転再開後のダイヤ・料金は?2020年3月14日の全線開通後、特急ひたちが品川・上野~仙台間で運行します。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、常磐線の復旧状況や特急の詳しいダイヤ、料金などを解説していきます。...

2.651系が普通列車として常磐線に復帰

悲しい形で役目を終えることになった651系…

そんな651系が、震災の数年後に再び常磐線内で運用につくことになります。

詳しくは下の「常磐線に651系普通列車」をご覧ください。

常磐線の大スターとして活躍した651系が、なんと特急列車ではなく普通列車としての運用が決まったのです。

その理由としては、どうやら常磐線内で使用する車両の不足を補うためなのだとか。

しかし理由はどうあれ、651系が再び鉄路を走るということで、沿線住民や鉄道ファンの間ではかなり話題になりました。

現在、651系普通列車は福島県のいわき駅~富岡駅間のみでの運行となっています。

今回はそんな651系普通列車に実際に乗車してきたので、さっそくその模様をお届けしていきましょう。

3.【乗車記】常磐線 651系普通列車で富岡駅からいわき駅へ

①富岡駅から651系普通列車に乗車

富岡駅の外観ということで富岡駅から651系普通列車で、終点のいわき駅まで向かいます。

651系普通列車富岡駅で待機すること10分ほど。651系普通列車がいわき駅方面からやってきました。

純白のタキシードボディは健在ですね。

いわき行きの幕表示普通、いわき行きの幕表示…こんな表示を見れる特急車両はまずありません。かなりレアですね。

それではさっそく乗車していきましょう。

651系に乗ることは、実は僕の夢でもあったので…本当にワクワクが止まりません。

なか
なか
楽しみ~!

青春18きっぷちなみに今回利用している切符は青春18きっぷ

JR線が5日間乗り放題になるお得な切符です。

青春18きっぷについて詳しく知るなら

青春18きっぷの買い方・使い方まとめ
初めての青春18きっぷ【体験談あり】|期間・料金から裏技まで解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷについて解説していきます。発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記やモデルコースも紹介します。...

②651系普通列車の車内

651系普通列車の車内車内はこんな感じです。座席をそれぞれ向かい合わせにしています。

特急ではなく普通列車での運行だからでしょうか?

とても新鮮な感じがしますね…

車両は4両編成で、すべてこのような形になっています。

651系普通列車の読書灯座席の真上には読書灯が設置されています。もちろんちゃんとライトもつきますよ。

特急車両なので、座席指定の番号の表示もありました。

651系普通列車の案内板車内の案内板は停止されていました。

時刻と、自由席という文字だけが表示されています。

かつてのスーパーひたち時代の面影を感じるものが数多くあり、とても嬉しくなりますね…

③651系普通列車の車窓

定刻通りに富岡駅を出発した651系普通列車。エンジンを唸らせながらいわき駅方面へと進みます。

う~ん…やはり国鉄時代の車両ですからね…

現在の特急車両と比べると多少の揺れは感じますが、そこまで気になるほどではありません。

651系普通列車の座席それよりも、このリクライニングシートがあまりにもフカフカで居心地が良すぎますね…

他の車両とは段違いのレベルです。

広野駅を過ぎたあたりの車窓広野駅を過ぎると、だんだんと車窓から太平洋が見えてきます。

車窓から見える太平洋中でも久ノ浜駅~四ツ倉駅間では、特に海岸が近くなるので眺めがいいです。

写真を撮るならこの辺りが撮りやすそうですね。

④終点のいわき駅に到着

いわき駅に到着した651系普通列車富岡駅から40分ほど。あっという間に終点のいわき駅に到着です。

元々は特急として運用されていたこの列車。シートももちろん特急仕様なわけなので…

なか
なか
かなりフカフカで快適!

まさに乗り得な列車と言えます。とても良い旅でした。

4.【感想】常磐線 651系普通列車で富岡駅からいわき駅へ

なか
なか
う~ん…さすが特急車両…

この言葉に尽きますね…車両自体は古いので、新型の車両に比べれば揺れはあるものの…

座席のフカフカ感、窓の大きさや車窓の見映えなど、とても素晴らしかったです。

特に座席のフカフカ感に関しては本当に最高で、数十年前に作られた車両だとは思えませんでしたね。

それにこの列車に乗るのはずっと夢だったこともあり、本当にすべてが特別なものに感じました。

なか
なか
元常磐線沿線住民なもので…本当に感動でした!!

幼い頃からずっと見ていた車両。大人になったら絶対に乗るんだと決めていましたが…

2011年の東日本大震災、651系の常磐線特急引退…

もう夢が叶うことはないのか…何度も後悔しました。

そんな中での、651系が普通列車として復活したというニュース…

心の底から嬉しく思っています。

何もかもが本当に特別なものに感じました。

651系は「タキシードボディ」と呼ばれた白い車体が特徴で、現在の常磐線の特急「ひたち」「ときわ」で使用されているE657系の登場で、2012年に常磐線の特急から引退した。ところが、翌年から「フレッシュひたち」で復活し、E657系を着席サービスに対応させる改造を終えた2015年まで使用され再び引退、このたびの普通列車からの引退で3度目の引退となる。

引用:3月ダイヤ改正、JRのどんな車両が引退するのか|東洋経済オンライン

2020年3月14日のダイヤ改正後、651系普通列車は運用から離脱することが決まっています。

どうか常磐線の全線開通後も、普通列車として走り続けてほしいと思ってたんですが…

予想はしてたものの、常磐線で651系の姿を見れなくなるのは少し残念な気持ちなりますね。

引退はもうすぐですし、乗るなら早めの方がよさそうです。

5.常磐線 651系普通列車の運用時刻表

  • いわき 10:27発 富岡  11:09着
  • 富岡  11:28発 いわき 12:10着
  • いわき 16:13発 富岡  16:54着
  • 富岡  17:04発 いわき 17:46着

651系普通列車は、1日2往復の運転です。

鉄道旅の乗り継ぎなどにも使いやすい時間帯ですし、不通区間を走る代行バスへの接続もしっかりしています。

代行バス時刻表はこちら:常磐線 代行バス時刻表 – JR東日本

6.常磐線 651系普通列車に乗車する方法(新幹線・特急・普通列車)

①関東方面からいわき駅までのアクセス

いわき駅と富岡駅

関東方面からですと、富岡駅よりもいわき駅まで行った方が位置的に近いので便利です。

代表的なルートをあげると、以下のようになります。

  • 特急ひたちでいわき駅へ
  • 東北新幹線で郡山駅まで行き、磐越東線でいわき駅へ
  • 常磐線の普通列車を乗り継いでいわき駅へ

ルートとしてはこの3つがあげられますが、一番速くて楽なのは特急ひたちでいわき駅まで行く方法です。

ひたちなら乗り換えなしでいわき駅まで行けますし、速達性も十分にあります。

しかも終点がいわき駅なので、終点までずっと乗っていればいいだけですからとても楽ですね…

東北新幹線と磐越東線を利用するルートは速達性があるものの、列車の接続があまりよくないのでおすすめはできません。

常磐線の普通列車を乗り継いで行くルートは、青春18きっぷ北海道&東日本パスを利用する場合はおすすめですね。

品川駅~いわき駅間の運賃は3,670円なので、片道分だけで青春18きっぷ北海道&東日本パスの1日あたりの元をとれてしまいます。

なお詳しい料金や使い方、買い方は「青春18きっぷについて」「北海道&東日本パスについて」をご覧ください。

青春18きっぷの買い方・使い方まとめ
初めての青春18きっぷ【体験談あり】|期間・料金から裏技まで解説鉄道一人旅をこよなく愛する筆者が、初心者向けに分かりやすく青春18きっぷについて解説していきます。発売期間や利用期間、料金、注意点に加え、実際に切符を使った旅行記やモデルコースも紹介します。...
【初心者向け】北海道&東日本パス|使い方・買い方を解説
【初心者向け】北海道&東日本パス 2020年春|使い方・買い方を解説「北海道&東日本パス」についてです。北海道、東北方面の鉄道旅には欠かせないこの切符。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、対象範囲・エリア、発売期間や利用期間、モデルコース、青春18きっぷとの違いなどを解説していきます。...

