お役立ち情報

【東北版】青春18きっぷ難所を鉄道旅好きが一挙紹介!

快速あがの
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!
青春18きっぷで東北旅行したいんだけど、気を付けた方がいい場所ってあるのかな?

そんなお悩みを解決すべく、今回は「青春18きっぷで東北を旅行する際に、難所となる路線」を紹介していきます。

難所とは?
  • 普通列車の本数が極端に少ない区間のこと
  • 普通列車よりも、特急などの優等列車の運行がメインとなっている区間のこと

難所区間の紹介に合わせて、対処法なども合わせて解説しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.青春18きっぷとは?

青春18きっぷ青春18きっぷとは、JRの普通列車や快速列車、BRTが全線乗り放題になる切符です。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム)の略
  • バス専用道などを走ることで、路線バスよりも速達性、定時性を確保できる
  • 現在、JRが運営するBRTは気仙沼線BRT、大船渡線BRTの2つ

JRの路線であれば日本中どこへでも行けてしまうので、鉄道を乗り継いで北海道から九州へ行くこともできてしまいますよ。

5日間利用が可能で、11,850円で発売されています。

つまり、1日あたり2,370円という計算になりますね。

なお青春18きっぷについては「青春18きっぷについて」にて詳しく解説しています。

東北には、いわゆる「難所」と呼ばれる区間がいくつか存在します。

青春18きっぷで旅をする予定のある人は、今から紹介する5つの路線を知っておくだけでも移動の効率性が格段に違ってきますよ。

ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは早速、難所と言われている5つの区間を紹介していきましょう。

2.東北の青春18きっぷ難所5選

①田沢湖線

田沢湖線引用:Wikipedia

田沢湖線は、盛岡駅(岩手県)と大曲駅(秋田県)を結ぶ路線です。

田沢湖線内では秋田新幹線も並走していますが、普通列車の本数はかなり少ないです。

盛岡駅~大曲駅間を通しで運行する列車は1日3往復しかありません。

盛岡~大曲間を通しで運行する田沢湖線(2019年6月現在)
盛岡発 大曲行き5:20
14:22
18:13
大曲発 盛岡行き7:01
14:55
16:52

この上下各6本の列車以外は、すべて途中駅までしか行きません。

田沢湖線を使って岩手県と秋田県を相互移動する際は、注意が必要です。

①-1 代替手段① 秋田新幹線を利用

秋田新幹線こまち
秋田新幹線を利用
  • 料金:3,190円(盛岡~大曲間)
  • 所要時間:約1時間

秋田新幹線に乗車する場合、盛岡駅~大曲駅で利用するのがおすすめです。

田沢湖駅や雫石駅などの途中駅でも乗り降りすることはできますが、乗り継ぎを考えるとかなり不便になってしまいます。

特に雫石駅に至っては、1日に4本しか新幹線が停車しません。

なか
なか
雫石駅は新幹線の停車数が日本一少ない駅だからね…

ちなみに秋田新幹線の盛岡駅~大曲駅間では、新幹線ダブルきっぷというものが3,900円で販売されています。

片道あたり1,950円なので、通常通り切符を買うよりも1,200円ほどお得です。

一人で往復する場合や、二人で片道利用をする場合は新幹線ダブルきっぷも検討してみてもいいですね。

①-2 代替手段② 北上線を利用

北上線引用:Wikipedia
北上線を利用
  • 料金:追加料金なし
  • 所要時間:約3時間

北上線は、北上駅(岩手県)と横手駅(秋田県)を結ぶ路線です。

盛岡駅から迂回する場合だと、この路線が一番の有力候補ですね。

北上線も本数が少ない路線ではありますが、田沢湖線よりは本数が充実していますよ。

なお、東北の太平洋側と日本海側を移動する路線は陸羽東線、仙山線、奥羽本線(山形線)など…

他にもたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。

②奥羽本線(福島~米沢間)

奥羽本線奥羽本線は、福島駅と青森駅を山形県、秋田県経由で結ぶ路線です。

奥羽本線の福島駅~米沢駅を通しで結ぶ列車は、1日に6往復しかありません。

福島~米沢間を通しで運行する奥羽本線(2019年6月現在)
福島発 米沢行き7:14
8:05
12:51
16:04
19:06
21:09
米沢発 福島行き7:18
8:07
13:08
17:44
18:42
20:40

米沢発の列車は表の6本ですべてですが、福島発の列車は表の6本以外にも途中の庭坂駅行きのものが何本か設定されています。

この区間の奥羽本線は2両編成での運行なので、通学ラッシュの時間帯は車内が混雑する可能性があるのでご注意ください。

しかし庭坂駅を過ぎれば車内はガラガラになるので、福島駅の時点で混んでいても大丈夫です。

②-1 代替手段① 山形新幹線を利用

山形新幹線つばさ
山形新幹線を利用
  • 料金:1,510円(福島~米沢間)
  • 所要時間:約30分

奥羽本線の福島駅~新庄駅間は、山形新幹線が並走しています。

山形新幹線なら1時間に最低1本は走っているので、こちらを利用するのもアリですね。

②-2 代替手段② 仙山線を利用

仙山線引用:Wikipedia
仙山線を利用
  • 料金:追加料金なし
  • 所要時間:約3時間

福島駅から東北本線で仙台駅へ向かい、そこから仙山線で山形方面へ…といった迂回経路もあります。

2時間ほど余計にかかってしまいますが、この方法だと追加料金は発生しません。

③津軽線(蟹田~三厩間)

