お役立ち情報

【東北版】青春18きっぷで乗れない区間・路線を一挙紹介!

福島駅に停車中の飯坂線
なか
なか
東北ひとりっぷの筆者、なか(@lbxxx3535)です!
鉄道一人旅をしながら東北の魅力を発信してます!
東北で鉄道旅をしたいんだけど、青春18きっぷでは乗れない路線や区間ってあるのかな?

そんなお悩みを解決すべく、今回は「青春18きっぷでは乗れない東北地方の路線・区間」をすべて紹介していきます。

特に鉄道旅をあまりしたことがない人ほど、乗れる路線と乗れない路線を区別するところで悩みがちでは?

ここで紹介する路線を知っておけば、旅程を立てる際にかなり役立ちますよ。

えっ?この列車、青春18きっぷだけじゃ乗れないの…?

といった旅先でのトラブルを避けるためにも、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。

1.青春18きっぷとは?

青春18きっぷ青春18きっぷとは、JRの普通列車や快速列車、BRTが全線乗り放題になる切符です。

BRTとは?
  • バス・ラピッド・トランジット(バス高速輸送システム)の略
  • バス専用道などを走ることで、路線バスよりも速達性、定時性を確保できる
  • 現在、JRが運営するBRTは気仙沼線BRT、大船渡線BRTの2つ

JRの路線であれば日本中どこへでも行けてしまうので、鉄道を乗り継いで北海道から九州へ行くこともできてしまいます。

5日間利用が可能で、11,850円で発売されています。

つまり、1日あたり2,370円という計算になりますね。

なお青春18きっぷの買い方や使い方は「青春18きっぷについて」にて詳しく解説しています。

青春18きっぷについて」も合わせてご覧になると、より分かりやすいですよ。

さて、では青春18きっぷで乗れない東北地方の路線はどのくらいあるのでしょうか?

さっそく紹介していきましょう。

2.【東北編】青春18きっぷでは乗れない路線一覧

①青森県

①-1 青い森鉄道

青い森鉄道青い森鉄道は、青森駅~目時駅を結ぶ第三セクター鉄道です。

第三セクター鉄道とは?

国や自治体(第一セクター)と民間企業(第二セクター)が共同で運営する鉄道会社のこと

2010年までは、青い森鉄道はJR東北本線として運行されていました。

しかし東北新幹線の八戸駅~新青森駅間の延伸により、JRから分離されてしまったのです。

ですが青森駅~野辺地駅~八戸駅間については、途中下車しない場合に限り利用することができます。

なお青い森鉄道に実際に乗車した模様は「北海道&東日本パスで八戸から秋田へ」にてお届けしています。

①-2 津軽鉄道

津軽鉄道は津軽五所川原駅~津軽中里駅を結ぶ日本最北の私鉄です。

JRが運営する鉄道ではないので、青春18きっぷだけで乗車することはできません。

もし乗車する場合は、通常通り運賃を支払う必要があります。

①-3 弘南鉄道

弘南鉄道引用:Wikipedia

弘南鉄道は弘前市で活躍する鉄道です。

弘前駅~黒石駅を結ぶ弘南線、大鰐(おおわに)駅~中央弘前駅を結ぶ大鰐(おおわに)線の2つがあります。

弘南鉄道もJRが運営する鉄道ではないので、青春18きっぷのみでは乗車できません。

②岩手県

②-1 IGRいわて銀河鉄道

IGRいわて銀河鉄道IGRいわて銀河鉄道は、盛岡駅~目時駅を結ぶ第三セクター鉄道です。

2002年まではJR東北本線として運行されていましたが、東北新幹線の盛岡駅~八戸駅間の開業によってJRから分離されました。

そのため、青春18きっぷのみでは乗車できません。

もし乗車する場合は通常通り運賃を支払う必要があります。

盛岡駅~好摩駅間は、JR花輪線が乗り入れています。

花輪線に乗車する場合は盛岡駅~好摩駅間の料金(650円)が別途かかるのでご注意を!