②東北、北海道方面から富岡駅までのアクセス

いわき駅と富岡駅対して東北、北海道方面からの移動になると、今度は富岡駅の方が位置的に近くなりますね。

東北、北海道方面から富岡駅に行くには、北海道新幹線、東北新幹線で仙台駅へ行き、そこから常磐線を乗り継いで行くしか方法はありません。

もしくは東北新幹線で郡山駅まで行き、そこから磐越東線でいわき駅へ行くか…

というルートになりますが、これはかなり時間がかかってしまうのでおすすめできません。

そして常磐線の途中駅(浪江駅~富岡駅)ではまだ列車が復旧しておらず、代行バスを使うことになるので時間だけ気を付けてください。

代行バス乗車レポートはこちら

仙台発の常磐線
【青春18きっぷ旅行記】常磐線に乗って仙台から東京(上野)へ青春18きっぷを利用して、常磐線で仙台駅から東京の上野駅まで行きました。所要時間は6時間半。時間帯さえ気を付ければ乗り継ぎはスムーズです。...

7.【口コミ・評判】常磐線 651系普通列車に乗った人の感想は?

651系普通列車に当時のスーパーひたちの面影を重ねる人が多い印象ですね。

そしてやはり車内の快適さは健在のようです。僕自身もそう思いました。

8.【まとめ】651系普通列車乗車記 乗り得すぎる!元常磐線特急で富岡からいわきへ

以上、今回は「【651系普通列車 乗車記】乗り得すぎる!元常磐線特急で富岡からいわきへ」という内容でお届けしました。

今回の鉄道旅は控えめに言って最高でしたね…

幼少の頃から乗りたかった651系に乗って眺める車窓は、とても特別な景色に見えました。

あなたも機会があればぜひ、651系普通列車に乗りに福島県にいらしてみては?

なお常磐線に関する記事は他にも書いてるので、ぜひ参考にしてみてください。

常磐線の関連記事はこちら
仙台発の常磐線
【青春18きっぷ旅行記】常磐線に乗って仙台から東京(上野)へ青春18きっぷを利用して、常磐線で仙台駅から東京の上野駅まで行きました。所要時間は6時間半。時間帯さえ気を付ければ乗り継ぎはスムーズです。...
いわきに停車中のE657系
常磐線 復旧・全線開通は3月14日!特急運転再開後のダイヤ・料金は?2020年3月14日の全線開通後、特急ひたちが品川・上野~仙台間で運行します。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、常磐線の復旧状況や特急の詳しいダイヤ、料金などを解説していきます。...
常磐線グリーン車
【常磐線グリーン車 乗車記】青春18きっぷで乗れる乗り得車両!青春18きっぷを使って、常磐線グリーン車で品川駅から水戸駅まで乗車しました。フリー切符でも乗れる乗り得車両です。合わせてグリーン券の買い方や料金、運行エリア、乗り方も解説しています。...
富岡駅の外観
【現地レポ】津波で被災した常磐線 富岡駅の新駅舎の様子は?2017年10月に復旧した、常磐線の富岡駅に行ってきました。富岡駅の場所、富岡駅の駅構内や周辺の様子、新駅舎、651系の普通列車などについて触れています。...
その他の乗り得列車はこちら
快速はまゆり
【快速はまゆり乗車記】指定席付き!釜石線の超快適な乗り得列車釜石線の快速はまゆりで花巻から釜石へ向かいました。はまゆりにはリクライニング席が付いているので超快適。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、時刻表や指定席の座席、車窓の見どころなどを筆者の感想とともにお届けします。...
深浦駅出発前のリゾートしらかみ
【リゾートしらかみ旅行記】日本海の絶景路線!おすすめ座席や車内・料金も紹介リゾートしらかみ5号くまげら編成に乗って、秋田駅から青森駅まで行きました。当ブログ「東北ひとりっぷ」では、車内の詳しい解説やおすすめ絶景ポイントなど詳しく紹介していきます。...
鶴岡駅に停車中の海里
【海里 乗車記】料金や車内販売・おすすめ座席も一挙紹介!観光列車 海里で酒田から新潟へ向かいました。当ブログ「東北ひとりっぷ」では乗車記に加えて、車内やおすすめ座席、時刻表、料金などをこれから乗る人向けに分かりやすく解説します。...
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です