旅行記

【乗車記】三陸鉄道リアス線 盛駅~釜石駅|吉浜湾からの壮大な景色は圧巻!

盛駅に停車中の三陸鉄道リアス線
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!

三陸鉄道に乗って盛駅から釜石駅まで行ってみたので、今回はその沿線の模様をお届けしていきます。

三陸鉄道はNHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に登場していた鉄道なので、ご存知の人もいるのでは?

ということでまずは三陸鉄道の詳細に触れつつ、その後に旅の模様をお届けしていこうと思います。

1.三陸鉄道リアス線とは?

三陸鉄道三陸鉄道は岩手県を走る第三セクター鉄道路線です。

第三セクター鉄道とは?

国や自治体(第一セクター)と民間企業(第二セクター)が共同で運営する鉄道会社のこと

2019年3月22日までは「北リアス線」と「南リアス線」に分かれており、北リアス線は久慈駅~宮古駅、南リアス線は釜石駅~盛駅の間で運行されていました。

三陸鉄道の路線図ちなみにあまちゃんの舞台となったのは、北リアス線の方です。

なお当時運休となっていたJR山田線の宮古駅~釜石駅間は、2019年3月23日にJRから三陸鉄道へ移管される形で復旧を果たしました。

そして現在は「三陸鉄道リアス線」として盛駅~久慈駅の163kmの距離を結ぶ、全国最長の第三セクター鉄道として活躍しています。

宮古駅~釜石駅間が8年ぶりに鉄路で結ばれたということで、沿線では大いに盛り上がっていた様子でした。

なお三陸鉄道の宮古駅~釜石駅間が復旧した際の様子は「三陸鉄道の記念列車を見に仙台から釜石へ」にてお届けしています。

ということで、三陸鉄道南リアス線の名前がまだ残っているうちに乗車すべく、今回は岩手県の盛駅へと向かいました。

2.【乗車記】三陸鉄道リアス線 盛駅~釜石駅|吉浜湾からの壮大な景色は圧巻!

①始まりは大船渡市 盛駅

盛駅今回はこちらの盛駅からのスタートです。

盛駅は三陸鉄道とJR大船渡線BRTが交わる駅となっています。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジットの略。バス専用道などを走ることで、速達性や定時性を確保できる機能を備えたバスのこと。
  • 大船渡線の気仙沼~盛間は震災による津波の影響で、線路や駅舎のほとんどが流されてしまった。一時は鉄道で復旧する話が出ていたが、採算が取れないことを理由にJRは鉄道での復旧を断念し、BRTとして復旧することにした。

三陸鉄道リアス線こちらが三陸鉄道リアス線の車両です。この時間帯は1両での運転のようですね。

それでは早速乗り込みましょう。

②三陸鉄道リアス線の車内

三陸鉄道リアス線の車内車内はこのようになっています。各ボックス席内にテーブルが設置されているんですね。

東北ではあまりこのような列車を見ることはできないので、とても珍しく感じました。

そして定刻通り出発した三陸鉄道リアス線は、軽快に山道を進んでいきます。

③恋にまつわる駅 恋し浜駅

恋し浜駅盛駅を出発して約15分。途中の恋し浜駅に到着します。

実は日本には4つの恋にまつわる駅がありまして、そのうちの1つが岩手県の恋し浜駅なんです。

元々は「小石浜」という表記だったのですが、2009年に「恋し浜」という表記に変更されました。

恋にまつわる4つの駅
  • 母恋駅(北海道 JR室蘭本線)
  • 恋し浜駅(岩手県 三陸鉄道)
  • 恋ヶ窪駅(東京都 西武鉄道)
  • 恋山形駅(鳥取県 智頭急行)

ちなみに「恋し浜」というのは、この周辺地区で獲れるホタテのブランド名です。

駅舎内にはホタテ貝の絵馬が置いてあり、駅に訪れた人がお願い事を書いていくようですね。

恋し浜駅機会があればぜひ、立ち寄ってみては?

十分ほど停車したのち、三陸鉄道リアス線は再び動き出します。

④車窓から吉浜湾の絶景を望む

吉浜湾吉浜湾です。こちらは三陸鉄道きっての絶景ポイントといってもいい場所。

吉浜湾周辺では運転士さんが徐行運転をしてくれるので、思う存分景色を楽しむことができます。

⑤終点の釜石駅に到着 帰路につく

釜石駅乗車すること約1時間、終点の釜石駅に到着しました。

盛行きの三陸鉄道リアス線に乗り換えて、来た道を折り返します。

これで今回の旅は終了となります。

3.【まとめ】三陸鉄道リアス線 盛駅~釜石駅|吉浜湾からの壮大な景色は圧巻!

以上、今回は三陸鉄道リアス線の盛駅~釜石駅間の沿線の模様をお届けしました。

吉浜湾からの景色は、本当に綺麗でしたね…

あれは一度見てしまえば、目に焼き付いて離れません。

あなたも機会があればぜひ、三陸鉄道リアス線に乗車してみては?

なか
なか
下のシェアボタンで記事をシェアしていただけると嬉しいです!ではどうも、なか(@lbxxx3535)でした!
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です