なおIGRいわて銀河鉄道に実際に乗車した模様は「北海道&東日本パスで仙台から八戸へ」にてお届けしているので、合わせてご覧になると分かりやすいですよ。

②-2 三陸鉄道リアス線

三陸鉄道リアス線三陸鉄道リアス線は、盛駅~久慈駅を結ぶ日本最長の第三セクター鉄道です。

三陸鉄道リアス線もJRが運営する鉄道ではないので、もし乗車する場合は通常通り運賃を支払う必要があります。

なお三陸鉄道リアス線に実際に乗車した模様は「三陸鉄道で盛駅から釜石駅へ」にてお届けしているので、合わせてご覧になると分かりやすいですよ。

③宮城県

③-1 仙台市地下鉄

南北線仙台市地下鉄は、仙台市交通局が運営する地下鉄です。

富沢駅~泉中央駅を結ぶ南北線、八木山動物公園駅~荒井駅を結ぶ東西線の2つがあります。

仙台市地下鉄に乗車する際は、通常通り運賃を支払う必要があるのでご注意ください。

なお仙台市地下鉄に実際に乗車した模様は「仙台の地下鉄、全駅で降りてみた」にてお届けしています。

③-2 阿武隈急行

阿武隈急行は槻木(つきのき)駅~福島駅(福島県)を結ぶ路線です。

1日に数本だけ仙台駅まで直通する列車もありますが、青春18きっぷのみで乗車できる区間は槻木駅~仙台駅間のみです。

この区間はJR東北本線として運行されるため、乗車できるという仕組みになっているわけですね。

槻木駅~福島駅間は通常通り運賃を支払う必要があります。

③-3 仙台空港アクセス線

仙台空港アクセス線は、仙台駅~仙台空港駅を結ぶ路線です。

仙台駅~名取駅間はJR東北本線の区間のため、青春18きっぷのみで乗車できます。

しかし名取駅~仙台空港駅間はJRの管轄ではなくなるため、この区間は通常通り運賃を支払う必要があります。

注意が必要です。

④秋田県

④-1 秋田内陸縦貫鉄道

秋田内陸縦貫鉄道は、鷹巣駅~角館駅を結ぶ第三セクター鉄道です。

JRが運営する鉄道ではないので、青春18きっぷのみで乗車することはできません。

④-2 由利高原鉄道

由利高原鉄道は、羽後本荘駅~矢島駅を結ぶ第三セクター鉄道です。

別名「鳥海山ろく線」とも呼ばれています。

この路線も第三セクター鉄道のため、青春18きっぷのみで乗車することはできません。

④-3 秋田新幹線

秋田新幹線こまち秋田新幹線は、東京駅と秋田駅を結ぶ新幹線です。

盛岡駅~秋田駅間は田沢湖線、奥羽本線と並走しますが、在来線区間では特急扱いとなるため乗車できません。

もし乗車する場合は、乗車券と特急券を別途で購入する必要があります。

⑤山形県

⑤-1 山形鉄道

山形鉄道は、赤湯駅~荒砥(あらと)駅を結ぶ第三セクター鉄道です。

JRが運営する鉄道ではないので、青春18きっぷのみで乗車することはできません。

⑤-2 山形新幹線

山形新幹線つばさ山形新幹線は、東京駅~新庄駅を結ぶ新幹線です。

福島駅~新庄駅間は奥羽本線(山形線)と並走しますが、在来線区間では特急扱いとなるため乗車できません。

もし乗車する場合は、乗車券と特急券を別途で購入する必要があります。

⑥福島県

⑥-1 福島交通飯坂線

福島駅に停車中の飯坂線福島交通飯坂線は、福島駅~飯坂温泉駅を結ぶ路線です。

「飯坂電車」「いい電」などの愛称で親しまれています。

飯坂線はJRではなく福島交通が運営する鉄道なので、青春18きっぷのみでは乗車できません。

⑥-2 会津鉄道

会津鉄道は、西若松駅~会津高原尾瀬口駅を結ぶ第三セクター鉄道です。

すべての列車が西若松駅より先の会津若松駅まで直通していますが、青春18きっぷのみで乗車できるのは西若松駅~会津若松駅間だけです。

西若松駅より先は通常通り運賃を支払う必要があります。

3.【参考】北海道&東日本パスなら青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道に乗れる

北海道&東日本パスと指定券青春18きっぷと似たような切符で、北海道&東日本パスというものがあります。

北海道や東北方面での鉄道旅を考えている場合は、北海道&東日本パスが断然おすすめですよ。

なぜならこの切符を使えば、青い森鉄道やIGRいわて銀河鉄道といった第三セクター鉄道にも乗車できてしまうからです。

青春18きっぷだと、青い森鉄道は条件付きで利用しなければいけませんし、IGRいわて銀河鉄道に至っては乗車すらできません。

そのため北へ向かう場合は、山形県、秋田県側から遠回りをして行かなければいけないのです。

しかもこの区間は「東北の難所」でも解説しているように、列車の運行本数がかなり少ない場所もあります。

北海道、東北方面での鉄道旅を考えている場合は、こちらの切符を検討してみるのもおすすめですね。

なお北海道&東日本パスの買い方や使い方は「北海道&東日本パスについて」にて解説しています。

こちらも合わせてご覧になると分かりやすいですよ。

4.【まとめ】東北の青春18きっぷで乗れない区間・路線を一挙紹介!

以上、今回は青春18きっぷだけでは乗れない東北地方の路線や区間を紹介してきました。

青春18きっぷだけでは乗れない路線
  • 青森県
    →青い森鉄道(一部では乗車可)、津軽鉄道、弘南鉄道
  • 岩手県
    →IGRいわて銀河鉄道、三陸鉄道リアス線
  • 宮城県
    →仙台市地下鉄、阿武隈急行、仙台空港アクセス線(仙台~名取は乗車可)
  • 秋田県
    →秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道、秋田新幹線
  • 山形県
    →山形鉄道、山形新幹線
  • 福島県
    →阿武隈急行、福島交通飯坂線、会津鉄道

ここで紹介した路線を頭に入れておくだけでも、旅の移動を充実させることができますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

なか
なか
下のシェアボタンで記事をシェアしていただけると嬉しいです!ではどうも、なか(@lbxxx3535)でした!
\  URLをコピーしてシェアする  /
記事のタイトルとURLをコピー