津軽線引用:Wikipedia

津軽線は、青森駅と三厩(みんまや)駅を結ぶ路線です。

基本的に青森駅~蟹田駅、蟹田駅~三厩駅と分断されて運行しています。

津軽線自体、あまり本数の多い路線ではないですが…特に津軽線の蟹田~三厩間は1日に5往復しかありません。

津軽線の蟹田~三厩間のダイヤ(2019年6月現在)
蟹田発 三厩行き7:07
11:44
14:11
(13:19 青森発 三厩行き)
16:42
19:09
三厩発 蟹田行き6:03
8:16
12:37
(青森行き)
15:36
17:46

津軽線に関しては代替手段がないので、乗車する際は時刻表をしっかり確認する必要があります。

④山田線

山田線引用:Wikipedia

山田線は盛岡駅~宮古駅を結ぶ路線です。

かつては宮古駅~釜石駅間も山田線として運行されていましたが、この区間は2019年3月23日に三陸鉄道へ移管されました。

そのため、宮古駅~釜石駅間は別途で料金を支払う必要があります。

山田線も本数がかなり少ない路線です。

土日限定のイベント列車を除くと、盛岡駅~宮古駅を通しで運行する列車は1日4往復となっています。

盛岡~宮古間を通しで運行する山田線(2019年6月現在)
盛岡発 宮古行き8:55
(土休日限定・全車指定席)
11:05
(快速リアス)
13:51
(快速リアス)
17:50
19:57
宮古発 盛岡行き5:00
9:26
(快速リアス)
14:07
(土休日限定・全車指定席)
16:09
18:10

普通列車に関しては上下合わせて5本しかないので、注意が必要ですね。

④-1 代替手段 釜石線、三陸鉄道を利用

快速はまゆり
釜石線、三陸鉄道を利用
  • 料金:1,520円
  • 所要時間:約4時間

釜石線と三陸鉄道を利用して、宮古まで行くことも可能です。

盛岡駅からは快速はまゆりという釜石線の快速列車が出ているので、こちらを利用するのもいいですね。

三陸鉄道はJRではないので別途で料金が必要になってしまいますが…

ローカル線の旅情を味わうにはピッタリの路線なので、これを機に乗車してみては?

⑤只見線

会津若松駅に停車中の只見線只見線は会津若松駅(福島県)と小出駅(新潟県)を結ぶ路線です。

「絶景の秘境路線」として、世界各地から圧倒的な支持を受けています。

会津若松駅~小出駅を通しで運行する列車は設定されていません。

また、2011年の豪雨被害の影響で、会津川口駅~只見駅間は代行バスでの運行となっています。

そのため、会津若松駅~会津川口駅、会津川口駅~只見駅、只見駅~小出駅といったように、運行が分断されているのが現状ですね。

そんな只見線は秘境路線ということもあり、他の路線と比べても運行本数がかなり少ないです。

会津若松~会津川口間の運行ダイヤ(2019年6月現在)
会津若松発 会津川口行き6:00
7:37
13:07
16:57
17:40
(会津坂下行き)
19:41
21:42
会津川口発 会津若松行き5:31
7:05
8:40
12:32
15:27
19:09
会津川口~只見間の代行バスのダイヤ(2019年6月現在)
会津川口発 只見行き8:15
10:25
14:10
15:35
17:25
19:00
只見発 会津川口行き7:10
9:25
11:25
14:32
16:00
17:45
18:40
只見~小出間の運行ダイヤ(2019年6月現在)
只見発 小出行き9:30
15:40
18:35
小出発 只見行き7:58
13:11
17:10
19:57
(大白川行き)

特に只見駅~小出駅間は、全線通しで運行する列車が1日に3往復しかありません。

乗車する際は、時刻表を確認しながら注意して乗る必要があります。

なお只見線に実際に乗車した様子は「小さな旅ホリデーパスで只見線に乗車」にて詳しくお届けしています。

旅行の参考までに、こちらも合わせてご覧になってみてください。

⑤-1 代替手段 磐越西線を利用

快速あがの
磐越西線を利用
  • 料金:追加料金なし
  • 所要時間:約2時間半

福島県と新潟県を相互移動する場合、磐越西線を利用する方法もあります。

会津若松駅、または新津駅から乗車することができますし、只見線よりも本数が多いのでおすすめです。

3.【まとめ】東北の青春18きっぷ難所を鉄道旅好きが徹底解説

以上、今回は「青春18きっぷで東北を旅行する際に、難所となる路線」を紹介してきました。

青春18きっぷ難所 東北編まとめ
  1. 田沢湖線
  2. 奥羽本線(福島~米沢間)
  3. 津軽線(蟹田~三厩間)
  4. 山田線
  5. 只見線

列車の本数が少ないため、時間帯によってはかなり待たされることもあります。

効率的に移動することを考えれば、このような路線は避けて通るべきですが…

ここで紹介した秘境地帯を走る列車は、その分旅情を感じられる風景も数多くあるのも事実です。

難所を避けて効率よく各地を周るのも良し、あえて難所を目指して風情を楽しむのも良し…

ぜひ鉄道旅の参考にしてみてくださいね。

なか
なか
下のシェアボタンで記事をシェアしていただけると嬉しいです!ではどうも、なか(@lbxxx3535)でした!
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー